『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

28話 ラムドからはじめる異世界生活

 28話 ラムドからはじめる異世界生活


(UV1に匹敵する実力者『長強』に、あのバロールとかいう猿顔。UV1の話では、あの猿顔に匹敵するのが全部で30ちょい。そして、そいつらを纏めている5柱と、全てを統括している絶対的な3柱……)


 神を目指す超越者たちと、神族に至った超越者たち。


(異常なほど強大な組織だ。ちょっと異常すぎる)


 今のゴートからすれば遠すぎる雲の上。


(現状における『素の俺』は、世界の『表層』だけに焦点をあててみても、絶対的な強者という訳ではなく、世界の『最上層』だけに限定して見てみれば、かなりの弱者。この状況は面白くないねぇ)


 ニっと笑い、


(決定。まずは、レベル上げだ)


 行動を選択する。


(サクっと、『表では最強』くらいにまでは強くなってやる)


 未来を見る。
 やるべき道を選ぶ。


(当然、『表の最強』にとどまらない。とことん強くなって、ゼノリカの天上とも闘えるようになってやる。そして、神を決める聖戦に、神様候補として参戦する)


 神になるという決意。
 そのための方法論。


 結果、決意は膨れ上がり、


(……もういっそのこと、バロールも、その上の神々も、まるごとぶっとばして……最上にある偶像、『神帝陛下』の地位をかっさらうってのも面白いかもしれないな……)


 自分にならできるかもしれない。
 ゴートは思う。
 これほど、異常な成長チートを持つ自分なら、あるいは――


(偶像ではなく、本物の神帝に俺が……そして、どうどうとセンエースを名乗るってのも悪くない……いや、存外、ゴートって名前も気に行ってきたし……ゼノリカの主神を、ゴート・ラムド・セノワールに変えてやろうかな)


 夢が広がっていく。


 ――別に、神様になりたいと思った事はない。
 だが、
 神にならねば出来ない事がある。




 単純に、『ただ無限の高みを目指したい』というのが神を目指す根本の理由。
 それは絶対の事実。
 だが、ゴート・ラムド・セノワール(38歳のセンエース)には、『無限の研鑽に対する渇望』以外にも、神を目指す理由があった。




(神になって……上の上に立てば……もしかしたら……)


 ゴートの顔が少しだけ険しくなる。
 少しだけキツく、虚空を睨みつける。


 こうなった以上、忘れてしまった方がいいのは分かっているのだけれど、どうしても消えない憎悪。
 怒りが原動力となる志望動機。










 ――ゴートは思う。


 上の上の上に立てば、
 果てなく、より高次の存在を目指し続ければ、
 もしかしたら、いつか、出会えるかもしれない。


 誰に?
  ――本物の創造主――
 実在するのなら、間違いなく、全ての元凶。
 『そんなつもりはなかった』なんて言わせねぇ。
 実在するのなら、必ずツケを払わせる。




 もし、この世に、『全てを創造した神』が存在するのなら、
 そいつには、どうしても問い詰めなければいけない事がある。
 もちろん、一個じゃないが、色々あるが、多々あるが、しかし、
 とりあえず、もし出会えたら、絶対に追及してやると決めている大事が一つ。












 ――なぜ、『あいつ』に、『あんな力』を与えやがった!












 憎悪や怨嗟に駆られるのは非合理だが、これだけは譲れない。
 ガキの頃、タナカトウシに抱いた劣等感とは質の違う、本物の憤怒。




 38歳のセンエースを絶望の底に叩き落とした、世界を殺すほどの狂気。
 センエースですら殺せなかった地獄。




 ――ゴートは、


(はっ……)


 そこで、深呼吸をした。
 自分をいさめる。
 感情に支配されないように、己を整える。


 沸騰しかけた気血をおさめると、ゴートは、


(……まあ、なんにせよ、とりあえず、今のところは、神帝陛下に成る事が最終目標ってことで)


 ポジティブに、前を向いて、


(もし、なにか、もっと面白い目標がみつかれば、そっちにシフトする構えで、ゆったりと。まずはノンキに高次の存在を目指す。……そうさ。せっかくの異世界転生だ。あっちで地獄を見た分を、ここでとりもどす。最終の最終の最終目標はあっても別に構わないが、それにとらわれたくはねぇ)


 自分の中で区切りをつくると、
 すぅっと息を吸い、
 表情柔らかく、ニコやかに、






(さあ、この、『ラムドからはじめる異世界生活』を、とことん楽しもうか)









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く