『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 モンスターハウス

 35話 モンスターハウス




(さて、そろそろ脱出方法を考えないとな……)




 と、ゴートが、脱出ルートを模索しだした、その時、


「……っ?」


「おいおい、またかよ」




 二人の足もとにジオメトリがあらわれた。
 そして、前と同じように、二人をさらっていった。










 ――真パラソルモンの地下迷宮『地下?階』――










 ――気付いた時、ゴートの視界は、大量のモンスターで溢れていた。






「おいおい……モンスターハウスかよ」






 そこは、先ほどのフロアよりも広い空間だった。
 その広い空間に、大量のモンスターがひしめきあっていた。
 まさに、ローグ系のモンスターハウスのようで、
 多種多様なモンスターが全部で、軽く1000体以上。




 モンスターたちは、ゴートたちを発見すると、一斉に臨戦態勢をとった。


 スライム種や悪魔種や龍種や鬼種やアンデット種や精霊種など、様々っ!
 どいつもこいつも、放出しているオーラがハンパないっ!
 あっちこっちに、王級や超王級がゴロゴロっ!


 存在値200を軽く超えている最高位モンスターの群れ。




 この狂った様を見て、UV1は、




(どうやら、また幻覚の罠にかかったらしいわね……とっとと解除方法を探さないと)




 最高位モンスターはアルファでも滅多に沸かない。
 こんな、ウジャウジャと密集しているなど、第2アルファの最高位ダンジョンでもありえない。


 ゆえに、強大なモンスターたちの群れを見て、即座に『ただの幻覚』だと判断したUV1。
 『敵』に対する警戒心などはなく、罠の解除方法だけを模索している。




 そんなUV1の態度から、ゴートは、


(……幻覚ってのは、我ながら、いい案だったな。特に、このダンジョンは、普通じゃありえない事ばかりが起こるから、幻覚だと思いこませるのが容易い)


 冷静に対処しようとしているUV1や、余裕綽々のゴートを見て、
 この集団のまとめ役と思しき黒いリザードマン――『アビス・リザードマン(超王級の天才型。存在値319)』が、




「侵入者だ! 殺せ!! いけ、いけ、いけぇ!!」




 脊髄反射的にそう叫んだ。
 その号令をキッカケに、全てのモンスターが、いっせいに、ゴートたちに向かって突撃してきた。


 UV1は、『どうせ幻覚だ』と相手にもせず、


 ゴートは、冷静に、




「……解析完了」




 ニっと笑い、


「そこの黒トカゲだけ残して、はじけとべ」


 パァァンと、あっさり、1000体以上いたモンスターがはじけ飛んだ。


 容赦なく、一瞬で全てを奪いとる、究極のシステムによる圧倒的な魂魄の蹂躙。


 1000体以上のモンスターだったカケラは、残すことなく、ゴートに吸収されていく。




 その様子を見たUV1は、




(もうムチャクチャね……完全に幻覚……さて、何が原因……ガスか? それとも……どこかに魔法陣でも……)




 UV1が色々と幻覚対策(ガスマスク的なアイテムを装着してみたり、対状態異常の魔カードを使用してみたり、周囲を探索してみたり)を取っている向こうで、




「ぉっと……はは……」


 自己鑑定を終えたゴートは、つい笑ってしまった。




「なんか、俺、やべぇ事になったな……」






00000000000000000000000000000000000000




 名前『ゴート(ラムド・セノワール)』
 種族『魔人』
 運命『究極超神霊の支配者』
   『夢幻のトリックスター』
   『時空の原罪を背負うレプリカ』
   『膨張する混沌』
   『ラスボス』
 ・称号『全てを喰らう者』
    『運命の強奪者』
    『狂気の革命家』
    『究極チーター』
    『???の???』
    他、多数。


 《EXレベル》   【17万2377】


 [HP]      【そこそこ】
 [MP]      【多い方】
 [スタミナ]    【悪くない】


 「攻撃力」       【9万5332】
 「魔法攻撃力」     【6万87】
 「防御力」       【18万911】
 「魔法防御力」     【32万3332】
 「敏捷性」       【19万223】
 「耐性値」       【25万12】
 「HP再生力」     【9万9】
 「魔力回復力」     【11万】
 「スタミナ回復速度」  【16万53】
 「反応速度」      【2万8887】


 「隠しパラメータ合計値」【やばい】


 「獲得経験値」     【めっちゃ多い】
 「ネクストEXP」   【32】




 魔法「多い」
 グリムアーツ「なし」
 その他技能「多い」


 スペシャル「成長速い」「成長超速い」「成長超々速い」
      「全世界一の成長速度」「神をも置き去りにする究極の成長速度」
      「強敵を倒した際の経験値7倍」
      「超強敵を倒した際の経験値30倍」
      「超々強敵を倒した際の経験値1500倍」
      「??を??した際の経験値99999倍」


11111111111111111111111111111111111111










「ははは……いくらなんでも、強くなり過ぎ。俺、完全に、全世界最強だろ」











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く