『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 終わりの始まり

 10話


 ラムドがUV1に切り返した理由は、ただ一つ。
 本当のカリスマを知っていたから。
 リーンは脳筋お花畑のバカ魔王だったが、カリスマだけは本物だった。




 ゆえに、ラムドは本気で思った。
 『神を目指す者が、カリスマ力で、リーン程度に負けるとはいかがなものか』と。


「神になるおつもりなら、ドンと構えておかれては? 責任の所在を探しまわるような小物が、天の上に立つ事などできますまい」


「ナメた事を……」


「おお、恐い、恐い。なんという殺気じゃ。ションベンをちびってしまいそうじゃのう、ひひひ」




「……ちっ」




 UV1は、軽く舌うちをしてから、ムスっとして黙った。


 なぜなら、ラムドの言う事に理があると判断したから。


 UV1はゼノリカの天下に属する者。
 合理を提示されたら頷くしかない立場にある。
 どんな時でも、決して醜い不条理には犯されてはならない。
 それがゼノリカの神法。




 ゼノリカでは、生命が愚かで醜いという事を認めている。
 そこから目をそらさないと決めた覚悟。
 その上で叫ぶ合理の結晶。
 それこそが、ゼノリカ神法の根底。


 人は善ではない。
 けれど、だからこそ、
 『それでも善であろうとする想い』は尊くなる。










 ――理を前に黙ったUV1の事など、もはや頭の中にはないようで、ラムドは、たんたんと召喚の準備を進めていく。


 そして、結果的には、十分ほどで、


「完成じゃ……ひひひ……素晴らしい……これぞ……これこそが、完全なる、理論上最高の召喚……」


 ラムドは、恍惚の表情で、


「神という、最高位の高次生命が本当に実在するのなら……召喚できねばおかしい……そういうレベルの召喚術式」


 その発言を聞いたUV1は、心の中で、


(ここにあるのは、しょせん、クオリティ10以下の素材ばかり……そんなもので、天上の方々の召喚などできてたまるか)


 UV1は、神帝陛下という存在を信じてはいない。
 しかし、天上の方々がいかに優れているかは知っている。
 信じているのではなく、知っている。


 途方もなく優れた『力』を持ち、『命』を正しく使おうとしている超位存在。
 絶対的な権力・武力を持っていながら、決して歪まず、まっすぐに、
 ただ純粋に、悪く言えば頑固なほど、『善』であろうとする、
 心から尊敬するに値する超高次の存在。


 そんな天上の方々を、この程度の術式で召喚する?
 笑い話にもならない。




「さあ……はじめよう」




 言って、ラムドは、はニタニタと笑いながら、その魔法陣に、フラスコの中の青い血を垂らした。


 その瞬間、


















『?????????????????????』


















 妙な声が、ラムドの頭の中に響いた。
 聞き取れなかったが、


「なっ……ぁっ……」


 何か『とてつもない事』が起きたという事だけは理解できた。


 全身が震えた。
 頭の中を、途方も無いビジョンが埋め尽くす。


「これは……いったい……」


 そして、理解する。




「た、足らん……この召喚を成すためには……素材が……」




 何が足りないか、それすら頭の中に浮かぶ。
 理解。
 上書きされていく高次理解。




「ひ、ひひひ……」




 最高次理解に至ったラムドは、




「いいじゃろう……くれてやる……わしの全部……わしの魂魄を……持っていくがいいぃいい!!」




 ラムドの発言を聞いて、UV1が、


「?! は?! なに?! ちょっと待て! 何を言っている! ラムド! お前には、これから、やってもらわなければいけない任務が――」


「ひひひ! 知ったことか! 出来るかもしれんのじゃ! 真に究極の召喚! ぬしにはわからんじゃろうが、今、わしの頭は、『どこか』とリンクしておる! ここがどこかさっぱりわからん! しかし、『世界』ではないと認識はできておる! まるで夢。幻想。何が何だかわからんが……そこから引っ張ってこられるのじゃ……わかるか? わからんじゃろう。わしにも、わからん! しかし、分かる! ひひひひひ! カツモクせよ! わしの全てを注いだ、究極の召喚を、見届けよ! さあ、来い! わしを踏み台にして、こちら側へくるがよい!」


 ラムドの魂魄が、光の粒になっていく。


「ひひひひひひひ! 最初から最後まで召喚と共にあった、この命……最後に……届いた……我が生涯に……悔いはない!」


 分解されて、拡散していく。
 そして、浸透していくんだ。
 濃度の高い方から低い方へ、
 濃度の低い方から高い方へ、


 ――混沌としたコスモゾーンの先へ、奥へ、


 運命の序列に従うように、意識が行儀よく遠のいていく、
 その一瞬、


 ラムドは確かに聞いた。
















 ――よくわかんねぇが、
 ――あんたが、俺を呼んでくれたのか。










 その声は、




 ――感謝するぜ。
 ――マジで、
 ――ほんと……


 ――だから、


 ――行くなよ。
 ――礼くらい言わせてくれや。














 ――器をなくしたというのなら、俺が器になってやる。
















 ラムドをすくいあげた。
 コスモゾーンへと還っていく直前の、ラムドの魂魄の欠片をすくいとって、飲み込んだのだ。




















  ――  裏イベントスイッチ001 ON  ――


 ???????????????????????













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く