『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 遠すぎる天上

 50話










 扉の先は、色合いこそシックだが、とてつもなく豪華な調度品で溢れた会議室だった。




「別に、指定の時間に遅れた訳ではない。ムスカ、謝る必要はないよ」




 そう声をかけたのは、『圧倒的な超越者オーラを放っているムスカ』よりも、さらにグっと深みのある気品を有する老人『アンドロメダ』。




 アンドロメダは、続けて、


「むしろ、みな早すぎる。私が一番かと思ったが……『百済くだらの若姫』が一番じゃった」


 視線の先に座っている女性。
 見た目は三十台で、この中にいる者の中では、最も若いが、老人達に負けず劣らないビリビリとした高貴さを醸し出している。


「百済の頭目である私が、沙良想衆の方々より遅れる訳にはまいりますまい」


 その発言に、ピクっと耳を動かしたのは、隣に座っている、初老(50前後)だがムキムキの、白い短髪の男。
 楽連筆頭『長強ちょうきょう』。


(それは、つまり、私よりは遅れても構わないということか? どいつもこいつも、ナメくさりおって。私がその気になれば……くっ)


 ギリっと奥歯をかみしめている長強の横に座っている老婆、
 第二アルファの代表『アクエリアス』が、


「へりくだりおるのう。今、この中じゃと、最も『天上』に近いのはぬしじゃというのに」


 言われて、百済の頭目――コードネーム『ウルトラバイオレット001(UV1)』は、うやうやしく頭を下げながら、




「御冗談を」




 その謙遜を受けて、対極する位置に座っている、
 「ルプス(第7アルファ代表)」と「ライラ(第8アルファ代表)」が、


「かー、やかましいわっ、自分でも思っておるくせに」
「あーあー、うらやましいのう」
「結局、武がある者の方が近いんじゃよなぁー、あーあー、うらやましい、うらやましい」


 沙良想衆に属する者も、当然、それなりの武は有している。
 というか、全員、ぶっちゃけ、勇者ハルスよりも強い。
 アンドロメダに至っては、ホルスド・シャドーを瞬殺できる強さを有している。
 ただ、それでも、UV1や長強と比べれば遥かに劣るのだ。






「御二方……それは、武を有しながら、まだまだ『上』には上がれそうにない私に対するあてつけですか?」


 長強に睨まれて、
 ルプスとライラは、ニっと快活に笑って、


「楽連の筆頭に嫌味などいう訳があるまい」
「そうそう、恐や、恐や」




「ジジイども……」




「もう、ぬしも大概、ジジイじゃがのう」
「最初に会った時は黒かった髪も、今では、随分と白く……くくっ」






「……ちっ」






 ルプスとライラは、ノリがいいだけで、悪意を持っている訳ではない。
 長い付き合いで、それが分かっている長強は、鬱陶しそうに舌を打つだけで、それ以上は何も言わなかった。


 二人に対する『ちょっとしたイラつき』よりも、今は、


(実際、私も随分と年をとってしまった……)


 しっかりとシワの入った己の手を見つめながら、


(若造だった頃よりも、私は遥かに強くなった。今の私は、ただ若かっただけのあの頃よりも遥かに強い。……だが、年を重ねるごとに感じるのは、武の極みがどんどん遠くなっていくという目眩めまいだけ……強くなるほどに、九華の御方々が有する武の遠さを痛感するだけではないか……)


 神族の方々は、その底辺である『九華の第十席』であっても格が違う。
 楽連筆頭から天上に上がった者は全部で6名いるが、その全員が、長強を片手で殺せる。
 九華の主席である『ジャミ猊下』に至っては、強すぎて、自分が100万人いても勝てないと確信させられるほどの、もはや生命としての器や格といった『全て』が違う、果てなき高みに在る。
 五聖命王や三至天帝ともなれば、会った事がないので、もうなんのこっちゃ分からないというレベル。
 神帝陛下?
 いない、いない、そんなの。


(日々を重ねるごとに、『己ごときの手が、あんな世界(天上)に、届く訳がない』という絶望だけが募っていく)


 今の『天下』で最も『武の極み』に近い者は、間違いなく『長強』だが(なんでもありなら、UV1が確定で勝つが)、そんな彼の目からしても、天上は遠すぎて影も見えない雲の上の世界。




 そして、長強の『この想い』は、他の者も等しく思っている。










 天上は、遠すぎる。










 だが、


(しかし……)


 それでも諦めずに手を伸ばし続けるのは、常に、欲望が絶望を上回るから。






 『上』は、あまりにも眩しい。
 心をかきむしる、天の光。
 ここにいるみな、理解できている。
 『己が真に渇望しているすべて』が『天上』にある。


  ――九華の第十席――
 ――すなわち神の領域――


 喉から手が出る地位。
 本物の神格化。


 // もちろん、本当の意味での『神』になる訳ではない。
    だが、彼らからすれば、
    全然知らん世界で『超位存在』になるよりも、
    『ゼノリカの天上』に名を連ねる事の方が価値がある。 //


(諦めきれない……私では役者が不足している……そんな事は分かっている……だが、あきらめきれないのだ……)




 目をそむけようとしても、ぐつぐつと湧き上がってくる欲望。
 本当なら、欲望などという俗な言葉は使いたくない。


 この感情は、とてつもなく高尚なものだ。
 九華の第十席に名を連ねたいと欲するのは、
 確かに、自己を満たすため、
 だが!
 決して、えらぶりたいからという訳ではない。
 チヤホヤされたいとか、崇められたいとか、
 そんな下らない理由ではない。


 『そんなもの』が、この命を満たしてなどくれない事くらい、全員が理解している。
 ――振りかざすための権威や、膨れ上がっただけの富――
 そんなものは、どれだけ積み重なっても、ただ惨めになって、空虚さが募るだけ。
 この『命』というワガママな器を、『真に満たしてくれるもの』はただ一つ。


 滅私の究極。
 奉仕の極致。


 『我』ではなく『全』に届く。


 『完全なる世界平和を実現させるシステムの一部』になるという事。
 決定権を持たぬただの手足ではなく、重要な中枢の一部になること。


 神になるとは、
 そういう事だ。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く