『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

神闘編 前編

 神闘編 前編




 転生したセンは、当然のように、全世界の王となった。




 // ――ちなみに、『もう流石に、世界関係の面倒事には関わりたくない。今回だけでもいいから、ちょっと休ませてくれ』と日よったセンが、自分の存在を必死に隠そうとしたものの、ゼノリカ大捜索の果てに、結局見つかってしまい強制的に全世界の王様にさせられる『セン逃走編 ~~違う、何度言えばわかるんだ。俺はセンエースじゃない。ただのしがない冒険者なんだ、信じてくれ~~』もかなり面白いのだが……はたして、語られる日はくるのだろうか…… //






 センが現世を統べる王となり、
 それから、平和は長く続いた。


 なんだかんだ、任されたら、全力を尽くしてしまうセンは、
 世界平和を維持する為に、身を粉にして働いた。




『セン様……この世界は美しいね……ミシャは……この世界を守りたい……壊してしまった世界の分も……この世界を守るって誓う。もうメソメソするのはやめる……私がやったこと、許されないのは分かっている……けど、もう振り向かない……これから、ミシャは……壊してしまった命のためだけじゃなく……助けられる命のためにも生きるの』


『ミシャ……もし、お前が、今の覚悟を忘れたら……己が背負っている業を忘れたその時は、俺が、お前を殺す』


『……はい』


『だが、俺の世界を守り続けるために闘い続けるのなら……そのために努力を積み続けると誓うなら……俺も共に、お前の業を背負おう』


『っっ……セン……様……』


『産まれた事が罪だなんて言わせねぇ……それを罪だというのなら、弱さだって罪になってしまう……けど、それじゃ、あんまりだろ……魂魄を焦がすような罪をなすりつけあったって、その先には焼け野原しかない』


『ぅ……ぅう……ひっ……うぁぁ……』


『忘れるな。見失いそうになったら、前を向け。そこには、きっと、俺がいるから。だから、ちゃんと今日を生きろ。いつか、「この世界を美しいと思える自分」が美しいんだって、せいいっぱい胸を張って言えるように』


 80年ほどの完全な平和の中で、センはたくさんの責任を果たした(どうあがいても不死にはなれなかったが、いくつかの条件を満たす事で、限定的な不老にはなれた)。
 王として、英雄として、
 時には神以上の超越者として。


 もちろん、演技だった。
 称号こそ、「生まれながら完全なる王」だったが、
 実際は、たんなる庶民の出。
 無限転生と成長チートを持つだけの転生者。




 それでも、出来る事は確かにあった。
 センにしかできない事が、確かにあったのだ。


 世界は、センという王のもとで、美しく調和しはじめた。


 もちろん、たくさんの問題はあったが、
 『ゼノリカ』と二人三脚でどうにか解決していった。
 ゼノリカ内部の問題も、その頃はまだ多発していた。


 平和に慣れて荒れてくるバカどもの討伐。
 地位に溺れるカスどもの粛清。


 どうにかこうにか、必死にかけずりまわって、なんとか平和を保った。


 だが、そんな平和が、ある日、突然壊された。










『ふははははは! なぜだ! 信じられん! 数多の制限が解除されている! 神の力も、完璧ではないが、一部は使える! しかも、私以外の神は、この世界に干渉できないようになっているではないか! いったい、どういう事か、さっぱりわからんが、この僥倖、決して逃しはせんぞ!! 食らい尽してやる! 第2~第9アルファまでという制限はあるらしいが、問題ない! 複数の最上位アルファ、その全てを食らい尽くせば! そうすれば、私は……超神になれる!!!』










 ある日、神の世界から、一柱の『神』が降りてきた。


 神の中にも、『歪んだ者』は当然いる。


 その神は、『いまだに理由は不明』だが、なぜか、現世で『神の力の一部』が使え、かつ、本来ならば、神には、『現世の生命や物質にはそうそう干渉できないという制限』がつくはずなのに、その神――『バーチャ・ルカーノ・ロッキィ』だけ、その制限が、完全ではないが、少しだけ緩かった。






『全ての生命よ! 光栄に思え! 貴様らは、私になる! 私が超神となるための生贄となれるのだ! その栄誉を胸に抱き――死ねぇ!!』








 バーチャは、現世で暴れに暴れた。
 センによって即座に制圧されたサイケルとは違い、
 解き放たれたバーチャは、傍若無人に暴れまわり、世界に多大な傷跡を残した。


 神の向こう側――『超神』となるため、現世の魂を貪り食らった。




 当然のように抵抗した当時のセン。


 しかし、










『現世の王よ! 身の程を知れ!』










 神の力の『一部』が使えるバーチャが相手では、いくらセンでも相手にならなかった。










『たかが現世の一等賞ふぜいが、調子に乗るな。神の世界には、貴様より弱い者など一人もいないぞ! ははははは! さあ、いつまで頭を上げている! ここは神の御前である。頭が高ぁああい!!』









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く