『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

52話 神帝陛下って誰ですか?

 52話




 普段は、自分たちの世界で『最上位者』としてふるまっているライラ達。
 配下の前では見せる訳にはいかない『素』を、この場では、少しだけだせるので、みな、一様に声が少しだけ弾んでいる。
 『ナメられる訳にはいかない』という責はあるが、ここには、簡単に他者を見下すような愚者はいない。
 互いが互いを認めている。
 ゆえに、少しだけ緩む。
 とはいえ、緩み切る事はない。


 そんな、むしろ、ちょうどいい関係性。
 とはいえ、派閥的なものも多少はあって、


「モンスターの災害だけではなく、未だに、バカ共が、たまに沸いて結束しおる」
「どれだけ統制しても、アホどもが決死の覚悟で起こすテロ行為だけは減らんよなぁ。何かしら対策できんもんかのう」
「何しても無理じゃろう。やつらは言い分が狂っておる。権利を勘違いしたバカの暴走なら、正論や事実を並べる事での対処も不可能ではないが、ただ暴れる理由が欲しいだけのカス共相手では何もできん」
「わかるわー、あいつら会話にならんのじゃよなぁ。前に、ウチの世界の首都で暴れたアホ共のトップは、こう叫んでおったよ。『全ての世界はゼノリカに支配されている! この支配構造は改革せねばならない!』と」
「いや、うん、世界はゼノリカに支配されておるよ? で、それの何が悪いんじゃ?」
「わしも同じことを聞いた」
「で? やつらは、なんと答えたんじゃ?」
「何が悪いかなど問題ではない。とにかく改革せねばならぬのだ!」
「ぶははっ、わけがわからん!」
「ガチガチのガチで、そのわけのわからん事を言ってくるからのう。アホには驚かされるわい」
「おるよなぁ、ほんとうに……理屈はどうでもいいとか、本気でのたまうバカ。自分の理解できないこと、理解したくないことは、屁理屈の一言ですますバカ」
「そして、そんなバカの方が行動力はあるという」
「厄介、厄介」


 沙良想衆の面々は、みな、和気あいあいという訳でもないが、それなりに『近い』のだが、


長強(そんなバカ共は殺して終わり……議題にあげるほどの価値もない。というか、お前ら、けっきょく、最終的には、ウチ(楽連・愚連)に丸投げだろうが)


UV1「……」


 楽連と百済は、やはり別枠という感じなのか、少し距離感が違う。


 長強は、ほとんど会話には加わらず、
 時折、微笑んで(決して筋肉バカじゃない。空気は読む)うなずくくらい。


 ウルトラバイオレット001は、
 『監査機関の頂点』という『非常に重たい立場』であり、
 自分は司法の側に立っているという自覚があり、
 単純に責任感も強いため、
 常に、ピンと張り詰めた表情で、静かにたたずんでいる。




 楽連は軍事(抑止力と治安維持)で、
 百済は司法(ゼノリカ神法に基づき、『神の裁き』を執行する)。


 沙良想衆は、行政(楽連と百済がやらない仕事の大半。つまり、山ほど仕事がある訳だが、沙良想衆の下部組織には、あらゆる部門の頂点が集まっているので、何を任されたとしても、なんら問題なく遂行できる)。


 そして、天上は、立法(あくまでもゼノリカ神法の補強。改革など、とんでもないっ)を担う。










 ふと、ライラたちの会話を黙って聞いていたアクエリアスが、アンドロメダに向けて、


「こたびの招集……なにやら、今までとはワケが違いそうじゃのう。なんでも、バロール猊下が直接、ここまで、上の命令を伝えにこられるとか?」
「ふむ」
「……『十席の御方々』以外の九華が、大災害でもないのに降りてくるとは……」
「ただ命令を伝えるというだけで、下界まで降りてくるのは……もしかして、初めてではないか?」
「初めてじゃな。物語っておるよ……何やら、大きな事が起こると」
「ふふ……楽しみじゃわい。事と次第によっては、何人か上に上がれるチャンスやもしれん」


「かもしれんのう…………ん、そろそろじゃな」


 会談の途中で、『アンドロメダ』がチラと時計を確認した。
 その直後、


「みな」


 ボソっとそう声を発すると、それまで朗らかな顔でお喋りをしていた老人たちが、一斉に、キっと、その顔つきを最上位者のソレに変えて黙った。


 時計の針が、てっぺんに届く前に、みな、席から立ち上がり、この空間の最奥にある扉――唯一、『上の層へと繋がっている扉』に視線を向ける。


 そして、時計の針がてっぺんに到着するコンマ数秒前、


 ババっと、
 右手を左胸にあてて、スっと頭を30度ほど下げる。


 ゆっくりと、扉が開く音が響いた。










「そろっているな」










 聞かれて、アンドロメダが、頭を下げたまま、


「はっ。ブナッティ・バロール星典魔皇猊下。十人蒼天、ここに」




「うむ」




 威厳たっぷりに頷くと、バロールは、上座に腰かけ、


「座りなさい」


 低く、通る声でそう言った。


 十人蒼天は、軍隊よりも揃った動きで頭をあげて、アンドロメダから順番に腰をおろしていく。


 全員が座ったのを確認してから、バロールは、










「これより、神帝陛下の命を伝える」












 穏やかに、しかしハッキリとそう言った。




 バロールの発言に、その場にいた誰もが、ピクっと耳を動かした。


 そして、つい、視線を彷徨わせてしまう。


 アンドロメダが、全員を代表して、


「もうしわけございません、猊下……今、なんとおっしゃったのでしょうか?」










「これより、神帝陛下の命を伝えると言っている。気持ちは分かるゆえ、一度目は許すが、これ以降、二度と聞き返す事は許さない」










「「「「「「「「……」」」」」」」」










 バロール以外の、この場にいる全員の顔に、汗が浮かんだ。


 みな、心の中で、




(猊下は……頭がおかしくなったのか?)
(神帝陛下? ……神帝陛下って……神帝陛下のことか? 聖典の? 神帝陛下から命令? いやいや、そんなバカな……)
(しんていへいか……誰のことじゃ? まさか、神帝……いや、それはない。しかし、となると……いったい、誰の……)
(な、なにかの隠語か?)
(神の御言葉……神法の一文を述べるということか? それとも、他の……)











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く