『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

26話 真ガチャルトホテプの解禁

 26話


 テプの右目が黄金に輝いた。
 そして、一度、世界を包み込むほどの光を、カっと放つ。


 揺らめいて、ビキシィっと、世界全体にヒビが入るような音がした。
 別に何も壊れちゃいない。
 ただ、たゆたう、虹色の閃光。


 ――ガチャルトホテプは、










「うわー、すごぉい! 究極大当たりだよぉ!」










 興奮した声で、喝采をあげた。




「……究極大当たり? マジで? 俺が? うそぉん」


「景品は、真ガチャルトホテプの解禁だよぉ。よかったねぇ」


「ぇっと……ぁ、ぅん。……はい。ぇと、よっしゃ、らっきぃ、らっきぃ。ウレシー」


 控えめなガッツポーズを決めつつ、棒読みでそう言ってから、


「……ただ、どのくらいのラッキィなのか、いまいちよくわからんから、詳しく教えてくれね? その真なんとかってのは、どういう恩恵を俺に与えてくれんの?」


「簡単にいうと、これから、あなたが死ぬまで、毎日、一日一回、ガチャルトホテプ・ガチャが引けるようになるってことだよぉ」




 ガチャルトホテプの話を聞いて、UV1は、思わず『プッ』と噴き出してしまった。




(はい、きました。嘘つき精霊の常套手段。先延ばしにして、その場は、お茶を濁す。明日になったら、なんていうつもりかしら。どんな苦しい言い訳をしてくるのか、少しだけ楽しみね)




 そんなUV1の事はシカトして、ゴートは、ガチャルトホテプとの会話を続ける。


「……って言われても、まだ、そのガチャで何が手に入るか分からないから、いまいいち喜べないんだが……」


「じゃあ、明日ひいてみて、それから喜べばいいよぉ。テプ・ガチャはすごいよぉ。ファンタスティックだよぉ。一回引いたら病みつきになっちゃうよぉ」


「やみつきになっちゃうのに、一回引く分のポイントを溜めるのに、神様でも10億年かかるのか、なかなか高度な嫌がらせだな」




 ゴートの言葉を聞いたUV1が、


(ふふっ……確かに、本当だったとしたら、ずいぶんと陰湿な悪意だわ。まあ、ありえないけれど)


 内心で笑っていると、
 ガチャルトホテプが、トロンとした目になって、




「ふぁーあ……眠くなっちゃったぁ……じゃあ、また明日ねぇ。ばいばーい」




 言うと同時、ガチャルトホテプは、光の粒になって、ゴートの指に集まっていく。
 数秒で、その光の粒は、簡素なリングとなって、ゴートの左人指し指におさまっていた。


 その指輪を見つめながら、ゴートは、


(……神様でも十億年に一回しか引けないガチャ……いったい、どれだけのもんが手に入るのかねぇ……くく、ワクワクさせてくれんじゃねぇか。明日が待ちきれねぇ)


 ゴートは、ガチャルトホテプについて、UV1のように疑ってかかるようなことはなかった。


 その理由は一つ――


(さぁて……テプのことは、明日を待つとして、次に、今、何をするか。またなんか召喚するか? んー、でも、なんか、召喚に対する、『頭の中で燃え上がっていた熱』が一気にひいちまった。なんか、まったくやる気がおきねぇ……なんでだ?)


 まるで賢者タイムのように、先ほどまでの情動が霧散していた。






 //
   解。
   センエースの特徴。
   果てに至ると飽きる。


  ――最果てに至ってしまうと、
   『絶対に諦めない英雄』が、
   『徹底的に忌避していた自殺』を選択するレベルで飽きてしまう――


   ゴート(38歳のセンエース+ラムド)は自覚していないが、
   その複雑なコアオーラが、鋭敏に感じとってしまった。
   自分は、『究極の召喚』を達成してしまった、と。 
   この先、何をしても、テプ以上の召喚は出来ないと、魂が理解した。
   ゆえにゴートは召喚に飽きたのだった。
   ラムドと混じっているとはいえ、根本はセンエース。


   ゴートがテプを疑っていないのも同じ理由。
   魂がテプを理解しているから。
                             //










(なんで、召喚に対するやる気がこうも一気に冷めちまったのか、よくわかんねぇが……まあ、いいや。やる気が出ないのは召喚だけだし。それ以外の異世界転生を全力で楽しむさ。……さぁて、さて、まずは……)


 ゴートは、色々と考えた結果、


「自己鑑定、ランク5」


 まずは、自分を知る。










00000000000000000000000000000000000000




 名前『ゴート(ラムド・セノワール)』
 種族『魔人』
 運命『生贄』
 ・称号『奪われた者』
    『諦めた者』
    『敗北者』
    『???の???』


 《レベル》     【29】


 [HP]      【 19/320】
 [MP]      【 36/288】
 [スタミナ]    【12/53】


 「攻撃力」       【3】
 「魔法攻撃力」     【2】
 「防御力」       【33】
 「魔法防御力」     【52】
 「敏捷性」       【12】
 「耐性値」       【60】
 「HP再生力」     【21】
 「魔力回復力」     【78】
 「スタミナ回復速度」  【9】
 「反応速度」      【7】


 「隠しパラメータ合計値」【3337】


 「獲得経験値」     【35】
 「ネクストEXP」   【390】




 魔法「計23」
 グリムアーツ「なし」
 その他技能「計12」


 スペシャル「成長速い」「成長超速い」「成長超々速い」
      「全世界一の成長速度」「神をも置き去りにする究極の成長速度」
      「強敵を倒した際の経験値7倍」
      「超強敵を倒した際の経験値30倍」
      「超々強敵を倒した際の経験値1500倍」




      「??を??した際の経験値99999倍」




11111111111111111111111111111111111111











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く