『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 『自分は神になった』と確信するゴート。けれど……

 38話 『自分は神になった』と確信するゴート。けれど……












00000000000000000000000000000000000000




 名前『ゴート(ラムド・セノワール)』
 種族『魔人』
 運命『究極超神霊の支配者』
   『夢幻のトリックスター』
   『時空の原罪を背負うレプリカ』
   『膨張する混沌』
   『ラスボス』
   『生命と魄霊の天敵』
 ・称号『全てを喰らう者』
    『運命の強奪者』
    『狂気の革命家』
    『究極チーター』
    『???の???』
    他、多数。


 《EXレベル》   【529万】


 [HP]      【クソ多い】
 [MP]      【クソ多い】
 [スタミナ]    【かなり多い】


 「攻撃力」       【215万】
 「魔法攻撃力」     【173万】
 「防御力」       【552万】
 「魔法防御力」     【1277万】
 「敏捷性」       【626万】
 「耐性値」       【750万】
 「HP再生力」     【199万】
 「魔力回復力」     【215万】
 「スタミナ回復速度」  【380万】
 「反応速度」      【52万】


 「隠しパラメータ合計値」【狂っている】


 「獲得経験値」     【たくさん】
 「ネクストEXP」   【ちょっと】




 魔法「多い」
 グリムアーツ「なし」
 その他技能「多い」


 スペシャル「成長速い」「成長超速い」「成長超々速い」
      「全世界一の成長速度」「神をも置き去りにする究極の成長速度」
      「強敵を倒した際の経験値7倍」
      「超強敵を倒した際の経験値30倍」
      「超々強敵を倒した際の経験値1500倍」
      「??を??した際の経験値99999倍」


11111111111111111111111111111111111111










 ゴートは、自分のステータスと、UV1のステータスを比較しながら、心の中で、


(……俺、もう、普通に神じゃね?)


 そうつぶやいた。


(ステータスが示す数字通りの、メチャクチャな力を感じる……異常な力……もはや、自分がどのくらいの存在なのかの想像すら出来ない領域……)




 この時点でも、『ありえないエゲつなさ』だというのに、
 ゴートは、テプ0時を過ぎるたびに、所有する神チートが増えていく。
 明日になれば、もっと強くなる。
 果てなく、延々に強くなる。


 そして、恐ろしい話だが、
 ゴートの神種はまだ芽吹いてすらいない。
 『Gレベル』すら解放されていない。


 それで現状。






 ――それが、ゴート・ラムド・セノワール。












(俺……どこまで強くなれんのかねぇ……流石に恐くなってきたな)


 ゴートが、自分の力におののいていると、
 そこで、また、










『―――――
 ・「対象のEXレベルが500万を超える」
 ・「対象がサイコイヴ‐システムを搭載している」
 ・「???」
 ・「反魂の神聖式によるバックアップが完成している」
 ・「???」
 ・「12000体以上の上位モンスターを生贄に捧げる」
 ・「???」
 ・「対象の精神汚染度と潜在ストレス値が250%を超えている」
 ・「???」
 ・「???」
 全ての条件が満たされた。
 第一級迎撃プログラム起動。
 《裏秘》のストラトスジオメトリ、生成終了。
 顕現せよ。神のまにまに』










 妙な声が響いた。


 直後、ピシィっと空間にヒビが入って、パリィンと音をたてて割れる。
 バラバラに吹き飛んだ空間の破片が、
 まるで意思を持っているかのようにユラユラとうごめく。


 破片は地に落ちた雪の結晶ように、
 キラキラと崩れていき、
 細かな粒子へと変わっていった。


 輝く粒子が美しく配置され、地面に奇怪な魔法陣を形成していく。


 その魔法陣は、かつて、禁域で『サイコウイング・ケルベロスゼロ・タナトス(決戦仕様)』を顕現させたソレと酷似していたが、当然、ゴートは、眼前のこれとソレを結びつけたりはしない。




『――フッキ・ゴーレム。出撃準備完了』




 やがて、奇怪なジオメトリは、地面だけでなくフロア中を覆い尽くす。
 ガチガチと硬質な音が響き、
 空間を切り裂き、
 粒子をわななかせ、
 どこからか、『何か』がやってくる。


『……グウゥ』


 次第に『何か』の姿が鮮明になる。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く