『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

16話 ラムドとバロール

 16話




 と、ちょうどその時だった。
 空間が歪んで、一度、バチっと電流が走る音がした。


 音がした方に意識を向けてみると、


(……ん? 誰だ?)


 そこには、猿顔の偉丈夫が立っていた。




 その姿を見つけるやいなや、UV1が、






「ば、バロール猊下?!」






 驚きのあまり大声をだしてしまった。
 その事を軽く恥じつつ、即座に片膝をついて頭をたれるUV1。


 その姿を見て、ゴートは、


(猊下……ねぇ……あの猿顔……もしかして、さっき教わった神の一柱か? ……どうやら、俺も、頭を下げておいた方がよさそうだな)


 UV1の姿をマネて、片膝をついて、軽く頭の位置を下げておく。




「顔をあげていい」




 許可をもらい、UV1が頭をあげた。
 続けて、ゴートも、クっと目線の位置をあげる。




 UV1が、


「どうなさったのですか、猊下。このような下層にまで足を運ばれるなんて」


「色々と事情が変わってな……」


 少し疲れた口調でそう言うバロール。
 シューリから急に、『もう飽きた。あとは好きにやれ』と言われてから、バロールは計画の修正に奔走していた。
 シューリのプランは『シューリがいてナンボ』という部分が多い『なかなか綿密な計画』だったので、シューリがいなくなると、色々と複雑かつ面倒な調整が必要になってくる。


 シューリの頭脳があれば一瞬だろうが、バロールの頭脳だとそうではない。
 バロールもバカではないが、マルチタスクは苦手だったりする。


(結局、こうなった……だから、終理殿下と仕事をするのはイヤなんだ。あの御方は、ゼノリカを完全にナメきっている。なぜ、あのような暴挙が許されるのか……まったく……)


 心の中で愚痴をはき、


(まあいい。下手にゴチャゴチャと口出しされるより、全部任せていただいた方が、こっちとしてはむしろ楽……神帝陛下の御命令……私が、私の才覚だけで、完璧以上に遂行してみせる……)




「猊下? どうなさいました? お顔が優れないようですが?」


「別になんでもない。気にするな。それより、ラムドはどこだ?」


「ぇ、あ、こちらに」


 そこで、ゴートに視線を向けるUV1。


 UV1の意図を理解したバロールは、ゴートを見て、怪訝な顔をして、


「なに? ……どういう……何があった?」


「あぁ、その……」


 UV1がどう説明したものかと逡巡した、そのすきをついて、ゴートが、


「お初にお目にかかります、バロール猊下。ラムド・セノワールと申します」


「ラムドは、かなり年老いた風貌のリッチだったはずだが?」


 ラムドは、老人タイプの進化種。
 だが、目の前にいるのは、壮年期の魔人。


 確かに面影はあるが――


「つい先ほど進化いたしまして、寿命が出来てしまったため、秘蔵の若返り薬を使い、このように仕上げた次第でございます」


「……ふむ。進化ねぇ……なるほど。まあ、お前からすれば、現状は、なかなかの緊急事態。そういう事もありえるか」


 納得したように頷くバロール。
 決してバカな訳ではないが、『頭を使うのが好きな訳ではない』というのも事実。
 『その卓越した肉体でもってゴリ押しする』――だけが取り柄ではないが、しかし、それが最も性に合っているのも事実。


「それで、猊下。私に何か御用ですか?」


 結果、バロールは、ラムドの変化に対して、特に頭を動かすことなく、


「うむ」


 サラっと、


「お前には、魔王国の現状維持をさせるつもりだったが、その予定を大幅に変更する」


 当初の予定通りに事を進め出す。
 そんなバロールの発言を受けて、ラムド(ゴート)は、反射的に、軽くあごをしゃくって、




「ほう」




 頭の中で、バロールの命令が何を意味するのかを必死に考えているゴートに、バロールは、たんたんと続ける。


「基本的なルートに変更はない。だが、魔王国のポジションにはテコ入れをする。ラムド、魔王国の内政に力を入れて、国力を上げろ」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く