『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

51話 天下の渇望

 51話






 ここにいる誰もが、『天上』に焦がれている。




(チャンスさえあれば……)
(私が上に上がるにふさわしいかどうか、そこは問題ではない)
(今のままではダメなのだ……今のままでは満たされない)


 ここにいる誰もが、
 『現世に生きる大半の者』が欲している『ほとんど』を手に入れている。




 不死(完全ではないし、不老でもないが)や富を筆頭として、それ以外でもほとんど全て、むしろ『何を持っていないか』を数える方が億劫なくらい。


(金では買えぬものがあるのだ。それが真理)
(この心を満たすものは、金では買えぬ)
(本物の地位と名誉……)
(看板ではない。私が望んでいるのは、薄っぺらなブランドなどではない)
(心の隅々まで流れゆく光……)
(真っ白な自由……真の尊さ……)
(欲しい……)
(私も……私も神に……)


 しかし、
 だからこそ、焦がれるのだ。


 多くを手に入れた者ゆえに理解できる価値、
 膨れ上がった尊厳の器を満たしてくれる『本物の耀き』が、
 『天上には在る』と知っているから。


 最後の最後で、満たされ切っていない、この『燻り』。
 それが、『上』に行けば解消される。
 その事実を知らぬ者など、ここには一人もいない。




 ――神族となる――




 垂涎の栄誉。
 神族の末席に名を連ねる――すなわち、神になる。
 それ以上の名誉はない。


 全てを手に入れてきた者達だからこそ願う、至高の報酬。
 おざなりの形式的なソレなどではない、本物の神格化。




 狂おしいほどに、
 身がはちきれんばかりに、
 彼・彼女らは上にいく事を望んでいる。






 ――そのためだったら何でも出来ると全員が思っている。






 しかし、だからといって、他者の足を引っ張ろうとは考えていない。


 それは、彼・彼女らが生まれながらにして高尚だから?
 違う。


 ゼノリカでは、『高尚であり続ける事』が許されるから。
 それこそが事実。


 誰だって、別に、『汚れたい』わけではないのだ。
 本当に、誰だって、そう。
 ――もちろん、異端はいる。
    悪である事にしか美学を感じない異常者は実在する。
     破壊と混沌のみを望むサイコパスの存在を否定する気はない――


 美しくいられるのなら、そうありたい。
 だが、『整っていない現世』では、実際、なかなか、そうもいかないのが実情。
 様々な感情や思惑が交差して、人は次第に汚れていく。


 最初は確固たる意志を持って活動家になった者が、
 いつしか、現実に穢されて、最後には錆びた歯車に成り下がる。
 歪んだシステムの一部として、ただただ腐っていく。
 どこにでもある人の弱さ。
 欲に目がくらむだけが腐っていく理由じゃない。
 『単純な現実』という重みにたゆむことでも、心は歪んで穢れていく。


 だが、ゼノリカではそれがない。


 ――ゼノリカは、絶対に、穢れを許さない――


 いつだって、誰かが自分を見ている。
 そして、自分も誰かを睨みつけている。


 不条理や不合理に対する病的な嫌悪。
 『生命は善そのものではない』という現実を受け入れて、
 それでも『善』でありたいと願い続けたゆえに美しく磨かれた結晶。


 ゆえに、思う。
 確信を持って、
 力が足りないのは承知だが、
 ――それでも、






((((((((((私だ。私を選んでくれ。私は美しい))))))))))






 ――十人蒼天は決して仲良し集団ではない。
 むしろ、バチバチの関係である。


 それぞれが世界の頂点。
 表と、武と、闇の、頂きにある組織。
 自分の想いやメンツだけの問題ではない。
 背負っているモノのためにも、ナメられる訳にはいかないという責務もある。


 しかし、無意味に罵倒しあう事などはない。
 陰湿な嫌がらせ(軽口は叩くが)や、ガチの足の引っ張り合いなどありえない。
 もし実行しようものなら、即座に上の怒りを買い、百済に粛清命令が下されるだろう。




 ちなみに、百済くだらの中でよこしまな感情を抱こうものなら、『より上に行きたい』と願っている下の者に、嬉々として狩られる。
 百済内での上下関係は、『上からの命令を円滑に通すため』に存在するだけで、誰も、『百済内でのランクで上位にいる者』に忠誠心など抱いていない。
 命令違反は死刑だから、上から命令を受ければ従うが、
 決して『従いたくて従っている訳』ではない。






 ゼノリカは、常に美しい。
 それは、美しくあろうと、全員が、常に努力を積み重ねているから。
 そして、そうであり続ける事が許されるから。
 ゆえに、ゼノリカでは、






「――ライラ。ぬしの世界で、なにやら面白いもめごとが起きたと聞いたんじゃが、詳しく教えてくれんか?」
「なに、半笑いで聞いてきておるんじゃ。別に、大きな失態を犯したというわけではない。ちょいと厄介なモンスターが『壊れ堕ち』て暴れたというだけじゃよ」
「ほうほう、どのくらい『壊れ堕ちた』んじゃ?」
「楽連の武士が数人、撃退された」
「ほっほぉ!」
「存在値だけなら、九華の御方々に匹敵する脅威じゃった。まあ、とはいえ、すぐさま出動なされたバロール猊下の御手によって瞬殺されたんじゃがのう」
「猊下が直接出るほどのモンスターとはなかなかじゃのう」
「管理がずさんなのではないか?」
「魔物が壊れ堕ちるのはただの災害じゃろう! すざんもクソもあるか! なに、これさいわいと、私にレッテルを張ろうとしておる!」






 ガチの足のひっぱりあいなんて……


 ない……


 ……はず……







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く