『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

61話 本当の同盟

 61話




「どこかで……『貴様に負けるのは仕方がない』などと、クソみたいな事を考えている自分がいる……それが何よりも憎い……貴様が、ただのメスブタならば……無邪気に、呑気に、ただ全力で、殺す方法だけを考えていられた……だが、貴様は……強い……本気で闘ったから分かる……貴様は美しい……貴様の方が、ふさわしいのではないかと、そんな事を思わせるほどの確かな輝きで満ちている……」


 本気の本音だと理解できた。


 シューリの脳に、また電気が走った。


 この女は、実直だ。
 ワルく言えば愚直。
 本物のおバカさん。


 『友になろう』と言ってきた時も、まあ、本当に、ヘッタクソだった。
 腹芸が不得意という不器用さ。


 それだって、完全に欠点だし、
 実際、ついさっきまでは、
 『無能が……』
 と、アダムの不器用さに腹立たしさすら覚えていたが、
 視点を変えてみれば、


(かわいい……)


 やはり、そんな事を思ってしまう。


 アバタ、エクボ。


 もう完全に、
 シューリは、アダムに堕ちていた。
 『それが狙いだった』ならば、見事な手腕だと尊敬するレベル。
 だが、これは違う。
 ただの素。
 アダムという女の人間性(人間じゃないが)。


 そこに、シューリは堕ちた。
 全てが完璧という訳じゃない。
 ただ、欠点すらも愛おしく感じ始めてきた。
 だから、結果として、限りなく完璧に近づいた。
 すべては、それだけの話。


 ゆえに、シューリは、


「アーちゃん」


 問いかける。
 聞きたい。
 必要はないが、
 確認だけしておきたいというワガママな欲求。




「おにぃのこと……ぃや」


 そこで、シューリは、ゴホンとセキを一つはさんで、


「センの事……好きでちゅか?」
「当たり前の事を聞くな。主上様に惚れない女などいないだろう」
「オイちゃんは別に、センの事、好きじゃないでちゅよ」
「ウソをつくな」
「ホントでちゅよ」
「アホか。ホレている男の話をする時以外で、女がそんな顔をすることはない」


 そんな、アダムの言葉を受けて、
 シューリは、ニタニタ顔ではない、満面の、ニコっとした笑顔を浮かべて、










「ははは……まあ、そうでちゅよね」










 シレっと、そう言った。
 常識。
 共通認識。
 共属意識
 溢れてくる共同体感情。




 観念と観念が結合していくのが分かった。
 本当は、最初から、コミュニティだった。
 だからこそ反発する部分もあったけれど、
 実はアソシエーションになりえた関係性。




 ――シューリは、目を閉じて、


「んんっ」


 と、何かを飲み込んでから、


「アーちゃん」


 パっと目を開き、アダムの目を見て、


「オイちゃんと……本当に同盟を結びまちぇんか?」


「……バカが。もうこっちは本音をさらけ出したんだ。いまさら、探り合いを続ける気はない。私と貴様は――」


「この期におよんで、探り合いするほど、オイちゃんだってバカじゃないでちゅよ」


 ニタニタ顔はやめられない。
 だが、少しだけ真摯な声音にはできた。


 進歩というよりは配慮。




 だが、そんな違いなど、理解しろという方が難しく、
 だから、アダムは、相変わらず怪訝な顔で、シューリを睨んでいる。


 人間関係(どっちも人間じゃないけどね)の難易度を理解する。


 探り合いは終わっていない。
 けれど、これは、反発によるものではない。
 歩み寄り方の探り合い。


 アダムはまだ知らない。
 シューリが『折れてくれた』という事に、まだ気付けていない。


「しょうがないでちゅねぇ。オイちゃんと同盟を組むメリットを提示しまちゅ」


 そこで、シューリは、はぁあっと溜息をついて、


「まず、本気でケイコをつけてあげまちゅ。そうすれば、オイちゃんにグっと近づけまちゅよ」


「自分を殺せる存在をわざわざ自分で生み出そうというのか? はっ、前提からして、ありえないな。そして、仮にその申し出が事実だったとしても、わざわざ貴様の手を借りずとも、私には、主上様という、極致理想の道標が――」


「センは、あれで意外と感覚派でちゅから、人に教えるのはヘタでちゅよ」






 センの教え方は、かなり極端にいうと、


 ――敵がこう、こっちにダーっとくるだろ?
 そこを、右か左で、こう、ガーっといくんだよ。
 そしたらバチコーンと、なんだかんだで、王手飛車どりってな具合なワケよ。
 オーライ?


 ――みたいな感じ。
 もちろん、本当のところは、そこまでミスターな感じではない。
 単純な『現闘の指導』ならば、そこそこ普通にもできる。
 だが、神闘の指導となると、複雑になりすぎて、センのスペックでは処理できなくなる。
 自分が理解するので精いっぱいで、それを、他人に教える事はできなくなる。




「あれに教わっているようでは、いつまでたってもオイちゃんには追いつけまちぇん」


 続けて、シューリは、


「メリット2、アーちゃんが知らないセンの事を教えてあげまちゅ。なんだかんだ、センと一番近い関係にあったのはオイちゃんでちゅから、他の連中よりも昔のセンについて色々詳しいでちゅよ。あと、オイちゃんは、センの事が……まあ、アレだったわけでちゅから、色々と記録も残していまちゅ。写真とか音声とか、色々……それを、アーちゃんとの共有財産にしてもいいでちゅよ」


 さらに、シューリは、


「で、これが一番のメリットなんでちゅけど……」


 シューリは、さらに、すぅう、はぁあっと深呼吸をして、


「この世で誰も見た事がない、オイちゃんの本音が見られまちゅ」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く