『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

78話 アリと恐竜

 78話




 突撃し、拳を振るおうとした直前、


「……なんだ、『全力で動かしている時間』で七秒か……」


 ピタっと停止してみると、視界に表示されている『いくつかのメーター』――その中の一つ、稼働時間を示す計器の動きが、かなりゆっくりになった。


 システム解禁されてからというもの、ずっと、頭の中に、説明書が送り込まれてくる。
 神からもらった穴だらけの情報とは違い、虫に食われたような部分は全くなかった。


「まったく動かなければ、もっと長く、このまま……いや、それでも、五分が限界か……全力で動くと合計17秒で停止……でも、改造する事で、その時間も延ばせると」


 改造率は、どれだけ、このシステムに力を注いだかを示す証。
 それが現在0%。


 つまり、今が底値。
 全ての値が、最も弱い状態。






「これでも一番弱い状態? ……えぐいな……ていうか、なんだ、このイカれた数字は……攻撃力、190億? ……こんなもん、歩くだけで星とか砕けるんじゃねぇか?」






 自分の異常な力について、頭の中を探ってみると、


「……大きすぎる力は、コスモゾーンの法則に従ってコンパクト化され、常時、範囲が狭くなり、かつエネルギーの指向性が限りなく局所的かつ限定的になるため、過剰な破壊は起こらない……か。世界ってのは、良くできてんのね」


 ゼンが、己の力を確認していると、










「ぁ……ぁ……」










 ガチガチと歯を震わせているホルスドが、


「なんだ……それ……どういう……ありえない……動きがまったく見え……というか、そんな力……アロリリアが、一撃で爆散するなど……あんな破壊……ありえない……」




 無様に、ワナワナと震えていた。
 サードアイごときでは見通せないため、目の前にいるバケモノがどれだけ狂っているのか、ホルスドではデジタルに理解する事ができない。


 しかし、爆裂したアロリリアの最後を見れば、『ケタが違う』という事くらいは分かる。


「こ、こんな……」


 完全な思考停止状態に陥っているホルスドを見て、ゼンは、






「ちょうどいいから、実験させてもらうぞ。お前相手だったら、いくらでも残酷になれる」






 そう呟くと、全力で、『自分』を制御しつつ、超高速で距離をゼロにして、右腕でホルスドの右肩を掴む。


(この肩を掴んでいるだけの状態。ホルスドの筋力がゴミみたいなもんだから、ほとんどエネルギーを使わずに済んでいる……とはいえ、何もしていない時と比べれば、当然、減りは多いか)


 思案しながら、左腕で、ホルスドの右腕を引っこ抜いた。


 力をこめすぎないよう、ソーっと、しかし、コンマ一秒を切る速度で――




「どぅぁあああああああああああああああああああ!!!」




 噴き出した鮮血。
 激痛に濡れた顔。


 ゼンは、そんなホルスドの顔に愉悦はまったく覚えず、ただただ純粋に、


「アスラ・エグゾギア‐システムのコントロール……出来るには出来るけど……これ、すげぇ神経使うな……練習が必要だ。つっても、動かせる時間は数秒……で、限界がくると、俺、気絶しちまうのか……この力、凄まじいけど、かなり無茶な制限も多々ある……これから先、ちょっと……色々と考えねぇとな……」


 ゼンが『先』を思案している間、


「いぃぃぃ……ぐぅ……」


 ホルスドは、激痛に耐えながら、






「謝罪……するぅ……」






 絞り出したような声で、


「全面的に謝罪する! 主を裏切って、貴様についても構わない! だから許せぇ! 殺すなぁ! 死にたくないぃいいい!」


「……」


「私を配下にできるのだ! これ以上の栄誉はあるまい! だから、許せぇ! 離せぇえええええ!」


「……お前、頭、大丈夫か? 最初から思っていたんだが、お前、情緒とか、考え方とか、いろいろおかしくね?」










「だまれぇえ! いいから、離せぇええ! 痛い、痛い、痛いぃいい! 私を誰だと思っている! 私は五神の一柱! ホルスド・ガオン! 尊き天使の第三位ぃいいい!」







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く