『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 常識は二度死ぬ

 10話


 このまま成長していけば、すぐに、この世界では異常な存在となってしまう。
 秩序を乱すイレギュラー。


(そうなれば、おそらく、ゼノリカの上が俺を制御しようと動くだろう。自由はなくなり、ただ上の命令を淡々とこなすだけの傀儡になる……それは面白くない……)




 ・ゼノリカの力を使わなければ自由。
 ・ラムドの力だけで事をなすのであれば、どう転ぼうと、それは時勢。


 そんな二つの前提から導き出される結論。
 ――すなわち、上は、『大きすぎる力による秩序の乱れ』をおそれている。




 ゴートは思う。
 まあ、理解できる考え方だ。
 てか、そりゃそうだろう。
 なんだって、そういうもんだ。


 しかし、


(俺は今、素直に、強くなりたいと思っている――が、それは、可能性を広げたいから。だが、UV1の目がある現状で『常識をぶっちぎった強さ』を得てしまえば、可能性は閉じる……どうにか、上の目をかいくぐらないと……)




 どうやって、ゼノリカの目から逃れるか。
 考えてみたが、今のラムドにはその手段がない。
 今の実力では、全力でフェイクオーラを展開しても余裕で見破られる。




(あの『塔最下層とかいうゼノリカの本部』で、なにか召喚してみるか。ゼノリカの素材を使えば、かなりのものが召喚できる。何かしら、この状況を打開する手段が見つかるかもしれない)




 仮に『何かよさげなもの』が召喚できたとしても、
 『外には持ちだせない』というルールがあるため、




(それも踏まえた上での何か……)


 面倒だな、
 などと考えながら、しかし、




(それもまたおもしろい)


 と素直にそう思えた。
 なんせ、現状、軽く閉塞的ではあるものの、
 それは『自身に巨大な革命を起こせる』と分かったからこそ。
 これをセンエースが面白いと思わない訳がない。










(とりあえず、なんにせよ、このまま、レベル上げを続行するのはまずい……今日のところは帰るか……)










 と、ゴートが踵を返そうとした、




 その時、










 ――ガチッ――




 何かがかみ合う音がした。
 ヒュンと上品な熱が脳に触れた気がした。
 気付いた時には、
 ゴートとUV1の足下に、奇妙なジオメトリが展開されていて、


 ――それを見たUV1は、




「……っっ?!」




 反射的に悲鳴をあげそうになるほどの悪寒を感じた。
 メイン職『暗殺者』である彼女の、研ぎ澄まされた感覚器官が、
 この地下迷宮内で現在発生している狂ったような異常・異変を感じ取った瞬間。


 実際、称賛モノの、最速の知覚だった。
 だが、それでも、一手、遅かった。




「まずい!! ラムド! はなれっ――」




 叫ぶよりも先に、そのワナは発動した。
 UV1とゴートを、次のステージへと運ぶ転移のワナ。


 転移は一瞬だった。






















 ――真パラソルモンの地下迷宮『地下17777765553321階』――




















 そこは、奥の壁にジオメトリが描かれた、学校の体育館くらいの広さの場所。
 先ほどまでよりも深い光に支配された場所。
 いったい何が光っているのか分からないが、とにかく、奇妙なほど明るい。




 転移の衝撃が、異常に大きい。
 頭がグワングワンしている。
 体にかかる圧力が増した気がした。
 ――『何がどうなったのか』に気付くまで、
 ゴートは数秒、UV1でも二秒を必要とした。










 その隙間――わずか二秒のスキを、
 『ソレ』は狩りにきた。
 機を見るに敏。
 迷いない殺意。










「うぉおお!!」
「ヘルズ覇鬼?!」


 突如襲われて、ただ慌てふためくだけのゴートと、そんなゴートの首根っこをひっぱりあげながら、敵の姿を確認してデジタルに恐れおののくUV1。


「あっぶねぇ……た、たすかりました……」


 UV1が引っ張ってくれなければ、『ヘルズ覇鬼が振り下ろしてきた刀が自分の首を飛ばしていた』と、ヘルズ覇鬼の残身を見て明確に理解したゴートが、心底から沸き出る感謝の言葉をのべるが、UV1は、ゴートの言葉などまったく聞いていないようで、
 ワナワナしながら、


「な、なんでっ……こ、ここは存在値20~30の最下級モンスターしか沸かないエックスのダンジョンのはずじゃ……なぜ、王級鬼種のヘルズ覇鬼が……」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く