『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

9話 独白 理由

 9話


 ――200億年。
 子供の冗談のような数字。
 耐えきられる訳がないと、俺自身、途中で何度も思った。
 途中っていうか、序盤かな。
 とかく、最初の方がやばかった。
 何度も壊れかけた。
 はじけ飛ぶ直前までいった。


 耐えられた理由はいくつかある。


 倒したい敵がいた。
 俺は『ひたすら同じことを繰り返す事』ができる性格だった。
 強くなる事が好きだった。
 すげぇ出来がいいCPU作成装置があった。
 中は、まあまあ快適だった。
 孤独にはなれていた。


 いろいろ理由はあるが、一番は、やっぱり、




 ――助けたい女神がいたから――




 シューリを失いたくねぇ。
 あの200億年間の中で、『ソウルゲートをくぐる前の記憶』を大半失った(保存されていたため、外に出てすぐ取り戻した)が、その想いは消えなかった。
 薄れる事さえなかった。
 これはなかなか凄い事だと自分でも思った。
 自画自賛!










 ……まあ、最後、ちょっとテレで茶化しちまったが、
 俺が積み重ねた時間は決して冗談じゃない。
 軽く自嘲気味に茶化すのが限界で、どうしても、冗談には出来ないんだ。














 で、まあ、そんな感じで、俺は、神威の桜華になっちまったわけだ。
 アポロギスを倒した事で、神の王になって(王になったといっても、実際のところは、ていよく押しつけられただけだが)、
 真なる究極超神なんて看板を背負うようになって、
 最果ての頂点に至って、
 『ワガママに運命を調律する暴君』、
 『舞い散る閃光』となった。














 ★


 最強の神になるまでは、自由きままにやっていた。
 苦しい事は多かったが(本当に多かったが)、それでも、まあ、わりと奔放に楽しく生きていた。


 ただ、『神の王』になって以降の『現世に転生している際』は、現世の生命に対して、酷く気を使うようになった。
 自分でも、どうかと思うほど、色々と『過保護』になった。
 自然と、現世に生きる『弱い連中』を『裏』から守るための行動をとるようになった。
 表には一切出なくなった。
 『ただの神だったころから、ずっと、それなりに自重していた』が、神の王、神の神になってからは、完全に世界の影に潜むようになった。
 ゼノリカのルールとか、そんなんじゃなく、『そこまで至った俺』が『現世の表』に出るのは『なんか違う』と、本当に、なんとなく思ってしまった。


 ゆえに、
 しがない商人とか、
 しがない風来坊とか、
 しがない作家とか、
 しがない画家とか、
 しがない料理人とか、
 しがないカメラマンとか、
 そんなんばっかりやっていた。




 そんで、なんか面倒な事が起きそうな時は神として世界を救済する。
 もちろん、正体は秘密♪
 大いなる力には、大いなる責任が伴うって事くらい知っている、
 親愛なる隣人センエース。


 みたいな。












 とにかく、神になって以降の俺は、本当に、
 別にそうするつもりもなかったのだが、
 なんだかんだ、結局、ちゃんと、神様をやっていたように思う。


 秩序や命を、ただ守った。


 やりたかった訳ではない。
 ……ここ大事。


 考えたら分かるだろ。
 何がおもしれぇんだよ、そんなもん。
 それって、まさしく、俺の嫌いな『お使いゲー』じゃねぇか。
 どこどこにいって、だれだれを助けて。
 ――てめぇでやれや。


 もちろん、そういうのを楽しめるヤツもいるだろうぜ。
 けど、俺はそうじゃなかった。
 性格的に、お役所勤めはできねぇ。
 そんだけ。










 ぶっちゃけ、修行だけしていたかった。
 強くなる事だけが喜びだった。
 強くなるっていう言い方に限定すると、なんだか戦闘狂みたいに見えるかもしれないけれど、それとは少し違って、
 なんていうか、
 あえて整えて言うと、


 『できる事』を増やしたかったんだよな。


 盲目に『誰かを叩きつぶしたい』って訳じゃなく、
 『気に入らない奴が目の前に現れた時に、叩き潰せるように』なりたかった。
 ――そんな感じ。
 俺の、『強くなりたい』っていうのは、そういう意味。




 『誰よりも強くなりたかった』って訳じゃなく(いや、まあ、もちろん、それも、夢の一つで……けど、そればっかりってわけじゃなく)、『夢を実現するための強さ』が欲しかった。


 『戦闘の強さ』は、自由をえるために必要な最低限。
 何をするにしても必要な根本。
 世界を終わらせようとするバカをぶっとばせる力がないと、
 世界が終わって、何もできなくなっちゃうからね。


 一言で言えば、俺は、『こうしたい』と思った時に、
 ちゃんとそれを実現させるための『力』が欲しかった。


 そして、その力を得るために努力を積んでいる時間が好きだった。
 結果だけではなく、過程も楽しめたのが大きかった。


 あの200億年だって、前半は確かに色々とヤバかったが、
 どうすればいいか分かってからの後半は、なんだかんだ楽しんでいたんだ。












 いつだって、強くなり続ける事ができたから、
 だから、俺は、どんな絶望にも耐えられた。


 まだまだ先があると思っていたから、
 どこまでいけるんだろうってワクワクしていたから余計に。
















 だからこそ、限界があると分かって絶望したんだ。








 あれだけ忌避していたはずの、自殺を図るほどに。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く