『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 戦争開始

 32話




 ――こうも簡単に沸点に達した理由。
 その発端は、やはり、結局、ゴートの推測どおり、バロールの発言。
 ラムドの劣化を心配したというのも間違いなく理由の一つ。
 しかし、それだけなら、もう少し抑えられた。


 ゴートの眉間にもシワが入る。


(イラつかせてんのは、てめぇだろ……なんだ、この女)


 ――現地では同等――
 別に、バロールの言葉に甘えている訳ではないが、
 この仕事をやっている上だと、ゴートはUV1と同等。
 それは確かなはず。


 もちろん、力の差はあるので、最低限の敬意は払う。
 同等だからと言ってナメた態度を見せるつもりはない。


 しかし、だからこそ、『自分はきちんと礼儀を示しているのに、そっちは当たり前のように上から強めでくるのはどうなんだ?』という感情が沸いてしまう。


「言っておくけれど、私がその気になれば、お前ごとき――」


「一瞬で殺されるでしょうね。やりたければどうぞ」


 結果、ハッキリと反抗する。
 ゴートの頭は、沸騰というレベルにまで至っていないが、ググっと熱くはなっている。




 大人になれば丸くなる?
 違うね。
 歳によって、頑固さは強化されていく。
 そして、第一アルファの日本の公務員の30代の頭の固さは異常。


 苦しい事が多々あったとはいえ、山ほど地獄を見たとはいえ、根本では無邪気に、自由に、『望む世界』で100歳前後を99回ほど重ねたセンエースよりも、
 『第一アルファという地獄』で、38まで生きたセンエースの方が頭が固くなっているという、この現実。


 ――センエースにとって、第一アルファがいかに地獄だったかという証――


「申し訳ありませんねぇ、俺はプライドがかなり高い方でして、上からこられればこられるほどに、反発してしまうのですよ。ただ、礼節を持って接してきた相手には、こちらも同じかそれ以上の礼節で返すつもりですので……」


 そこで、ゴートは、視線に圧を加えて、UV1を睨みつけ、


「面倒がイヤなら、上からくるのやめてもらえます? ナメた態度をとられてイラつくのが、この世で自分だけだとでも? どんな勘違いですか? なんなら、ここで殺し合いして死んでやってもいいんですけど」


 一応、敬語を使ってはいるが、空気をピリつかせる圧を含んでいる。
 まったくもって、上司に対する態度ではない。


 ゴートも、当然、『死んでもいい』などとは思っていない。
 念願だった異世界転生。
 全力で満喫したいと願っている。
 それが本音。


 しかし、引けない。
 この状況は、決して、ゴートだけに限った話ではない。
 殺す気はなくとも『殺すぞ』は口から出てくる。
 実際のところ、この状況は、ソレとほとんど変わらない。
 ただの威勢。
 引けない胆。


 これが、プライドという荷物の最も面倒なところ。


「どうするかはそちらにお任せしますよ。最終的な決定権はあなたがお持ちだ」


「そう」


 UV1の冷めた返事。
 起伏のない、その声。


 ゴートの耳に、カチっという、UV1の感情スイッチが入る音が聞こえた気がした。
 別に幻聴でも特殊能力でもなんでもない。
 ただの経験則。


 女には、こういう所がある――と、生きてきて、知っただけ。
 孤高でいる時は、女と会話をした事がなかったので知らなかった。
 はやくに母親を亡くしているので、社会に出るまでは知らなかった。


 異性とまったく関わらない孤高のまま、早稲田大学からの警察大学校という流れで社会に出た。
 そんなセンを待っていたのは、現実の女という、センにとっては大敵。
 多くの対立から得た経験則ゆえの――




 ――UV1は、


「じゃあ、こうするわ」


 そう言って、


 ――ギュンッ


 と、加速して、ゴートの腹に、


「ぐふぉ!!」


 膝をいれた。


「しつけをしてやる」


 社会に出ることで知った、センの――男の大敵。
 女のヒステリー。


 はじまる、人間関係戦争。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く