『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 ゼノリカの御荷物

32話




「まあいい……」


 アダムは、多くの想いを飲み込んで、そうつぶやいた。
 まったく、いいわけないのだが、
 しかし、


「で、何をしに来た?」


 飲み込んで、おさめた。
 酒神の態度は、とても容認できるものではない。
 しかし、追及する訳にはいかない理由がある。


 いと高き場所に御座す偉大なる御方が、それを望んでいないから。




「こたびの任務は、『繊細な調整』が必要不可欠。命令系統の乱れは許されない。つまり、『常に命令系統の枠外』にいる貴様には、最初から最後まで、用など一つとして無いのだが?」




 酒神には、誰も命令できない。


 言う事を聞かないという訳ではない。
 三至天帝が命令すれば、「はいはい」と、一応、言う事は聞く。


 ただ、まるで『猿の手』のように、『何をするか分からない』から、組織の歯車としては使えない。


 猿の手のように、あえて『悪意』を滲ませる嫌がらせなどはしないが、
 『いや、こういう事じゃねぇよ』と言いたくなる過程を、
 それも『必ず』ではないが、稀によくある頻度で起こす問題児。


 尋常じゃ無くマイペース。
 奔放で、気ままなトラブルメーカー。


 いつだって予測不可能。
 多岐にわたり面倒くさすぎて、誰も使いたがらない、ゼノリカの御荷物。
 礼儀知らずで無知蒙昧で、おまけに重度の健忘症。
 人の話は聞かず、言動は常にラリっているとしか思えない。






 ゼノリカ内で、
 配下から『勘弁してくれよ、マジで』とウザがられているランキング堂々第一位。
 上司から『面倒臭ぇなぁ、あいつ』と溜息をつかれているランキング堂々第一位。
 同僚から『本当にいい加減にしなさいっ』と怒られているランキング堂々第一位。






 それが、五生命王の一人、
 酒神終理。




「実はお願いがあるんでちゅよ。今回のミッション、『総監督』をオイちゃんに任せてもらいたいんでちゅ」




「……は? 何を――」




「え、オッケー? やった、嬉しいでちゅ!」


「私は何も言って――」


「総監督の任務、確かに承りまちた。全身全霊で取り組む所存でちゅ。というわけで、これからは、オイちゃんが、九華の坊っちゃん・嬢ちゃんたちを指揮していくんで、今後、何か『下』に命令したい事があったら、その時は、まずオイちゃんに話を通してくだちゃい。それじゃあ、ばーいちゃ」




 言って、酒神終理はタンっと円卓から立ちあがって、皆に背を向けて、颯爽と、主の間から出ていった。




 その背中を睨みつけながら、アダムが、


「アレは、いつもああなのか?」


 尋ねると、ミシャが、


「ええ。アレはいつもああよ。どう? 引くでしょ?」


「ああ、ドン引きだ。主上様から、簡単に話は聞いていたが……まさか、あれほどイカれているとは思わなかった……」


 アダムは、頭を抱えて、


(なぜだ……主上様は、なぜ、あれを……)




 悩んでいると、
 そこで、銃崎心理が、


「勘違いされたくありませんので、一応、言っておきます。五聖命王に属する全てがああという訳ではございません。私をふくめ、五聖命王に属する者は、みな、一癖・二癖あるのは事実ですが、アレほどではありません。アレは全てにおいて異常なのです」


「勘違いなどしない。あんなヤツが他に何人もいてたまるか」


 そこで、ミシャが、アダムに、


「どうやら、あの子は、統括をやりたがっているようだけれど……やらせるの? 一応、あの子も五聖命王だから、『誰に下を任せるか』という『その選択肢の中にいる一人』だけれど……アレにやらせると、色々としっちゃかめっちゃかになる可能性が高いわよ?」


 そう言われて、アダムは、少し渋い顔をして、
 キュっと両目を閉じ、ボソっと






「……やらせるしかない」






「? それはどういう意味?」








「主上様は仰った。もし、今回の件で、酒神終理が何かを望んだら、すべてを是とせよ、と」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く