『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

3話 交渉

 3話




「ハルス。シグレがあんたと交わした契約内容の詳細は既に聞いている」


 ゼンはそこで、シグレから聞いた内容を、復唱した。
 ――可能な限り、冒険者試験で手を貸す。
 ――ハルスも合格するつもりで受けるから、もし、『ハルスとシグレ、どちらかしか受からない』という状況になったら、その時、ハルスは自分を優先させる。
 ――『努力さえすれば、どちらも受かる』という状況下でなら、必ず全力でサポートする。


「完璧な契約だ。それでいい。変な感情値が入っていないから、むしろ計算しやすい」


「最初にハッキリと言っておくが、お前を助けるってのは契約の範囲外だぜ。俺は、金貨20枚分、そっちの女のサポートをするだけだ」


「そこを、少しだけ融通きかしてくれないか? おんぶや抱っこを頼むつもりはないが、俺は頭が悪いんだ」


「だろうな、顔見りゃわかるぜ。チ○カスを煮詰めたような顔をしていやがる。残念だが、『チ○カスを煮詰めたような顔をしているヤツには手を貸しちゃダメだ』ってのが、今決まったウチの家訓でな。自由を信条とする俺だが、代々伝わっていく予定の家訓だけは破れねぇ、悪いな」


 絶えず切り込んでくるハルス。
 明確な拒否の意思表示。
 しかし、ゼンは、あえて反応せず、
 ただただ真摯に、


「もし、知恵が必要な時は、軽く力を貸してほしい。魔人はすべてのステータスが優れていると聞いた。つまり、あんたは頭もいいってことだろ?」 


 余計な疑念を抱かせないよう、ハルスが勇者だという事は知らないていを貫いて、ゼンは言う。


「全力で助けてくれなんて言わない。ただ、頭を回さなければいけない時は、ちょっとだけ手助けをしてくれ。もちろん、謝礼は追加する」


「……俺の発言は耳に入りませんって? 実にクールなシカトじゃねぇか。殺してぇ」


 イラっとした態度を前面にだしたあと、


 ハルスは、ニタっと笑って、


「ちなみに、その、追加の謝礼ってのに、お前の命を選んでもいいのか? 『ちょっと頭を使う【だけ】のかわりに、死ね』って要求を、お前は受け入れんのか? どうだ? んー?」


 極悪な笑顔でそう問いかけてくるハルスに、ゼンは、一切ひるまずに、


「ああ、それでもいい。だから、頼む」


 そこで、シグレが、


「いやいや、ちょっ、あんた、何言うて――」


 声を出そうとしたが、ゼンが、強い視線で睨みつけて、


「少し、黙っていてくれ。頼む」


「……だまるか、ぼけ、アホか」


 シグレは、スっと、恐い女の顔になって、
 ハルスを睨み、


「ナメたことぬかすなよ、われ。いうとくけど、ゼンを殺したら、あたしがあんたを殺すからな」


 普段なら、『ぉお、恐い、恐い』と煽るところだが、


 ハルスは、シグレをシカトして、




「……お前、ゼンとかいったか」


 ゼンの目をジっとみつめ、


「……お前、今、ガチで言いきったな。俺には分かる。さっきの断言は、踏み倒す気まんまんの戯言でも、引っ込みがつかなくなったってわけでもねぇ」


「ああ、本気で言っている。命だろ? くれてやるよ。俺には、冒険者になった後でやらなくてはいけない事があるから、それが終わるまでは待ってもらう事になるが、望むというのなら、必ず払う」


「……気色悪ぃ野郎だ……」


 言いながら、ハルスは、頭の中で、『メリット』を計算しはじめた。


(便利に使われるのは趣味じゃねぇ……だが……)


 心に決めているので、『情』では決して動かないが、




(覚悟を決めて利用しあうのは、あえて忌避するようなもんじゃねぇ……)




 『反発する理由』がなく、かつ、『実』があるなら、わざわざそれを足蹴にはしない。


 あえて忌避する必要がない。
 その思想は、ハルスが自分を律する為に引いている線引き。


 ともすれば、世界や神に対する嫌悪感から、『なんでもかんでも拒否してしまいそうになるガキくささ』をどうにかするための境界線。


 ゆえに、破れない。


 ハルスは、思考の起伏を強引に殺して、


「謝礼か……そうだな……じゃあ、持ちつ持たれつ……冒険者試験で協力をしてもらおうか」


 冷静な交渉を開始する。
 自分にとっての利を純粋に計算する。


「お前もフーマーの東方出身なら、そこの女と同じで、なんらかの切り札を持ってんだろ?」










「ああ。とびっきりの切札を持っている。その気になれば、あんたを殺すこともできる」













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く