『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

38話 ヤンデレ・サーキュレーション

 38話




 シューリは、ゼノリカが嫌いだ。
 その理由は単純明快。
 シューリは、こう思っている。
 ――センが、ゼノリカという荷物さえ背負っていなければ、
 もし、センの全てが自由だったなら、
 あの時、ただ純粋に『自分』を求めてくれたのではないか――と


 そして、それは、実際のところ、事実だったりもする。


(どんな命令でも聞く、か……この女くらいだろうな、それをガチの精度で言えるのは。しかし……『どんな命令でも』……『なんでも言う事を』……んー、もしかして『俺の嫁になれ』とかでも叶えてくれたのかね……むりか。仮にそれを言っても『神経を疑いまちゅね、身の程を知ってくだちゃい』とか言われて終わりだったろうな。まあ、でもトライする価値くらいはあったかもなぁ。もしゼノリカの今後とかが頭になかったら、言っていたかもなぁ……はははっ)










 シューリは妄想家ではない。
 ありとあらゆる前提条件から、可能性はあると踏んで賭けにでたのだ。
 好かれている自信はある。
 愛されているという確信はある。
 なんせ、
 ただ自分を守るというだけのために、
 あのバカ男は、
 究極の邪神に挑んだ。


 神の世界におけるセンは、現世と違い、『責任をもって守らなければいけない荷物』を背負ってはいない。


 それに、そもそもの話、『究極超邪神』関連の問題は、シューリが魂魄を捧げればそれで解決するだけの、確定されていた一つの運命だった。
 そして、シューリは、その宿命を受け入れていた。


 その下らない定めを、ただ『シューリ・スピリット・アースを殺したくない』という理由だけで、ぶっ壊したのがセン。
 成りたての新神。
 転生してきたばかりの頃は虫ケラだったゴミ。






 ――才能はあると思った。
 ゆえに手ほどきはした。
 最初は師匠のように、
 いつしか友人のように、
 気付けば、思ったよりも距離が近づいて、
 けれど、だからって、


『シューリ。今日だけは……お前だけのヒーローをやってやる』


 必死になって守ろうとしてくれるなんて思わなかった。
 ボロボロになって、死にかけて、
 自分のために、そこまでしてくれる『誰か』がいるなんて信じられなくて、
 だから、懐疑的になってしまって、
 ついには、突き放してしまって、
 傷つけてしまって、
 なのに、
 それでも、


『ヒーロー見参!』


 ――あのバカは、あたしのヒーローになってくれた――


 この世で、たった一人、
 シューリ・スピリット・アースを守ってくれた男。










 それだけの力を持つ者が他にいなかっただけ?
 違う。






 あのバカが、最初に神の世界に足を踏み入れた時、
 その力はゴミみたいなものだった。


 足下でうごめく虫ケラ(超神たち)の一匹でしかなかった。
 有象無象(超神たち)の一柱でしかなかった。


 だが、あのバカは、辿り着いてくれた。




『お前でもどうしようもない敵? なら、お前を超えて、殺してやるよ』
『シューリ、見てろよ。俺は、必ず、お前を超える』
『笑うんじゃねぇよ、シューリ。俺は本気だぜ』




 絶対に踏破不可能だと思われるイバラの道を、
 ズタズタになりながら突き進み、
 超神全員が呆れる地獄を積んで、
 ありとあらゆる障害を乗り越えて、


 ついには、本物のヒーローになってみせた。






 バカ野郎だと思った。
 どうしようもないアホんだらだと思った。
 『絶対に無理だ』と誰でもわかる不可能を前にして、
 みっともなく、無様にあがくガキ。
 極めて思慮が浅い、短絡的で幼稚な、






 ――究極にかっこいいヒーロー。










 この感情は、ちっぽけな信仰なんかじゃない。
 センを崇め奉っている訳ではない。
 シューリのこの感情は、


 ど真ん中の愛。


 ただ、ただ、愛している。
 触れて、抱きしめて、口づけをかわしたいという純粋な感情。


 シューリは、センを良い意味でも悪い意味でも見誤ってはいない。
 全てを理解した上で、
 ダメなところも含めて、
 心の底からセンを愛している。












 今までは、『センほどの男』に近づく女性はいなかった(ゼロだった訳ではないが、センの『真なる威光』に触れれば即座に、『これほどの存在に恋慕の情を抱く』という愚かさに気付いて引きさがった)ので、ぶっちゃけ、シューリは油断していた――が、




 今、センの隣には、
 アダムという、とてつもない『可能性』を秘めた美女がいる。
 センに『選ばれる可能性』を秘めた、圧倒的なスペックを持つ女――




 ――目を見れば分かった。
   あの女は、間違いなく、
   センエースに惚れている。




(アダムを殺すのは確定、問題は場所とタイミング……まあ、あの程度のゴミを排除するくらい、あたしなら楽勝。幸い、ここでなら神の力が使える。その気になれば、どうとでもなる。……一番の問題は、原初の深層に辿り着いた際、センの周りに、アダムみたいな虫がウヨウヨと寄ってくる可能性があるってこと……今後、二度と、身の丈にあわない夢を抱くメスブタが近づかないよう、センの近くで見張っている必要がある。そのためには、さっさと一緒にならないと……けれど、その方法が難しい。どうやってプロポーズさせるか……さて……)




                                    //









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く