『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 200年目~

 6話




 ・200年目。
 まだ瞑想は続けていた。
 気付いた時、センは、『心の作用』について、理解しかけていた。
 真理は、近づくほどに遠くなる。
 形になりかけるほどに霧散していく。
 あまりにも諸行無常。
 だが、『核はありそうだ』と理解できた。
 中心。
 まだ見えない。
 現象の最奥はまだ遠い。
 未だ見ぬ世界は遠い。
 だが、時間はまだまだある。
 センの精神は、さらなる段階に至っていた。




















 ・300年目


 もっと奥へ。
 もっと、もっと、奥へ。
 もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと、もっと。




 ――長き瞑想の果てに、
 真理は『ない』と理解できた。
 心は、ここになかった。
 魂は、ただの器でしかなかった。
 そこに何が満たされているか。
 少しだけ理解する。
 くだらないカケラ。
 それだけが全て。
 0と1が並んでいるだけに見えて、その奥には、
 それすら虚像に過ぎないという結果だけがあった。
 無為が等間隔で並んでいて、
 法を守るための法だけが、
 まるで、ウロボロスのように、
 互いのしっぽをかじりあっていたんだ。


 ここがどこか。


 誰もが、
 何もかもが、
 いつだって無様に、
 『答えのない問い』だけを追い続けている。














































 ・500年目。
『うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおい!』
『ちょっと待てぇえええ!』
『まだ、500年かぁああああい!!』
『ウソだろ?! 俺の頭、だいぶ遠いところまでいったぞぉおお!』
『なんか、悟った的な感じになったけど、まだ500年?!』
『もういいだろ! そこは、もう、【気付いた時には、200億年が経っていた……】ってなるパターンだろぉおおお! 空気を読めよ!! 流れを感じ取れよぉお!』
『あと、199億9999万9500年?!』
『アホかぁああああ!!』
『ふざけんじゃねぇええええ!!』




























 ・1000年目。
 センは、また瞑想に戻っていた。
 悟った気になるのはもうやめた。
 さかしらに、分かった気になったところで、何にもならないと理解した上で、
 その上で、
 センは、本当に悟ってみようと思った。
 世界を、運命を、自分を、
 真に理解しようと試みる。
 すべては暇つぶしなり。




































 ・2000年目。
 センはついに瞑想を終えて、立ちあがった。
 黙ったまま周囲を確認する。
 見えている風景は変わらない。
 しかし、確かに変わっている事があった。
『俺、なんでここにいるんだっけ……』
 深い深い問い。
 なぜここにいるのか。
 真の意味で理解を求めた問い。
『ああ、シューリを助けるためか』
 答えはアッサリと出た。
 その事に、センは、驚いた。


 本心だったのか、
 と、素で思って、苦笑した。


『なんつーか、俺……あいつに対してマジなんだな……』
『あいつの何がそんなにいいんだ?』
『顔はいいけど、性格は最悪だぞ』
『ひねくれていて、口が悪くて、人を常に見下していて、現世の生き物をまるごと虫あつかい』
『あんな、性悪女、死んだ方が世界のためだろ』
『邪神を鎮めるための生贄として命を捧げさせた方が世の中のため』
『うん、間違いない』
『間違いない、が』
 センは笑う。
 静かな微笑み。
『だから、なんだ? 世界の事なんか、知ったことかっての』




















 ・1万年目
『ついに来たな。一万年……』
『実は【何年に設定しようと、一万年で外に出てしまいます、残念でしたー】ってオチを少し期待していたんだが……どうやら、俺の現実は、そんなにぬるくないらしい』
『まあ、いいさ』
『見えてきたところだ』
『自分の戦闘力、その輪郭が……』
『ようやく見えてきた』
『俺は、まだ、弱い……』
『まだ足りない』
『邪神には勝てるかもしれないが……』
『あれ以上の悪が出てきたら厳しい』
『本当の強さがいる』






『俺は、まだ、何にも辿りつけていない』













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く