『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

21話 イフリート

 21話 イフリート




 UV1も、当然、『精霊種に対する攻撃手段』を持ち合わせている……
 ――が、
 現状だと、『闘えなくもない』というレベルの兵装でしかなく(とうぜん、亜空間倉庫あいてむぼっくすにしまっているもの全部ふくめて)、
 『特別有効な手』を有しているという訳ではない。










「せ、精霊種なんて……ダンジョンでは滅多に沸かないのに……なんで、こんな……ぅ……ど、どうなっているのよ……」




「ぁ、あの……UV1様、あれ……やっぱ、イフリートなんすか……うーわ……」


 ラムド・セノワールも、38歳のセンエースも、実際にイフリートを見た事はない。
 だが、イフリートという精霊自体は第一アルファだとかなり有名なので、ゴートも当然知っていた。




「な、なんか、伝説通りというか、ゲーム通りというか……とにかく、あいつ、めっちゃヤバそうなんですけど……か、勝てます?」


「ネオとの闘いで随分と消耗してしまった……そうでなくとも、現状、高位精霊種をどうにかできる手段は持ち合わせていない……準備を整えて、チームを組まないと、最高位精霊種の討伐はできない……こ、こんな状態でイフリートは……ムリ」


 決して諦めている訳ではない――が、現実、無理。


 現状の手札でイフリートを相手にするのは、
 ある種、ネオ二匹を相手にするよりタチが悪い。


 これは、もはや、気合いや根性でどうにかなるステージじゃない。


 今の装備でイフリートの討伐は不可能。
 単純な算数。


 現状だと、精霊種に対するダメージソースがなさすぎるのだ。


 極端に言えば、『UV1がイフリートに1のダメージを与えている間』に、UV1とゴートは10のダメージを受けてしまう。


 『2(UV1・ゴート)』VS『1(イフリート)』と、
 数的には有利だが、そういう問題ではない。




(……ない……勝てない……ダメ……むり……何をどうやっても……今の私ではイフリートを倒すことはできない……)




 UV1のメイン武器である銃による攻撃は、ほぼ無効。
 魔法も、現在、UV1が使える種類だと、イフリートには通らないものが多い。


 だというのに、精霊種は、大概、HPが高い。


 そして、イフリートは、精霊種の中でも、生命力が高いタイプ。
 今のUV1に、イフリートを削り切る手段はない。


 絶望している二人に対し、イフリートは、たんたんと言う。
















「……ネオヘルズ覇鬼を殺せるほどの侵入者。どうやら、気合いを入れて、排除せねばならないようだ……さあ、侵入者よ、殺し合おう」
















 UV1は、


「絶対に勝ち目はなし……でも、相手は、やる気まんまん……おまけに、逃げ道はなし……なんなのよ、これ……今日は、どうなってんの……ずっと……くぅ……」


 ぼそぼそと、己の不運をつぶやく。


「く、くそがぁ……」


 深く重い絶望の中で、


「ああ、もぉおお! くそぉおお!」


 一度、天を仰ぎ、叫んでから、イフリートに突撃した。


「あああああああああ!!」


 実際、もうヤケになっていた部分はある。


 ネオと闘っていた時は、まだ、ギリギリ『ここから出るための体力温存』などを考えていられたが、今となっては、余計な事を考えられる余裕はわずかもない。
 ただ、まっすぐに飛びかかり、がむしゃらに、イフリートを殺そうとする。


 短刀にオーラを注ぎこむ。
 限りなく無属性に近づけて、イフリートの魂魄そのものを削る。
 基本的な精霊の対処法。


 しかし、対精霊専用の道具ではないし、そもそも得意な技術でもない。
 ゆえに、凶悪性能を誇るエレメントオーラに余裕で阻まれる。
 UV1が、どうにか貫通しようともがいているが、ムダムダムダ。
 何をしようと、ダメージはほとんど通らない。


「くそ……くそ……くそぉおおおおお!!」


 無駄だと理解していながら、それでも必死にあがく。
 諦めない。
 絶対に諦めてやらない。




 どれだけ苦しくても、
 絶対に逃げるな、と、
 魂が叫んでいるんだ。




 ――けれど、無意味。
 UV1じゃあ、ヒーローにはなれない。
 理想は現実になれない。




 大したダメージを受けていないイフリートと、
 目に見えて削られていくUV1。
 それだけが、目の前にある現実だった。







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く