『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

33話 幸運の女神様

 33話




「Rアイデンティティ。安い運命操作は常時完全無効。アダムちゃんが呪われる確率は1%以下。99%以上の確率でオイちゃんが呪われてしまう、オイちゃん的には地獄のルーレット」


 シューリの言葉を聞いて、アダムの頭に浮かんだのは、当然、センがシグレとの勝負で使ったサイコロ。
 ちなみに、センのDアイデンティティは、シューリのRアイデンティティから着想を得て創ったもの。
 ――ようするには完全なパクリである。




「さあ、動けなくなるのはどっちでちょうねぇ」




 シューリが、再度、パチンと指をならすと、ルーレットが唸りをあげて廻り出す。
 ギュルルルルルルッと高速で回転し、三秒弱でビタっと停止。
 矢印がさしているのは、ほんのわずかしかないアダムの青。




「はっ。何が運命操作は無効だ。完全に操作しているじゃ――」




 不正を指摘しようとした、と同時、


「――っ?!」


 アダムの体が、ビシっと固まった。


(……くっ……本当に、動けない……今の私を止めるとは、いったい、どんな手品……しかし、どのレベルであろうと、呪縛ごとき、すぐに抵抗して――)


 呪縛など、ゴミのような技。
 レベル一ケタのカスでも使える低位魔法。
 高位になるにつれて解除手順が面倒臭くなるが、基本構造は同じ。
 つまり慣れている。
 対処方法は完全に理解できている。
 今の自分に通用するものか、バカバカしい――そう思ったが、


「ぐぎぃいいい! はぁああああ?! な、なんだ?! どうなっている?! ありえない! なんだ、これ! なぜ、呪縛ごときが解除できない!!」




「自力の解除はむりでちゅよ。そういうルールでちゅから。1%以下の大凶を引いた自分の不運を恨んでくだちゅい」




「ふざけるなぁ! どういうことだ! なぜ、あんなお遊びでっ――か、完全に確率操作しただろうが! くだらない手品でしかなかったのに!! なのに、なぜ、こんなっ――」




「してないんでちゅよねぇ、これが、マジで。そこに『干渉』しちゃうと、効果が薄れちゃいまちゅからねぇ……」




 言いながら、心の中で、


(まあ、もちろん、『完全に何もしていない』という訳でもないがな)




 などとつぶやきつつ、シューリは、また、パチンと指をならした。
 すると、その右手に、52枚のカードが出現する。


「Tアイデンティティ。まあ、Rアイデンティティと似たようなものでちゅよ」


 パラパラと、マジシャンのように、手の中でカードをもてあそぶ。
 かすかに見えるカードの中身は、完全にトランプ。


「そうでちゅねぇ……今回は『交換なし一発勝負のポーカー』にしまちょうか。もし、ブタだったら、オイちゃんは死んじゃいまちゅ」


 たんたんと、イカれた事を口にしていくシューリ。


「ただし、ワンペア以上が出たら、通常だせる力の2倍のダメージを出す事が可能となりまちゅ。ツーペアなら25倍。スリーカードなら50倍。ストレートなら255倍、フラッシュなら500倍。フルハウスだと、700倍くらいでちゅね。ちなみに、ストフラなら7万倍ものダメージ上昇率になるんでちゅけど、まあ、流石にそこまでは望みまちぇんよ、あははー。さぁーて、ブタにはならないでくだちゃいねぇ、オイちゃん、まだまだ死にたくないでちゅよぉ」




 カラカラと笑いながら、シュバババババっと華麗にシャッフル。
 しっかりと混ぜてから、シューリは、
 ババババッと、山札からスタイリッシュにカードを五枚引いた。


 その手札は、


「おぉおおお! ロイヤルストレートフラッシュじゃないでちゅかぁ! うわぁあああ、ウルトラスーパーラッキーでちゅぅ! 超うれしいでちゅぅ! 感激でちゅぅ! こんな局面でこんな最強の役を引くだなんて、やっぱりオイちゃんは持っているようでちゅねぇ!」


 と、大げさに喜んでみせたあと、


「……まあ、ぶっちゃけ、オイちゃん、ロイフラ以外、あんまり引いた事ないんでちゅけどねぇ」


 サラっとそんな事を言いながら、
 シューリは、その手札を天に向かってバっと放り投げた。


 五枚のカードは、空中で、ギュルンとねじまがり、鮮血色のラインが入った黒耀宝剣となる。


 荘厳なオーラを発しているその剣は空中で浮遊し、ブルブルと震えたかと思うと、スゥっと、分身していく。
 次々に分身していく荘厳な黒耀の剣。


「出た役に応じて『分身する本数』が変動。ロイフラなら、65万本。さあ、耐えられまちゅかねぇ。ちなみに、この剣、一本でも、まあまあのダメージが出まちゅからね。MAX存在値が5000億くらいのザコなら一撃で殺せまちゅ」











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く