『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 トーン共和国。

 10話 トーン共和国。


 ダン! と、テーブルに拳を叩きこむサーナ。
 フーマーの器物に傷をつけるワケにはいかないので、力はあまりこめていない。
 良い感じの音が出るよう調節した拳をテーブルにふるってから、サーナは、全力で、怒りに震えている感を出しながら、


「よくも、勇者を……私の弟を殺してくれたわね、魔王リーン・サクリファイス・ゾーン」


 ついには、ポロっと涙まで流してみせた。


 そこに、セア聖国の大神官が割って入ってきて、とうとうと、


「セファイルの主張が正しいとしたら、魔王国は、セファイルに対してだけではなく、人類全体に対して賠償金を支払うべきだ。勇者は人類の希望だった」


 続けて、ミルス王国の国王も、


「勇者の死は、わが国も感知している。あれほどの者を殺せるとしたら、特異な力を有する『世界一の召喚士ラムド・セノワール』ぐらいだろうな」


 そこで、セファイルのサーナが、


「勇者一人に対して、魔王国は、軍として襲いかかったのでしょう? なんと悪辣で野蛮なことか」


 強い言葉で魔王国を非難すると、それに、セアとミルスの代表も乗ってきて、


「勇者の遺体はどこに?」
「どのように殺したんだ、悪逆非道なリッチよ」


 セアとミルスには、勇者の死を探知する能力者もシステムもないが、セファイルから報告を受けているので知っている。


 ――つまりはそういうこと。


 見事な連携。
 たたみかけてくる。




「ぉ、おぬしら……いったい、どういう……」




 震えているリーン。
 何が起きているか理解できないままイジめられている少女――そんな顔で、ただ震えている。


 そんな時、序列二位の大国『トーン共和国』の国家主席『カバノン』が、スっと手をあげた。


 フーマーの第二使徒、この場における最高権力者ケイレーンが、カバノンの発言を正式にゆるす。


「我が国の巫女は、次元ロックをも貫通する遠視の魔法が使える。何が言いたいか、理解できるかね?」


 カバノンは、リーンを睨みながらそう言って、とうとうと、


「貴国の宰相ラムド・セノワールが勇者を殺害している所を、我が国の巫女はその目で確認している」




 ※ ここで、トーン共和国について、少しだけ丁寧に説明しておく。
 トーン共和国は、『自国トーン以外の何かや誰かを全力で攻撃している者』が選挙で主席に選ばれる国である。


 戦前はカル大帝国相手にかみついた者が主席になった。
 とはいえ、相手は当時、覇権国家だった天下の大帝国。


 カル帝国を相手に、ただただ無意味に噛みつくだけでは叩き潰されてしまう。
 そこで、トーンは、フーマーとの中継役のような役割を演じるていを装って、フーマー以外で唯一『大帝国に注意ができる(だめだよー、と優しく声をかけるのが限界だが)』という地位を獲得し、それを維持した。




 そして、結果、『最も強く注意しているように見える者』が主席になった。
 ……ちなみに、当時の首脳陣は、裏で大帝国とズブズブの関係にあった。
 自国の民を相手に、うまく演劇を決めた者が代表になる――そんな国。




 で、現在、トーン共和国で政権を得ようとすれば、誰を攻撃すればいいのか。
 簡単である。
 武力でもって人間の国家(カル帝国)を潰した野蛮なモンスターの国。
 別に、トーン共和国は、さほど、魔人という種族に対して差別的ではなかったが、ここ数年で、トーン共和国の民は、すっかり洗脳されて、『魔人は脅威(つまり悪)だ』と認識するようになった。




 『魔人というのは、モンスターが酷くなった存在なんだよー』
 『あいつらは、対話を求めていた大帝国を問答無用で潰した鬼畜なんだよー』
 『あいつらは、世界征服を狙っているんだよー』
 『放っておいたら、大変なんだよー』




 もちろん、全員が信じた訳ではない。
 魔王国が『誰よりも血を流して悪の大帝国を討ってくれた』という事実を理解している者だって当然いる。
 魔人は人間とほとんど変わらないという事を理解している者も、決して少なくはない。
 だが、割合としては、7:3で、洗脳された者の数の方が多い。
 賢さは貫けない。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く