『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

39話 夜明け

 39話 夜明け




「「……」」


 リーンもサリエリも黙ってうつむく。
 何も言えない。
 ラムドがこの国に、誰よりも貢献してきたのは事実。


 ぶっちゃけ、リーンとサリエリがいなくとも、
 ラムドさえいれば、魔王国は成立する。


 ラムドは、一貫して『自国の発展に興味がない』というスタンスだったが、
 それでも、事実、魔王国は、ラムドがいたから発展し成長した。


 頭も能力も、全てが、誰よりも優れている宰相。
 『剣の腕』と『カリスマ』だけはリーンの方が上だが、
 それ以外は全てラムドの方が上。


 各国首脳の誰もが思っている、魔王国はラムドが創った国だと。




 と、そこで、リーンが、うつむいたまま、


「……そ、そこまで言うのなら……さ、最初から……ぉ、お前が王になれば良かっただろう……」


 ワナワナとふるえ、


「はじまりの、あの日……モンスター傭兵団を結成するとき、ワシは、お前に頼んだはずだ。お前こそが頭領に相応しいと、ワシはただのバカだからトップは張れないと、キチンと言ったはずだ! 剣しか取り得のないワシは、特攻隊長が似合いだと、最初にちゃんと言ったはずだ! しかし『面倒だから』と、頭の役目をワシに押し付けたのはお前だろう! お前がやってくれなかったから! ガラでもないのに、ワシが、ここまで必死にがんばってきたんだろう!」


「ああ、そうだな。で、だからなんだ? それでも、結果的に、お前が自分で選んだ道であることに変わりはないだろう。『誰もやってくれなかったから』なんて、なんの言い訳にもならない。それとも、まさか、この期に及んで『だから仕方ない』と自分の失態を肯定する気か? それとも、『もういいや』と全てを投げだすか? バカを丸出しにするのも大概にしておけ」


「……そこまで……言われるようなことを……してきたのか……ワシは……」


 ぽろぽろと涙を流し、


「……ワシは、ただ、がんばって……みんなが幸せになるように……必死に、がんばって」


 小さな両手をにぎりしめ、
 クシャクシャの顔で、


「……なのに、なんで……みんなして……ワシを非難してばかり……」




 そんなリーンに、
 ゴートは言う。




「非難? アホをいうな。というか、いい加減、理解しろ。泣いたりわめいたりする前に、まず誇れ、我が王」


「ほこ……ぇ?」


「お前は確かに頑張った。必死になって、平和を体現させようとした。だからこそ、魔王国には強固な下地ができた。そして、大義名分も得た。いいか、我が王。現実を直視しろ。悲観する事など、実はナニもないんだ。すべて、俺のシナリオ通りに事が進んでいる」


「……シナリオ……どおり……」


「我が王リーン・サクリファイス・ゾーン。もう二度と振り返らなくていい。これからは前だけ見てろ。そうすれば、その手は、希望に届く。この俺が、お前の道を妨げる『全て』を殺してやる。くだらねぇ不条理を、イラつく不合理を、全部まるごと、たたっ切って、お前が望む、『本物の平和』って幻想を、『とびっきりの現実』に変えてやる!」


 ラムドは、まっすぐに前を見つめ、


「もう、なにも心配しなくていい! 俺が連れていってやる! 全ての戦争の向こう! あまねく絶望の果て! 妄想のハッピーエンドじゃねぇ。リアルな『めでたしめでたし』をこの世界にくれてやる! 『輝く明日』を想える『本物の今日』へ辿り着いてやる!」


 ゴートは、『ギリギリ、ラムドの部分』を残しながら、
 しかし、










「忘れるな、リーン。いつだって、お前の隣には……俺がいるっ!」










 ド直球で、溢れ出る『センエースの輝き』を魅せつけた。
 ――だから、結果、


「ほんとうに……できるのか……?」


 リーンの心にも、未来が灯る。
 その魂が、センエースを抱く。


 而して、『妥協の仕方だけ上手くなる旅』が終わる。
 全てを照らしてくれる『その光』は道標であり後光。
 『暗闇の中で無様に怯えていた王』はもういない!




「出来るかどうかはどうでもいい。やると言っている。何もかも、最初はそこからだ。そして、俺の決断は揺るがない。絶対に折れてやらねぇと心に決めたから」




 驚くほど、ラムドの言葉は、『リーンの心』の奥へ奥へと浸透していく。
 『その背中についていきたい』と『魂の芯』が望んでいるのが分かった。




「いいかげん、腹を決めろ、リーン・サクリファイス・ゾーン。かつて、お前自身が言った言葉を思い出せ」




 ――平和を望むのは、平和になってからにしろ。
   今は血に濡れて踊れ!
   力なき正義は悪にも劣る!
   闘え! ワシらは醜悪な殺戮兵器! 我ら魔王軍の脅威を世界に刻みこめ!
   さあ、野郎ども!
   声を嗄らして叫びやがれぇ! ワシらの血は何色だぁああ!




「まだ戦争は終わっていない。結局のところは、それだけの話。だから、終わらせにいく。その準備は整った。さあ、今こそ、声をからして叫べよ、我が王。俺達の血は何色だ?」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く