『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

72話 洗脳

 72話 洗脳




『自分は悪ではなく、汚れた世界を浄化するだけ……そんな『自分に対する言い訳』として、俺を利用していると? ゼノリカに命じた『巨悪になれ』とは、実際のところ、それだけの意味でしかないと? 勇者の襲来・撃退は、その計画のキッカケに過ぎないと?』


 全てが繋がったことで、ゴートの頭に、理解の熱が生じた。
 熱は、脳の深部へと高速で浸透していく。


 この瞬間、ゴートはソルの言葉を完全に信用した。


 すでに、あるていど信用していたが、ここで完全に、ソルのストーリーが、ゴートにとっての真実となる。


 こんな状態(正体が分からず魔法で通信するだけ)が続く限り、ソルそのものを信頼する事は、この先もありえないが、しかし、ゴートは、今、確かに、『ソルの言葉は真実である』と『誤解』した。


『そういうことです。しかし、一つ、誤算がうまれた。ただのコマとして使い捨てる予定だったラムド・セノワールが、エレガを殺せるほどの力を得てしまった。これは最初で最後のチャンスです。偶然によって生まれたこの唯一最大のチャンスを活かし、エレガを討つのです。もう一度いいます。これは、あなたにしか出来ない』


(確かに、エレガを討てる条件がそろっているのは俺だけ……だな……)


『まずは、フーマーの使徒と接触して、彼らが提示する条件をのむフリをしてください。そうすれば、天国に近づけます。エレガが望むとおりフーマーの使途となり、その後、フッキによる終末までに、うまく、世界を混乱させつつ、その上で、調節した力を上層部にアピールしてください』


 二重の獅子身中の虫として、
 世界を混乱させつつ、
 自分が、エレガの手足にも成りえるとアピールしていく。


 かなり緻密で膨大な働きが要求される仕事。


『全てが上手くいけば、エレガは、ラムド・セノワールを、【最後には始末する使途】に留めておかず、【今後も利用していく手下の神】に昇格させようとするでしょう。神になれるほどの者は少ない。うまくアピールできれば、必ずスカウトしてくるはずです。そこを討つのです』




『……飼い主の喉を噛み切るトロイの木馬作戦か、なるほど』




 ラムドがラムドのままであれば、『世界を終わらせる理由』で終わっていただろう。
 だが、ラムドはゴートとなり、強大な力を得た。


 今のゴートなら、エレガの懐に近づける。
 世界の終末までに、上手くフーマー内でのし上がり、手下の神としてエレガに選ばれれば――エレガを討てる。




(エレガさえ死ねば、世界は救われる……)




 単純な結論。


(エレガを殺せば、世界は終わらない)


 繰り返す事で現実になる。


 俺が世界を護る。
 俺が世界を護る。
 神帝陛下になる。
 神帝陛下になる。


 ――ここまで、ことあるごとに、ゴートは、何度も、何度も決意を口にしてきた。
 しつこいほど。
 『もういい、わかった』と言いたくなるほど。
 何度も、何度も、何度も。


 ……はたして、それは、ゴート自身の言葉だったのか。






 ※ ソルは、はたして、本当に『遠く』にいるのだろうか。
   もしかしたら、実は、ゴートの『中』にいて――






『――ゴート様。必ず成功させましょう。あなた様なら出来ます。いや! これは、あなた様にしか出来ない!』


『……ああ……そうだな……』




 いつしかゴートは、トロンとした目になっていた。
 言葉を信じただけだが、それでも信用は信用。
 心は緩む。
 緩めば、つけこまれる。


 結果、ゴートは、少し虚ろ気に、




『わかった……』




 素直に、そう返事をしていた。




 ゴートの首肯を受けて、ソルは、満足そうに頷いて、
 心の中で、




(洗脳完了……)




 ボソっとそうつぶやいた。












 ――君が、自分で言ったんだよ、ゴート……




『洗脳していいぞ。今ならたぶんできる』




 ――随分と時間がかかったけれど、17兆7777億6555億3321回も失敗したけれど……ようやく完成した。


 ――ゴート、君は、唯一、センエースを殺せる可能性を秘めた究極のラスボス。


 ――センエースは無敵の英雄。勝てるとしたらセンエースだけ。


 ――もちろん、ただの『マガいモノ』なら、勝てないかもしれない。


 ――センエースは究極の英雄。
 ――誰もが心に描く理想の英雄。
 ――『そんなヤツは、いる訳がない』と本人ですら思うほどのイカれた英雄。
 ――本来であれば、誰も勝てない。
 ――絶対最強、絶対無敵。
 ――それが、センエース。










 この私が、『不可能だ』と諦めた理想を、現実にしてしまった真のヒーロー。
 『もしかしたら』と、この私に思わせた、究極の可能性。










 ――だけれど、ゴート・ラムド・セノワールは、『超えられなかった絶望』と『究極のチート』を背負った、理論上完璧なセンエース。


 ――そんな理論上完璧なセンエースと、
 ――天国の『箱』で眠る『アレ』が重なれば、真に完全なる絶望が完成する。
 ――『ゴート』と『天国の箱』が繋がるためのレールは、エレガが務める。


 ――すべてシナリオ通り。


 ――ゴートは、問題なく完成するだろう。


 ――究極超神センエースでも、完成したゴートには敵わない。


 ――つまり、『センエースの願い』は叶わない。
 ――『悲しい』けれど、それが事実。


 ――さあ、それでは本格的に、『終わり』を始めよう。










 ――ラスボス・プロジェクト(センエース補完計画)、
                    ファイナルフェイズに移行する。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く