『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

53話 神? ははっ

 53話






 混乱する。
 上から命令が下ってくるのは、よくある事ではないにしても、これまでにも何度かあった。
 というか、天下は、天上の命を受けて動く実行部隊。
 上の命令を受けるのは当たり前の事。


 ただ、これまで、十人蒼天が受けてきたのは、高くとも五聖命王からの指令。
 大概は(といっても滅多にないが。現世でどんな問題がおきても、基本的には、十人蒼天よりも遥かに下の組織だけでも余裕で解決できる)、九華から発令され、十席が下に持ってくる。


 かつて、アンドロメダは、一度だけ、『三至天帝ゾメガからの命』を受けた事がある(その際は、パメラノが下まで降りてきた)が、その時は大騒ぎになった。
 ただ、その経験があったものだから、
 バロールが直接、命令を伝えにくると聞いた際、


(これは、二度目がきたか……? おそらく、ミシャンド/ラ陛下の……)


 と、予測をしていた。
 どんな大きな仕事を任されるのだろうとワクワクしていた。


 だが、そんな想いはふっとんだ。




「神……帝……?」




 アンドロメダは、思わず、ボソっとそう声にだしてしまった。


 それを聞いたバロールは、


「私はバカではない。ゆえに、本気でそう思っている訳ではない……が、立場上、聞かねばならない。アンドロメダ……まさか、貴様、今、神帝陛下を呼び捨てにしたのか?」




 軽く殺気を放たれて、アンドロメダは、思わず立ち上がり、汗を振りみだしながら、


「あっ、ありえなっ……ありえません!!」


「当たり前だ。愚か者……座れ」




「はっ、失礼いたしましたっ!」


 威厳もクソもなく脂汗を流すアンドロメダから視線を外すと、
 バロールは、円卓に右手の人指し指を、トンと置いて、




「軽くでいい……まずは、これに目を通せ」




 言葉が終わると同時、円卓の上に、膨大な量の『資料』が出現した。


 『これはいったい何ですか?』などという愚かな質問をする者はいない。
 猊下が『目を通せ』と仰った。
 ならば、急いで目を通すだけの話。


 アンドロメダたちは、それぞれ、まだ心の整理がついていないものの、しっかりと命令には従う。


 他の者達は、心の中で、


(神帝陛下って……確か、三至天帝陛下を全て合わせた時の別名じゃったっけ?)
(神帝陛下のう……おそらく、『ゼノリカ天上の総意』……という意味じゃろうな)
(ふふ……神帝陛下か。昔、聖典で読んだな……確か、死後、神の世界で『神の神』になった御方じゃったっけ……ははっ)




 彼らにとっての最高権威は三至天帝であり、それより『上』はない。
 神はおとぎ話。
 あくまでも、空想上のヒーロー。


 ゆえに、アンドロメダとアクエリアス以外の全員は、神帝陛下について、
 勝手に『こういうことだろう』とテキトーな結論をつけてスルーしたのだ。








 みな、凄まじい速度で資料を読みこんでいく。
 パララララララっと、冗談のような速度で資料をめくりながら、
 眼球を全速ではしらせて、情報を頭の中に叩きこんでいく。


 十秒ほど目を通してから、アクエリアスが、


「これは、どこかの……中級世界エックスの資料でしょうか?」


 と、質問を投げかけた。


「そうであるともいえるし、そうでないとも言える」
「それは、いったい――」
「貴様らが気にする事ではない」
「我々ごときでは、知る権利がない……ということで?」
「違うな。権利がないというより、意味がない」
「……了解いたしました」


 そこで、バロールは、全員の顔を見渡して、


「最低限は頭に入ったようだな……では、神帝陛下の命を伝える」






 言葉を待っているアンドロメダたち。


「……」
「……」


 なかなか切りださないバロール。
 妙な空白時間を前にして、何人かが、首をかしげた。


 直後、アンドロメダがハっとして、


「し、神前の礼を尽くせ」


 慌てて立ちあがり、全員に命令を下す。


 と、同時に、皆も、「ぁあ……っ」という顔になり、慌てて席から立ち上がる。


 神帝陛下の命を受ける時の礼節……もちろん、頭には入っているが、しかし、そんな経験は今まで一度もなかったし、そんな『いもしない存在から命令がくる』などとは夢にも思っていなかったので、とっさには気付かなかった。
 これまでは、神帝陛下の命を受ける時の礼節は、『ゼノリカに属する者として、知っておかなければならない』というマナーの一つでしかなかったのだ


 皆、その場で両膝をつき、
 『神の言葉を聞ける』という事に対する賛辞を述べて、いっせいに頭を地につけた。




「仕方がないとはいえ……たるみすぎだ」




 バロールが、ボソっと苦言を呈した。


(こっちだって、厄介なのが上司について、色々と大変なんだから、細かいところでイライラさせるな、まったく……)


 心の中で愚痴をはく……
 が、すぐに、気持ちを切り替えて、










「これより、貴様らには――」













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く