『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

10話 自分に対する、長い言い訳。

 10話




 俺は、自分の欲望に対して、まあまあ忠実だったと思う。
 『強くなり続ける事』ができた間は、ずっと、それだけを追い求めていた。
 その結果として、色々な救済に繋がった。
 そんだけ。
 ……でもないか、やっぱり。
 まあ、頑張って世界に尽くしたのも事実ではあるって事で。




 『まだ強くなれた時期』からずっと、俺は、いつも誰かを守っていた。
 『限界を迎えて、強くなれなくなってから』は、
 人生の大半を、『救済』に費やした。




 多くの命を、ただ守った。
 守り続けた。


 なんでだろう。


 分からない。
 少なくとも、そんなの、『やりたい事』ではなかった。
 だって、俺は、『強くなりたかっただけ』なんだから。


 夢が死んだ絶望の中で、未来が潰えた空虚さの中で、
 俺は、多くの命をただ守った。


 『もうこれ以上には成れない』
 俺にとっては、それ以上の絶望はなかった。
 『それだけの力があれば、なんだって出来るだろ。今ある力で楽しめばいいじゃん。今の力でも、なんでもできるんだから、もっと色々やればいいじゃん。少なくとも10000年そこそこで飽きるような力じゃないだろ』
 かもな。
 正論だ。
 実際、やろうと思えば、もっと盛大かつ多角的に暇をつぶせた。
 たとえば、俺、ロックスターとかにはなった事がないんだよね。
 なろうと思えば、むりやり成ることもできたけど、俺はやらなかった。
 小さいところでいうと、スキューバダイビングとかも、俺やったことがない。
 別に世界中の全ての本を読んだわけでもないし、






 もう、ぶっちゃけちゃうと、俺、ドーテーだしね。






 やってない事は多く、できる事はいっぱいある。
 だから、正論だよ。
 『俺の力』があって、『人生』に飽きるのは、ハッキリ言って、はやすぎる。


 けど、それは、俺以外の誰かにとっての正論だ。
 俺は、そうじゃない。
 そうじゃねぇんだよ。












 限界を迎えてからは、正直言って、なにもかもが苦痛だった。
 戦闘力も存在値も『限界』に達してしまった俺の視界に映る世界は、白黒の箱庭だった。
 見慣れた世界で、見慣れた生き物が、見慣れた苦悩と闘っている。
 くだらないとしか思えなくなった。
 『だからなんだよ』としか思えなくなった。
 俺は正義の味方じゃない。
 ヒーローでもない。


 ヒーローを演じるのにも飽きてしまった、空っぽの神様。
 勇気を叫ぶ必要もなくなった、最強というからっぽ。
 『ヒーロー見参』を口にしなくなってどのぐらい経っただろう。
 どんな絶望を前にしても、一瞬で、頭の中に、『それに対する完璧な処理方法』が浮かぶようになってどれくらいたっただろう。
 呼吸するよりも容易く、世界を救えるようになって、どのくらい……




 リズムが変わらないルーティン。
 まるで内職。
 封筒にチラシを入れて糊づけするかのように、
 たんたんと無機質に世界を救いだした俺。


 くだらないとは流石に思わなかった。
 いや、本音を言えば、くだらないと思っていた。


 俺、なんで、こんな事をしてんだろう。
 何度か、マジでそう思った。


 だって、別に世界を救いたいって欲とかないんだもん。


 これまでだってずっとそう。
 やんなきゃいけないから、やってきただけ。
 嫌いなヤツの好きなようにされるのがイヤだっただけ。


 ――イヤだったから――
 結局、それだけなんだよ。
 やりたかった訳じゃない。






 あの200億年で、真に悟る事が出来ていれば、
 もっと違ったのかもしれないけれど、
 結局、悟った気になるのが限界で、
 真理には届かなかった。


 だから、ソウルゲートを出てからも、ずっと苦しんだ。
 俺は、結局、自由にはなれなかった。
 いつだって、自由になれた気がして終了だった。


 この両手両足は、いつも、責任って鎖に縛られていた。




 俺がやりたかったことは、最初から一貫していた。
 ただ、どこまでも強くなりたかっただけ。
 できることを増やして、
 膨らみ続ける夢を叶え続けたかった。


 けど、『できる事を増やし続けること』が俺の夢だったから、
 カンストを迎えて、当然のように絶望した。
 俺は、特別、『何か』がしたかったんじゃない。
 最初から、空っぽだったんじゃないかって?
 違う。
 それは断じて否。


 『できる事を増やし続ける事』のみを想う、
 その気持ちをからっぽだとは言わせねぇ。














 ずっと、ずっと、『強さ』を、ただ追及していたかった。








 秩序とか諸々を考え出すと、本当に大変というか……しんどい退屈と向き合わなければいけなかったから、本当にいやだった。


 そんなのは、神に成る前のゴタゴタで飽き飽きしていたんだ。


 好きに暴れて、好きに強くなって……


 ただそれだけの日々を過ごしたかったけれど、
 俺は、世界の秩序を守り続けた。


 カンストしてからは、より一層。
 『死んだ未来』を飲み込んで、白黒の箱庭を救済し続けた。


 俺にしか出来なかったから?
 それもある。
 けど、それだけじゃないような気もする。


 カンストして以降は、『何もしない』という手もあったはずだ。
 けど、俺はやった。
 暇だったからじゃない。
 それもなくはないが。








 いつだって、なにもかもが、表裏一体。
 一言では言えないよ。
 一概にはなりえない。
 俺にだって、感情はあるから。
 俺はゲームのキャラクターじゃない。
 ゲームのキャラクターにも感情はある?
 じゃあ、俺も、あるいは、ゲームのキャラクターなのかもね。
















 ★




 で




 この、原初の世界でも、俺のスタンスは変わらない。
 俺は、秩序を守り、弱い命を守りながら生きる。
 もう、この行き方を変える事はできない。




 ただ、少しだけワガママを言わせてくれ。


 『種』は蒔いた。
 ゼノリカも貸してやる。


 もし俺が消えても、
 総合スペックなら俺を凌駕している究極の女神が上に立つ。


 俺は世界を守ってきた。
 それなりに役目は果たしてきた。
 大きな責任を取ってきた。










 だから、










 ここからは、
 ちょっとだけ、










 ――好きにやらせてくれ――









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く