『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 そして、家族になって、

 62話










 シューリのプライドの高さは、本当に、飛びぬけてブッチぎりで異常。
 シューリの外面そとづらは、何かの策略等ではなく、
 単純に、『性格が歪んでいる』がゆえの単なる結果でしかない。


 もっとハッキリと的確に言葉を並べるのなら、
 『他者に腹の底を見せるのはイヤ』なのだ。
 その『イヤ』の『意味』は、
 『ゴキブリを口の中にいれるのはイヤ』と完全にイコール。


 ゴキブリを口にいれたところで別に死にゃしない(病気になるかもしれないが)。
 だが、死ぬほどイヤだ。
 絶対にイヤだ。
 想像するだけでもイヤだ。
 なんで、そんな事をしなければいけないんだ、ふざけんな、いいかげんにしろ。


 ――それと同じ。
 ――すなわち、明確な理由があるのではなく、単純にイヤなのだ。
 ――結果としてどうなるから等ではなく、純粋無垢にイヤなのだ。




「これに関しては、こちらの本気度を伝えるために、前払いしまちゅ。これだってかなり譲歩だという事をご理解くだちゃい」


 言ってから、シューリは、
 最後にもう一度だけ深呼吸をする。


 覚悟を決める。
 なかなか決まらない。
 当然。
 シューリは、今から――


「ほんとうに、ほんとうに、一回しか言いまちぇんから、ちゃんと聞いてくだちゃいね……すーはー、すーはー」


 ギリギリと奥歯をかみしめながら、
 少し震えながら、
 それでも、
 ハッキリと、ではなかったけれど、
 しかし確かに、










「どうか……あたしの……パートナーに……なって……く……だ……さい」










 言った。
 素で、本音を言った。


 シューリの今の心境は、一言で言えば、ゴキブリを口の中にいれている状態。
 握りこぶしをギュウギュウとしめて、込み上げてくる嫌悪感に絶えている。


 その顔を見て、
 アダムは理解した。


 この女は、本当に嫌なのだ。
 素を見せるのが、嫌で嫌で仕方が無い。




 アダムは、今のシューリを見て、こう思った。


 ――おかしい。
 ――狂っている。
 ――イカれてんのか?
 ――何がそんなにイヤなんだ。
 ――ちょっと真顔になって、一人称と語尾が少し変わっただけじゃないか。
 ――それの何がそんなにイヤなんだ。
 ――本物のバカなのか?




 アダムは、奇行種を見る目でシューリを見る。
 意味がわからない。
 理解ができない。


 ただ、シューリの本質についての理解は出来なかったが、
 しかし、だからこそ『痛いぐらいに伝わってきた事』が確かにあった。










 ――つまり、本気だって事。










(本当の同盟……パートナー……確かに、この女の利便性を考えれば、むやみやたらと敵にまわすよりも、味方にした方が賢い。敵として考えれば最悪だが……味方だと思えば、これほど頼りになる者はそういない。なんせ、勝利と幸運の女神……)


 女神の中の女神。
 この世の誰もが、心の中では、最初から最後まですがり続けている天の光。
 この世の誰よりも味方に引き入れたい究極のワイルドカードと言えよう。


(……それに、実際、主上様の『過去の記録』がもし本当に残っているのなら……それは、確かにとてつもない財産であり、それが共有という限定条件つきではあるものの、自分のものになるのは非常に大きい……奪い取って私だけのモノにしてやりたいという気持ちもあるが、それは、つまり、結局のところ、最初に戻るだけの話。シューリを殺せなければ出来ないし、シューリを殺すのは非常に難しい……)


 アダムは、ぐるぐると頭を悩ませた結果、


 ついに、


「裏切りは絶対にありえない……一度でも、貴様が私に、わずかでも、ほんの少しの疑念でも感じさせた段階で関係は終了。それでも構わないのなら……本気で、貴様の……君のパートナーとなろう」


 返事を受けて、シューリは、いつものニタニタ顔に戻り、


「誓いまちゅよ、絶対に裏切りまちぇん。オイちゃんと、アーちゃんは、今日、この日より、流血で繋がった家族」


 言いながら、シューリは、自分の首をアダムに差し出した。
 すぐに意味が理解できたアダムは、


「いいだろう……その覚悟、確かに受け取った」


 言いながら、シューリの首にかみついて、ギリっと肉を噛みちぎり、ドクドクと溢れるシューリの血を飲んだ。


 続けて、アダムも首をさしだす。
 同様に、シューリも、アダムの首を噛み、流れる血を飲んだ。


 コクコクと喉がなる音。
 近づいているからわかる。




 トクトクと、シューリの心臓が拍動している。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く