『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

11話 最善の追及

 11話




「はぁ……はぁ……ははっ……超えたぞ……意外と、簡単にこえられたな……存在値18兆の壁……へへ……」


 しっかりと二本の足で大地を踏みしめたまま、
 天に向かって、荒く息をはきながら、そうつぶやくセン。


「究極超神化7も……少し見えてきたぞ……行けるな……そう遠くない未来……俺は、夢にまで見た、究極超神化7に辿りつける……」


 息を吸って、吐いて、


「ただ、ここまで最短でこられたのは、カンストしてからの『余剰経験値分』を使ったからっぽい……ここから先に進む速度は少し落ちそうだな……19兆よりも上に行くには、かなり時間が掛かりそ……いや、でも、GPを振り直せば、それだけでも20兆くらい行くんじゃねぇか? ポイントが足りなくて出来なかった『夢の、超特化マルチシステム』も可能になる訳だから……くく……最終的には、ほんと、どのくらい行くんだ?」


 ニっと笑ってから、


「アダム、いるか?」


 呼びかけると、


「……はっ、ここに」


 ミニスカ浴衣の超美人が、すぐさま現れて、センの足下で跪く。


 そのたっぷりとした谷間を見下ろしながら、センは、


「膝かしてくれ」


「……膝……でございますか?」


「そう」


 センはアダムに正座するよう命じて、その膝に頭を乗せた。


 少しだけヒンヤリと、けど冷たすぎないアダムの肌。


「少し寝たい」


「こ、光栄でございます」


 頬を真っ赤にして、歓喜に体をふるわせながらそう言うアダム。


 センは、アクビをしながら、アダムの、スベスベしたフトモモを撫でつつ、


「ユン、サイ、いるかぁ」


「いるわよ」
「ここに」


 出現した二人に視線を向けて、


「現世で何かあった? 変わった事があれば聞かせてくれ」


「サイの管轄では特に動きはありませんでした」
「変わった事……は、あったわね。あれは、間違いなく、変わったことだわ」


「へぇ、どんな?」


 尋ねると、ユンは、『ゼン』の身に起こった事をつらつらと語った。


 それを聞いたセンは、


「ふははっ、マジ?」


 噴き出して、


「1000ガチャで10兆システムあてたのかよ。マジでハンパねぇな」


 ゼンとシグレが殺されかけたという点に関してはスルーした。
 シグレは覚悟を決めて、この世界に降り立った者。
 自分の命の責任は自分でとってもらう。


 ゼンにいたっては、幼いとはいえ自分。
 いくら殿堂入り側の戦力に遭遇したとはいえ、
 そんなもん、所詮はエックスレベルの困難。
 その程度、自分でどうにかできないようでは話にならない。


 弱者に対しては基本的に激甘なセンだが、
 『覚悟を抱いて生きている者』や『自分』に対してはとことん厳しい。


「しかし、エグゾギアか……あれ、微妙なんだよなぁ……特化させるのが難しくて、どう磨いても器用貧乏にしか……あ、いや、でも限界はなくなったんなら、あるいは化ける可能性はあるか? ……んー、別に趣味にあわないってわけじゃなかったし……もしかして、いけんのか?」


 システム選びは、ゲーム選びに似ている。
 RPGを選ぶのかロボットアクションを選ぶのか格ゲーを選ぶのかシミュレーションゲーを選ぶのか。


 人生をかけて極められるのが一つしかないとなれば、どれを選ぶか。
 その選択において、センは、エグゾギアは「ないな」と判断した。


「ふふっ……ちょっと面白くなってきたな。『期待を超えた何か』に達したゼンと俺の融合……どんなシナジーが起きるのか……エグゾギア……エグゾギアね……なら、それとの組み合わせをイメージしながらのビルドにするか……となると、実は今のままでも、そんなに悪くないか? うん、そうだな、少し変更はするが、おおむね、今のままでも問題はない……しかし、流石に、装備品の組み合わせは、今のままだと微妙だな。ぶっちゃけ、話にならない。……もっと尖った改造をしないと……『ヴィトゲンシュタインのアトリエ』を解放させたいところだが……ポイントがなぁ……」


 色々と考える。


 この時間。
 この至福。




 最善の追及。
 神の果てに至ってなお、まだまだ、真なる神の一手は遠い。
 その事実が、センをたぎらせる。


「くく……」


 笑ってから、センは眠りについた。


 その横に、並ぶように横たわり、センに寄りそうサイ。
 ユンは、アダムの横に腰を落として、センの頭をなでた。




 狂ったような異次元アルファの奇妙な星で、
 主人公は、超絶美少女のヒロインズに囲まれて、
 ゆうがな御昼寝に興じたのだった。










 ――圧倒的、成功者!!









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く