『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

5話 夢

 5話


『というか、警察が向いていない。わかっていたさ、最初から。オマワリなんて、趣味じゃない。なんだったら、絶対にやりたくない職業だ。根源的に、公務員は性に合っていない。分かっていた。全部、ちゃんと。……だが、それでも、俺は、国の犬になることを選んだ』


『ははは、そこまで俺は君を怒らせたのか。さすが、俺。ちなみに、実は、あの時のことを、俺は今でも奇妙なくらい覚えているんだよ。俺がふみつけた君の大事なものって、確か、母親のカタミだよね? ハンカチだったかサイフだったか忘れたけど』


『……サイフだ』


『そうだっけ? まあ、そんな細かいところは、流石に覚えていない訳だけど。まあ、そんなことは、どうでもいい。大事なのは、この世で唯一操れない相手が、かつて唯一俺に逆らった幼馴染ってことさ。なんだか、ドラマティックで素敵じゃないか』


『蝉原』


『ん? なにかな?』


『最後の質問をしていいか?』


『いいよ、どうぞ』


『あいつらが、お前に操られていたのかどうかだけ教えてくれ』


『あいつら? ああ、俺対策チームのメンバー? 操っていないよ。これだけはマジ。だって、そんな事したら、いろいろと台なしじゃん』


『そうか……』


『そうかで終わらないでよ。感想をちょうだいよ。どう? どんな気持ち? 普通に裏切られた気分はどう?』


『もし、あいつらが操られていただけなら、もう少しあがいてみようと思ったが……』


『ん? 思ったけど、なに?』










『もう、やめだ』










『……え?』


『お前の能力はチートすぎる。何をしても無駄だ』


『……おやおや』


『お前が相手じゃ、俺一人ではどうにも出来ない。せめて、何人か味方がいれば、闘おうと言う気にもなったかもしれない……もし、あいつらが操られているだけなら、どうにか解除方法を探そうとしたかもしれない、が……』


『……けれど? なに? 最後まで、ちゃんと言葉にしてほしいね』


『諦めた。もう無理だ。この世界は終わった。お前は完全なサイコパスだから、説得も無意味。抵抗も無意味。この世界は、お前に穢されて、狂って、終わる』


 センエースの言葉を聞いて、
 蝉原勇吾は嗤う。


 蝉原はバカじゃない。
 そして、これまでのセンエースの奮闘を知っている。


 だから嗤う。


 『センエースの心を摘んだ』という事実が『いかに誇らしい事』か、
 『異世界の聖典』を読むまでもなく、潜在的に理解できたから。




 ――第一アルファは、センエースを諦めさせるのが得意な世界だって話――




『心の強さは腹筋みたいなもんだってお前の意見には同意する。人の核は弱い。だからこそ、それでも強くあろうとする想いは尊い。だが、ゆえこそに、長くは維持できない。邪神バグの力に抗えるほど、人は強くない……』


『……』


『……洗脳していいぞ、今ならたぶんできる』


『流石の君も、ついに諦めちゃったか』


『ああ、ムリだ。この絶望は殺せない』


『ははっ、じゃあ、遠慮なく――ん……』


『なんだ?』














『うぷ……う……』














『……どうした、蝉原……ぉい……』


『バ……バグ……ちょっと待っ……なんで……やめ……』


『おい、蝉原! どうし――』


『なんでだ! どうして! やっ、やめろぉおお!! ふざけるなぁああああああああああああああああああ!!』


 蝉原の体がカっと光ったかと思った直後、
 その光は、コスモゾーンの法則に逆らって、
 コンパクト化されることなく際限なく広がっていき、










 ――第一アルファの全てを木っ端みじんに吹き飛ばした――










 すべては一瞬の出来事だった。
 ゲームのリセットボタンでも押したみたいに、ほぼ全ての魂魄が大きな光に飲み込まれ、コスモゾーンにかえっていった――が、


 センの魂魄は、回収される直前、『声』を聞いた。












 ――まるで『夢』。
 幻想。
 何が何だかわからんが……そこから引っ張ってこられるのじゃ……わかるか?
 わからんじゃろう。
 わしにも、わからん!
 しかし、分かる!
 ひひひひひ!
 カツモクせよ!
 わしの全てを注いだ、究極の召喚を、見届けよ!
 さあ、来い!




 ――わしを踏み台にして、こちら側へくるがよい!




















 ――よくわかんねぇが、
 ――感謝するぜ。




 ――俺に可能性を残してくれて、
 ――ありがとう。




 ラムド・セノワール。




 ――俺は、お前に、本気で感謝している。
 ――その想いを、だから、俺も、可能性で示そう。
















 ――器をなくしたというのなら、
 ――俺が器になってやる。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く