『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

15話 3人融合

 15話




 その様子を見たセンは、


(……あれー? なんでだ? サイと融合した今のアダムは、あの時と、状況的には同じのはずなんだが……)


 そこで、プロパティアイでアダムを見てみた。


(存在値……1500ちょっと……んー?)


 思っていたよりも遥かに低い数字。
 普通に素存在値で3000、MAX存在値17兆になると思っていたのだが、


(なんだ、このクソみたいな数字は……融合じゃダメってことか? サイに喰われる形じゃないとダメ? ……いや、でも、サイと融合している今の状態だと、間違いなく、アダムの神種は芽吹いている)


 神独特のオーラ。
 現世の者では絶対に出せない上質な気配。


(奪われていた時の話とはいえ、事実、アダムは、一度、目覚めている。この状態ならば自由に覚醒できるはず……なのに、出来ていない……んー、なんでだ?)


 必死に覚醒しようとしているアダムを見つめながら、センは心の中でつぶやく。


(もしかして、サイのコアオーラを書き換えたから? それとも、他の何か……)






「はぁ……はぁ……ど、どうして……」






 アダムは、バカみたいに気合いを入れるだけではなく、サイを意識のベースに置いてみたり、体の状態を、あの時に最も近い状態にしてみようとしてみたり、頭をフル回転させながら色々と試してみた。


 しかし、どれだけ気合いを入れても覚醒できなかった。


 その姿を見て、


(むりか……マジでわけわかんねぇ……まさか、誰かが邪魔をしている?)


 答えのシッポに触れた気がした。
 しかし、理由は分からない。


(……いやがらせか、それとも……)


 センは、考えてみたが、当然、情報が少なすぎて、答えの本核には辿りつけない。




(まあ、いい。いま考えても分からない事は後回しだ……それよりも当面も問題。どうやら、アダムは神化できねぇらしい……こいつはなかなかの大問題。ぶっちゃけ、カンスト級のアダムがいるって事を前提に練武プランを立てていたからなぁ……さーて、どうすっかなぁ……予定が狂ってきたぞ……)


 プランを練り直していると、そこで、ユンが、


「ねぇ、ちょっといい」


 センにそう声をかけた。


「どうした?」


「ワタシも融合したいから、あの指輪を用意してくれない?」


「……どうした、急に」


「正直なところ、ワタシ、何の役にもたっていないじゃない?」


「そうだな。情報も、ぶっちゃけ、大したものはなかったし。今では、ちょっとした下界の監視役でしかない……まあ、それも重要な仕事と言えなくもないが……別にお前でなくてもいい」


 すでに、ユンからの情報収集は終わっている。


 《天国の最奥に封印されている『謎の箱』について》
 や、
 《原初の『創世』に関する伝説》


 などなど、それなりに面白い知識もあったが、
 どれも、なんだか都市伝説的で、核心には触れておらず、
 そもそもにして、
 もっとも欲しかった『原初の深層を解明するための手掛かり』などはなかった。


「だから、少しくらいは役に……と思っただけよ」


「……んー、三人合体になると、デメリットが増えるからなぁ……」


 三人合体は可能。
 しかし、合体時間が極端に短くなったり、戦闘力がわをかけて大幅に低下したりと、大きな問題が発生する。


『存在値100(戦闘力:かなり強い)』
『存在体90(戦闘力:かなり強い)』
『存在値80(戦闘力:かなり強い)』
 仮にこの三者が融合した場合、
 ほぼ確実に、存在値『150(戦闘力:ハナクソ)』となる。






 合体すればするほど強くなれるという訳ではない。
 むしろ、合体は、すればするほど弱くなる。


 もちろん、『異常に相性がいい場合』などの例外はある。


 そして、異常なほど相性がいい場合だと、


『存在値50(戦闘力:まあまあ)』
『存在体50(戦闘力:まあまあ)』
 が融合して、
 存在値『170(戦闘力:強い)』となる場合も、なくはない。
 が、とうぜん、そんなものはかなり稀である。


 相性とは『双子である(遺伝子がほぼ同じ)』とか『同じ系統の学者である(脳のシステムがほぼ同じ)』とか、共通点があればあるほどいい――という訳でもなかったりと、色々複雑。


 ただ、もちろん、完全な同一人物の場合、話は別。
 たとえば、ゼンとセンのように――










「……まあ、いいか。ものはためしだ」


 そこで、センは、創造の魔法を使い、ユン用の指輪を製作しはじめた。


 まちがいなく究極超神器だが、今のセンなら、数分で創れる。
 センの創造魔法は、もはや、極致の向こう側にある。










 ――数分後、指輪を受け取ったユンも、当り前のように、左手の薬指に装着する。
 そして、アダムのもとまで近づいて、


「アダム、手を出して。まさか、いやだなんて言わないわよね?」


「……主上様がお決めになられた事に反するつもりはない」


 言いながら、


「しかし、貴様程度が加わったところで、どうにかなるとは思わないがな。というか、戦闘力がダダ下がりするだけのような気がする……」


「もしそうなったとしても、解除すればいいだけの話でしょ?」


「……まあ、そうだな」


 言って、アダムは、手の甲を差し出した。


 ユンが、ソっと指輪を合わせる。


 そして、はじまる。












 ――暴愛のアリア・ギアス発動――


















 ――ガチィイイイイイイイイイイイイ!!!










 まるで、世界の全てがかみ合ったかのような音がした。
 そして、全てを包むような輝き。
 暴風のような光の嵐。




 研ぎ澄まされた神のオーラが、銀河のように渦をまく。










 アダムが――






 --完成する。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く