『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 ???のアリア・ギアス

 25話




 魔王城にあるラムドの実験室に戻ってきたゴートは、
 さっそく、神の方程式を試そうと、動き出していた。


 後ろでは、監視役のUV1が、ゴートの動向を見守っている。


 UV1の視線など意に介さぬといった具合で、ゴートは、




「術式も素材も、基本ベースで問題はない……重要なのは、捧げるもの……」




 たんたんと作り上げ、
 そして、




「できた。あとは、最後に……俺の魂の一部……ラムドが混ざっていない、純粋な俺の魂魄……その一部を捧げれば……」




 ゴートは、掌を上に向けた。
 これは、ラムドにも、38歳のセンエースにもない知識。
 だが、重なり合った事で得た天啓。
 理由は不明。
 だが、今、ゴートは、深い次元で理解できている。


「面白い事が起きる……いや、今回だけじゃない……ここからの俺の人生は、ずっと面白い事が起こり続ける……もはや予感とは呼べない、これは、明確な未来予知……は、はは……俺、どうなってんのかねぇ……」


 言いながら、ゴートは、掌の上に己の魂の一部を込めた。


 黒いエネルギーの揺らぎ、その塊が掌の上でフワフワと浮かんでいる。


(は、はは……ははは……さあ、起こってくれよ、おもしれぇこと……もっと、もっと、楽しませてくれ……俺に、極上の未来を見せてくれ)




 まるで、酔っぱらっているような感覚。


 意味不明の万能感。


 ゴートが、


「さあ、来い! 何がくる?!」


 己の魂を注いだ黒いエネルギーの塊を、術式にブチこむと、
 その瞬間、
















 ――???のアリア・ギアス発動――


 ??????????????????????????
















 術式が鈍く光った。
 そして、グっと、部屋の気圧が下がった。
 なにか、禍々しいものがくると分かった。


 複数のジオメトリが連鎖して、空間の中で幻想的に織り合う。
 弾けるような光がグルグルと渦をまく。


 すべての線が揺らぎながら重なって、
 立体的な美しい幾何となって、それが淡いだけの光になった。




 モヤモヤとした光が、次第に形になっていく。


 そして、それは、










「あれれぇ? えぇ? うっそー、あなた、神じゃないのに、なんで、テプを召喚できたのぉ?」










 愛らしい女の子にかわった。
 真っ白な肌に、くっきりとした目鼻。ラフで甘々な、銀髪のトップふんわりワンカールボブ。エアリーでクラリティなフワフワ女子。彼女に着てもらっている白いワンピースの喜びの声が聞こえてきそう。




「えぇ、うそうそ、すごぉい、なんでぇ?」




 そんな事を言いながら、そのフワフワ女子は、ゴートの側までやってきて、


「ふしぎぃ。なんでだろう。んー、よくわかんないけど……とりあえず、こんにちはぁ。テプは、ガチャルトホテプ。よろしくねぇ」




 ぺこっと小さく頭をさげてから、




「テプは、5UGPを払わないと召喚できない、究極の神霊なんだよぉ。なのに、なんで、あなたは、神でもなく、GPを払ったわけでもないのに、テプを召喚できたのぉ?」


「さあ……ちなみに、その『ごゆーじーぴー』ってのはなんのこと?」


「さあ、テプもよくは知らなぁい。テプが知っているのは、『自分の能力について』と『神様がテプを呼ぶには、5UGPが必要』ってことだけぇ。5UGPは、すごく大量のポイントで、成長チートとか無しで、ちゃんと貯めようとしたら、10億年はかかるとかなんとかって話みたいだけど、ホントかどうかはしらなぁい」


「神が10億年をかけることでようやく呼べる召喚獣か……そりゃすげぇ」




 その話を、後ろで聞いていたUV1は、


(また随分と、思いきった大ボラを吹く精霊ね……)


 鼻で笑っていた。
 自分を大きく見せようとする召喚獣は多い。
 どの世界でも、基本的に、ナメられたら終わりなのだ。


(みたところ、存在値はほとんどなし……アレは、単なる嘘つきの小精霊……どうやら、ゴートは失敗したみたいね……もしかして、ラムドの記憶は持っていても、能力は同じではないのかしら……もし、そうだとしたら、少し厄介……召喚能力のないラムドなど、ただレベルが低いだけのリッチ……今は魔人か……なんであれ、バロール猊下の望みに叶うだけの巨悪は成せない……さて、どうしたものか……)




 後ろで、UV1が色々と考えている間、
 ゴートは、


「それほどの神霊なら、できることもすごいんだろ? お前の能力について、ぜひ、ご教授願いたいね」


「テプの力は、テプを呼びだした神に、ガチャルトホテプ・ガチャを引かせる事ができるっていうものだよぉ」


「俺は神じゃないんだがねぇ、まあ、いいや」


「テプ・ガチャはすごいよぉ。数ある神のガチャガチャの中でも最上位。はずれなしの、最高峰ガチャ」


「へぇ……ガチャか……ん~……俺、ガチャ運は最悪なんだよなぁ……大きなハズレは引かないが、大当たりも引いた事がない……」


「じゃあ、引くのやめるぅ? テプは、別にそれでもいいよぉ」


「いやいや、ひくひく。はずれないんだろ? じゃあ、一応、引くさ。神のガチャなら、中当たりでも、かなりのチートがもらえそうだ」


「じゃあ、どうぞ。テプのほっぺにチューして」


「……マジでか……この画、大丈夫か? 色々な法律に引っかかる気がするんだが……まあ、いいや。ふぁっきゅぅ、都条例」


 覚悟を決めると、ゴートは、ガチャルトホテプの頬にキスをした。


 すると、
















 ――???のアリア・ギアス発動――


 ?????????????????????????????


















 ――連発する異常。


 世界の法則、
 その根底が狂っていく。






 究極の可能性に、究極の???が合わさって、
 ゴート・ラムド・セノワールの神話は加速していく。



















「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く