『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 BADEND

53話 BADEND




 現世ではありえない、極限を超えた火力。
 それなのに、ゴーレムには傷一つついていなかった。
 何事もなかったように、物理的な高みと精神的な高みから、ゴートを見下している。




「……ま、マジかよ、ビクともしねぇ、てかなんで無傷でいられんだよ……んなアホなコトあるわけが……だ、だって……い、異次元砲だぞ……貫通タイプの無属性……なのに、どうして……」




『だから言っているだろう。お前と俺じゃあ格が違うんだよ、ゴミ野郎。異次元砲だろうが何だろうが、お前程度の攻撃が俺に届くわけがない』




 言って、ゴーレムは、ググっと身を低くした。
 ゴートにロックオンし、
 スっと、右手で、デコピンの構えを取って、
 ダンっと、その巨体を軽快に駆動させ、
 ほぼ一瞬で、ゴートの目の前まで距離を詰めると、


『現実を教えてやる。お遊びで死ね。世界の真理を知るがいい。これが、究極を超えた果て、そのさらに向こう側へと至った神の力だ』


 バチンと、その太い親指で、人さし指を弾いて、ゴートに叩きつけてきた。


 やっている事はただのデコピン。
 グリムアーツですらない、本当に、ただ軽く、人さし指を弾いただけ。
 だが、すべてが、おぞましい速度だった。
 一瞬で詰め寄られ、一瞬でデコピン。
 それゆえ、反応しきれず、ゴードは、そのデコピンをモロにくらった。


 指が体に触れるまでの一瞬、全てが超スローになった。
 だから、直前に、ギリギリ理解できた。






(死っ――)






 あまりにもケタ違いの一撃。


 ゴートの体は、デコピン一発で爆散した。
 細かいチリとなって世界に拡散していく。
 血も、肉も、骨も、何も残らず、ゴートの体は、ほぼ完全に消滅した。


 それほどの凶悪な一撃だった。
 間違いなく、ただのデコピンだったというのに――




 そんな異常すぎる光景を後方で目の当たりにしたUV1は、


「ぅ……っ、く、くそ、この幻覚はいつまで続くんだ……」


 額に冷や汗を浮かばせ、ぶつぶつと、


「というか、なんで、何をしても解除できない! どうなっているっ!」


 ついにはイラだちを叫ぶ。


 完全な無になるほど爆散したゴート。
 その姿がUV1の脳裏に焼き付いた。


 ゴートの死も、あのゴーレムも、何もかも全部『ただの幻覚だ』とは分かっているが、なぜだか全然解除できないし、常時、『本当に幻覚なのか』と疑ってしまうほど、全てが妙にリアルで、


「ランク12の魔カードを使っても解除できないのか……くそっ、あの抗状態異常の魔カードが、いくらしたと思っているんだ……いい加減に……」


 頭をかきむしって叫ぶUV1。
 だんだんと、
 『幻覚ではないのではないか』という思考が巡ってきたがゆえの焦り。
 『目の前で起こっているコレらが現実な訳がない』と思う反面、
 いや、だからこそ余計に、
 『これが全て現実だったら』という不安が沸きあがる。


 もちろん、『そんな訳がない』と脳の深部が叫んでいる。
 だからギリギリのところで冷静さを保っていられる。
 そうでなければとっくに発狂している。


 現状は、あまりにも異常がすぎる。






 ――フッキ・ゴーレムは、UV1をロックし、


『俺からすれば、お前も、さっきのゴミも、たいして変わらない。俺だけが特別。俺以外は全てゴミ。俺だけが最強。俺だけが無敵。それが真理だ』


 言った直後、パカっと口の部分を開いた。


『俺の呼吸で死ね』


 フッキ・ゴーレムの口の部分がカァアっと光ったかと思った直後、


 ――一切の情け容赦なく、高速の照射が、UV1を貫いた。


 超次元の熱量が、UV1の体を、あっさりと、しかし跡形もなく消滅させた。


 結果、そのフロアには、二人のチリすら残らなかった。


 そのレーザーは、魔力やーラを特別練って放出したという訳ではなかった。
 本当に呼吸。
 高次のゴーレムは、大概、体内でエネルギーを生産するための魔生物(ATPを生産するミトコンドリア的な)を飼っている。
 その魔生物がエネルギーを作ったあとに出る搾りカス、人間で言う水素イオンや二酸化炭素を、ただ吐きだしただけ。






 ――『フッキ・ゴーレム』
 それは、フッキ鉱と呼ばれる『神の金属』だけで創られた究極位のゴーレム。


 ゴーレムの中のゴーレム。
 超えるモノなど存在しない、絶対無敵、究極最強のゴーレム。


 その存在値は、なんと、


 ――12兆5000億。






『へっ、かすどもが。どうだ、よくわかったろ、この世で俺に勝てるヤツはいないって当たり前の事実が。そう。俺こそが最強で無敵。それだけが真理』






 フッキ・ゴーレムはそう繰り返すと、


『……まあ、だからなんなんだって話なわけだが……』


 最後に哲学的な問いを呟いてから、最初の体勢に戻って、またピクリとも動かなくなった。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く