『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 これから

 18話




 さらなる超次の存在へと達する、三名の至天帝。
 これまでは『限定条件下でのみ、神よりも強かった』三名。
 しかし、今後、三名は、
 真に、
 ――神を超えた存在となる――




「……ぁっ」
「っ」
「……」




 流石に、三名は、この状況に驚きを隠せず、質問したそうな顔でセンを見つめる。


 そんな彼らにセンは言う。


「なぜ、神に『成る』のを『許した』か、その詳細も、あとでアダムから聞け。一応、簡単に言っておこうか。お前らには、これから、至天帝としてではなく、『神』として、力を磨いてもらう。――これも、別に隠すつもりはないから、今、言っておこうか。実は、壁を超えた。俺は、次のステージに至った。一言で言おう。


 ――『俺の限界は、なくなった』――」










 主の言葉に、三名の至天帝は目を見開く。
 主が『これ以上ない領域』に『達してしまった』という事は知っていた。
 そして、それを『嘆いていた』ことも知っていた。




 三名の心の中が、主への賛辞で溢れかえる。


 ――ついに、絶対の領域すら、超えてしまわれたのですね。
 ――分かっておりましたよ。
 ――あなた様であれば、いつか、神の根源的限界すらも超えてしまわれるだろうと。




 ちなみに、後ろで聞いている六名は、
 『何がなんだかわからない』という顔はしているものの、
 『何か、とんでもない場面に出くわしている』という、
 妙な高揚感と痺れるようなワクワクの中にいた。


 ここにバカは一人もいない。
 ゆえに、理解できる。




 ――とてつもなく『大きな何か』が、はじまろうとしている――














「これより、俺は無限に強くなる。そして、お前らの『親』である俺は、お前らが強くなった分だけ強くなれる。その意味がわかるな?」










 魂の系譜。
 その上に立つ者は、下の者に対する責任を背負う代わりに、
 下の者が有する『力の一部』を己のものにできる。


 下の者が強くなればなるほど、上に立つ者も強くなる。


 その強化値パーセンテージは、ハッキリ言ってクソ低いのだが、
 それでも、やらないよりはやった方がいい。






――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


 例


 親「攻撃力5000」
 で、
 子「攻撃力500」
 子「攻撃力500」




 この場合、系譜の頂点にたつ親の力は「5002」となる。
 ※ きっちり500分の1がプラスされるという訳ではない。
   あくまでも例。


 さらに、


 孫「存在値500」


 となれば、「子501」頂点に立つ親は「5003」となったりもする。




 ただ、この『上昇』は、『魂の系譜に連なる』というだけではダメで、いくつか条件があり、魂魄が『親の支配領域(ダンジョンでも城でもなんでもいい)』に帰属している事だったり、コスモゾーンの了承を得る必要があったりと、色々めんどうくさい。




――――――――――――――――――――――――――――――――――――――










「これより先、全力で『神の力』を磨け。心配せずとも、集まってもらった『この世界』には、神の力を自由に使える場所がある。そこにゼノリカの神層をリンクさせた。神層から出ない限り、お前ら三名は、自由に神の力が使える」




「「「……」」」




 黙って聞きながら、『なるほど』と頷く三名。
 これまで、平・ミシャ・ゾメガの三名には『至天帝』としての役割があった。
 主が常におられれば何の問題もないのだが、主は、およそ百年ほどの周期で御姿を隠されてしまう。




 ゼノリカの支配体系を完全な状態で維持させるためには、
 頂点に立つ、絶対なる『現世の神』が必要不可欠だった。




 ゆえに、三名の『神種』は、センによって、芽吹かぬよう抑えつけられていた。




 なんだかんだ、センは、『完全平和を体現している第2~第9アルファが好きだった』。
 事実、常々面倒くさいとは思っていたが、










 ――『愛している対象』に『面倒臭さ』を感じない方が、おかしいんだ――















「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く