『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

62話 許せなかっただけだ

 62話




(勝てはしないが……しかし、ニーの硬さがあれば、逃げる時間は余裕で稼げるか……?)


 多くは稼げないだろうが、数秒でやられるという事はないだろう。


(……ニーは強いが、シグレは弱いな。ステは、俺と同じくらい……けど、GODレベルが解放されていないから、HPとMPが普通に低い。あいつは、ただのザコだ)


 プロパティアイで見通したシグレのステータスは、色々と酷かった。
 ホルスド相手では、まったく戦力にはなりえない。


(……シグレがもらったのは召喚系のチートで、俺はGODレベルというチート……神様からもらった力、どっちもスゲぇっちゃあスゲぇんだけど、ことこの状況においては、どっちも、クソの役にもたたねぇな……)


 ゼンは、ニーとホルスドの力の差を計算しつつ、


(二分くらい稼いでくれれば、どうにか出来るか? 気付かれた時点で終わりって事を考えると、大胆には動けねぇ……慎重に、気配を消して、ゆっくりと……となれば、五分くらいは稼いでもらいたいところだが……どうかなぁ……ニーのHP見えないから、その辺の具体的な計算が出来ねぇ……てか、なんで、ニーのステ、HPだけ見えねぇんだ?)




 心の中でブツブツ言いながら、ソーっと大木から降りるゼン。




 その間も、ずっと、左目は閉じたまま。
 何があっても対処できるよう監視は怠らない。




 気配を消して、音をたてないよう、少しずつ距離をとる。


 その間に、










「ぐっ、ああああああああああああああああああああああ!!」










 シグレが、訳のわからない攻撃を受けた。
 ニーの反応速度がまったく間に合っていない。
 おそるべき攻撃速度。


 悲鳴をあげるシグレの姿を見て、


「……」


 ゼンの心が、一瞬、グアっと熱くなりかけた――が、


(バカか……落ちつけ。出て行ったって、死体が二つになるだけだ。もし、シグレを哀れに思うってんなら、ここは退いて、あとで、あのホルスドとかいうムキムキ野郎に代償を払わせてやればいい。俺はこれから強くなれる。GODレベルを上げて、魔法を磨いて、いつか、あいつを殺せるようになったら、その時――)










「ああああああああああああ!!」










 二発目を受けて、激痛にのたうちまわっているシグレの姿。


 とても見ていられないその姿から、ゼンは目を放さなかった。
 体が、ワナワナと震えている。


 脈が加速していく。


 ――『迷い』の質量が、どんどん重く、深くなっていく。


(やめろ、マジで頼む。出るな。やめろ。動くな。てか、逃げろ。何をしている。だから言ってんだろ、ここで出ていっても死体が二つになるだけだ。意味がねぇ)






 ゼンは、シグレについての情報を頭の中から引っ張り出して並べて揃える。






 なぜ、そんな事をしているのか。
 知らない。
 分からない。




 知りたくない。
 無視したい。
 それが本音のはず。




 なのに、ゼンは、頭の中にあるシグレの情報に目を向けてしまう。
 知りたくないんだ。
 本当に。
 けど、なぜだか、本当に分からないのだけれど、ゼンは、シグレの情報に触れてしまう。




(……田中……シグレ……)


 ゼンは奥歯をかみしめた。


 彼女の情報に触れると、心の奥の方が痛んだ。


 シグレは、高校であった『色々』について、口では、『大した事じゃなかった』、『さほど被害はなかった』と言っていたが、




 まあ、もちろん、当り前の話で、そんな訳はなかった。




 もっといえば、『イジメられていた気の弱い男子』を『助けるつもりはなかった』という発言だって、明らかなウソが混じっている。


 『イジメに参加しなければ空気が読めていない』
 そこまで極まった空気の中で、『何もしない』という『抵抗』は、明らかな『挑発』だ。


 正義感からの行動じゃなかったのは事実。
 示したかったのは正義じゃない。




 ――ただ、許せなかった。




 だから、抵抗した。
 それだけ。










 その男子は、最初の自己紹介で、花が好きだと言った。
 病気がちのお母さんを元気づけるために、色々な花を買ったり摘んだりしている内に、自分も好きになったと言った。


 ――それが、いじめの始まりだった。


 『あいつ、狙いすぎだろ』
 『いきなりのマザコン暴露とか、勇者だな』


 最初は小さな、ちょっとした冗談交じり。
 次第に加速、妙にヒートアップして、気付けば、取り返しのつかない空気。


 確かに、少し吃音気味で、弱弱しさが少し鼻について、少し可愛い顔をしていたせいで、それが変にカラまって、妙な方向からのヘイトを稼いでしまって、少しだけ頭が良かったものだから、プライドの高い連中のストレス解消の的になって、それでもがんばって、必死に頑張ってニコニコしていたら、それがムカつくと、余計に拍車がかかって――


 悲運と不運が重なって、
 『彼』は壊された。


 おっとりとして、優しくて、気が弱くて、少しだけ強くて、
 だから、誰にも相談できずに、必死に、ニコニコと笑って――




 つまり、単純な話。


 シグレは、自分に言い訳をしながら――必死に戦った。






 確かに、正義じゃなかった。
 絶対に正義ではなかった。
 ただ、許せなかったから、闘った。






 それだけ。






 『汚いものになりたくない』という『そういう【強い】感情』が、隠そうとしても『表』に出てしまう事くらい、そして、『その手の連中』が『そういう【弱い】感情』に対して酷く敏感だって事くらい、




 ――シグレは知っていた。




 そのぐらい、あの世界で、十五年近くも生きていれば、誰だって分かる。
 神様の推理力なんて必要ない。




 当たり前の話なんだ。




 ああ、もちろん、しょうもない闘いだ。
 イジメなんて、小さな問題でしかない。


 大した事じゃない。


 ぬるい問題でしか――










                           フザケルナ
                           クソドモガ










 シグレは、闘った。




『あんたがここにおるせいで、あたしまで余計な被害をこうむってんけど? 学校、やめてくれへん? あたしのために』




 ――お母さんが、喜んでくれたから。
 一生懸命、勉強を頑張って、偉いねって。
 そう言ってくれたから、
 だから、やめられない――




 そう言って、必死に血で汚れた笑顔でニコニコしながら、あの地獄にしがみついていたその手を、シグレは、血だらけの足で踏みつけた。
 むりやり、手を放させて、シグレだけがあの場所に残った。




 その闘い方が正しかったかどうか。


 知ったこっちゃないよ、そんな事。




 そんな話じゃないんだ。
 どこまでいったって、


 ――ただ、許せなかった。


 それだけの話でしかないんだ。




 そうやって、
 田中シグレは、
 全力で闘って、傷ついて、


 けど、泣き言を言える相手はもういなくて、
 だから、自分は大丈夫だと必死にごまかして、


 ずっと、ずっと、闘って、闘って




 そして、ここにきた。






 そんな女が、今、目の前で甚振られている。






 ――知りたくない情報だった。
 ――けど、知ってしまった。






 ――ゼンは、


(あのホルスドって野郎にムカついているのは分かった。同郷の同年代を甚振られてムカついている。了解だ。復讐したいって気持ちはOK、了解。それは充分に分かった。けど、頼む。ここでは動くな。頼むから、行くな)


 己の感情に抵抗する。


 頭の中が、異常なほど高速で回転する。
 思考しようとは思っていない。
 むしろ、脳死して逃げたいと思っている。


 だが、とまらない。


(逃げろ。行くな。意味がない。というか、シグレがどうなろうと知ったことか。同郷? 同年代? ほんのちょっとだけ哀れな過去を背負っている? はぁあああああ? それがなんだ、アホか)


 本気で思う。
 本音。


 飾りのない、心の声。


(つい数分前まで、顔も知らんかった奴で、数時間前までは、存在すら知らんかったヤツだぞ。それなのに、なんだ? どうした? 俺はラノベの主人公か? 違うだろ? 違うよな? てか、むしろ、いつも、軽蔑してただろ? なんで、知らんヤツを助けるんだって。ありえねぇだろって。ふざけんなって。そう思って生きてきただろうが。だから、行くな。絶対に行くな。後悔しかしない。無意味、無意味、無意味ぃいい!)












「……ふむ。どうやら、貴様の悲鳴では、イレギュラーを動かす事はできないらしい。となれば、これ以上は時間の無駄。さっさと壊して組み立て直すとしようか」












 言いながら、ホルスドは、指先を、シグレの足ではなく、彼女の心臓に向けた。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く