『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 一秒間に2000万回(笑)

 2話






 そこには、ナルキナジードと闘っている『イレギュラー』の姿があった。
 映像の開始は、戦闘が終わる直前だったようで、ぶつかりあいのシーンは数秒で終わり、




『なかなかの強さだったぞ、イレギュラーよ。まさか、この私が片腕を失うとは。これほどの激闘は久しぶりだった……楽しかったぞ』


『ちぃ! なまりすぎだろ、俺! いくら、存在値を200以下に抑えているとはいえ、こんなカスみたいなヤツにも勝てないとは……』


『なんだ、イレギュラーよ。まるで、先ほど闘った力よりも上の力があるような口ぶりじゃないか』


『当たり前だろ、ぼけ! 俺が本気になったら、お前なんか、一秒間に2000万回は死んでいるぞ!』


『そうか、恐いな』


『この野郎……今すぐ、その、可哀そうな人を見る目をやめろ! 俺は、一個も嘘はついてねぇ! 俺は天上のアバターラ! てめぇらとは存在の次元が違う究極神の化身!』 


『天上のアバターラ……それが貴様の名前か?』


『別にその認識でも構わねぇ! どうでもいい! とにかく、俺は、俺の力を、必ず証明してみせるからな! てめぇらは好きにしていいって言われてんだ! 必ず、このクソなまった体を鍛え直して、皆殺しにしてやる! すぐに戻ってくるからな! 覚悟していやがれ!!』






 そう叫んで、アバターラは、転移の魔石を砕いて、その場から姿を消した。






 ――そこで、映像は終わった。
 見終わった直後、ホルスドが、


「戦闘シーンは少なかったが、あれだけでも充分に分かる。素晴らしい強さだ……」


「……まあ、弱くはないわね」


「強さも気になるところだが……発言の内容が最も気になったな。あのイレギュラー……天上のアバターラには、まだ上位の存在がいるのか?」


「いるんじゃない? 『本気になったら、ナルキを一秒間に2000万回殺せるヤツ』を従えている、もっと強い上位存在が……あー、こわい、こわい」


「……ダーキィは、ヤツの発言を、ただのハッタリと読むか?」


 ダーキニィは、『ふん』と鼻で笑って、


「あたりまえでしょ。むしろ、あんた、あの発言を本気にしたの? 頭、大丈夫?」


「全てが事実だとは流石に思わない……ただ……」


「ただもクソもないっての。たまにいるのよね、ああいう大きな嘘ばっかりつくバカ」


「しかし、武の才は、本当に見事だった……本気の私と同等……いや、私より強いか?」


「闘い方次第でしょ。あのバトルスタイルを見る限り……たぶん、イレギュラーは、完全戦士タイプ。なら、魔法の組み方次第でいくらでも詰めれるわ。つまり、私には勝てない。あんたにもね。まあ、私達に近い実力なのは認めるけどね」


 ダーキニィ・パラフュームは完全魔法使いタイプ。
 高火力のタイマン攻撃魔法(メラ○ーマ的な)を主体とした、ガンガンいこうぜ型。


 ホルスドはタンクタイプ。
 高い防御力を活かした、『待ち』主体のカウンター型。


 どちらも、『愚直な戦士タイプ』とは非常に相性がいい。


「どうやら、本当に、イレギュラーは、六番目の従属神になりそうだな……しかし、あの気性の荒さでは、なかなかうまくやっていくのが難しそうだ、やれやれ」


 おだやかな性格をしているホルスドは、ささいな争いすら好まない。
 同じ『大神』の下で、みな、仲良く、礼儀正しく、静かに、豊かに。
 それをモットーにしている物腰柔らかな神。
 それが、『本来』のホルスド・ガオン。


「大いなる主の力を見れば大人しくなるでしょ。どの世界から来たのか知らないけれど、あれだけの力があれば、今までは、まちがいなく、ぶっちぎりの最強だったはず。性格が歪んでもおかしくはないわ。けど、『本物の頂点』を見れば、考え方も変わるわよ。主の力の前では、誰もが平伏すしかない」


「ふっ……そうだな」


 おだやかに笑うホルスド。




(大いなる主がおられるから、我々は無益な争いをせずにすむ)




 ホルスドの望みは、いつだって、天国の安定。
 あくまでも、大事なのは天国。


 ゆえに、下界の事は、『正直、どうでもいい』と思っている。
 下界の事は、下界の連中でどうにかすればいいというスタンス。


 ホルスドにとって大事なのは、
 友人であり家族であり良きライバルでもある五神の者達と、
 親(血は繋がっていないが)であり王であり、なにより『己の神』である主だけ。




 何か問題が起きても、『考えて対処をする』のは『主』であると考えているのも大きい。
 もちろん、『手足として』なら、いくらでも動くつもりだが、自ら下界の事について『こうしよう、ああしよう』と考えようという気はサラサラない。


 『偉大なる主』と『仲間』。
 その二つだけがホルスドのすべて。
 家族と、穏やかに仲良く出来ればそれでいい。


 それがホルスド・ガオンの想い。




 ――そんなホルスド・ガオンの肩に、ダーキニィ・パラフュームは、ポンと手を置いて、




「さて、それじゃあ、いったん、帰りましょうか」


 にこやかにそう声をかけた。


「向こうから勝手にやってくるそうだから、もう探す必要はないわ。『迎え撃つタイプ』の『試練』の準備をはじめましょう」


「全面的に賛成だ……が、眷属の方はどうする?」


「そうね、放置もなんだし……じゃあ、私のシャドーにでも監視させておきましょうか」


 言いながら、ダーキニィは、両手で印をつくり、


「……どうやら、ホルスのシャドーを殺せるほどの眷属らしいから……少し強めに作っておいた方がいいかな。どうせアリア・ギアス特化で、たまたまハメられただけでしょうけど、警戒は大事よね……んー……このぐらいかな……【影分身、ランク15】……」


 一瞬で形成される、ダーキニィそっくりのシャドー。
 ダーキニィ本人と比べれば、かなり存在値は低いが、それでも、ホルスド・シャドーよりはかなり強い。




 ダーキニィは、自身のシャドーに、


「眷属を見張っておいて。手は出さなくてもいいわ。何かあったら、随時報告を」


 命令を受けると、ダーキニィ・シャドーは、ニっと微笑んで、


「了解」





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く