『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

59話 五神の一柱

59話




「最悪や! なんやねん、あいつ!」


「シグレ! いいから、とにかく逃げて!」


「これ以上ないくらい逃げとる!!」


 必死の形相で足場の悪い山中を駆け抜けていく黒髪JK。


 途中、シグレは、左手の中指にはめている指輪をチラっと見つめた。


 かなり弱くなっていた光が、今、完全に消えた。


「ニー! あかん! ゼロさん、死んだ! どんぐらいで、もう一回使えるようになる?!」


「完全に殺されたみたいだから、丸一日は使用不可!」




 召喚獣は、コアが隔離されているので、ガワを壊されたとて、何度でも再生可能。


 ただ、当然、損傷度合いや、召喚獣のスペック・コストによって、再生までの時間は変わってくる。




 ウイングケルベロスゼロ(EW)が完璧に破壊された場合の再召喚可能となるまでの時間は、28時間。




「なあ、ニー。カース3兄弟もゼロさんも、世界最強クラスって話やなかったっけ? 実際、どっちもメッチャ強くて、盗賊団を相手にしてた時はアホほど無双してたのに……なんで、『あいつ』には、こんな、まあまあ簡単にやられるん?!」


「……あの子らは、直接闘うのが得意な子たちじゃないからね……」




 センによって魔改造されたウイングケルベロスゼロ(EW)は、当然のように凶悪な性能を誇っているが、それは、飛行オプションとしてのスペックの話。
 ステータスの数値は破格だが、戦闘力に関しては、『直接戦闘が弱過ぎて話にならないカースソルジャー』にも劣る。
 同等に近い存在値を持つ者が相手だと相手にならない。




 あえて例えるなら、ウイングケルベロスゼロ(EW)の戦闘力は、『手先が不器用で、かつテレビゲームなんて人生で一度もまともにやった事がないお婆ちゃんの格ゲー力』より下。




「神の力が使えるならともかく……現世で、存在値トントンの『殿堂入りした連中』を相手をした場合、流石に通用しないんだよ」


「その殿堂入りって、なんなん?!」


「……『逸脱者』とか、『資格を持つ者』とか、色々と言い方はあるけど、簡単に言えば、その世界の『準神様』をやっている連中。御主人みたいな、正式な神様じゃないけど、『そうなれる可能性』を持った連中の一人って事」


「なんで、そんなヤツが、あたしの邪魔しにきたん?! 準神様ってことは、一応、善側のヤツちゃうん? なんで、盗賊団を壊滅させようとしとったあたしの邪魔するん?!」










「貴様がイレギュラーの眷属だから」










「うわわわ!」


 突如、前方に現れた男を見て、シグレは青い顔で叫んだ。


「正直、驚かされたぞ。凄まじい召喚獣だった……噂のイレギュラーが、まさか、『あれほどの召喚獣を、眷属にポンと貸し与える事ができるほどの存在』とは思わなかった……懐疑的だったが、あるいは、本当に、六番目の従属神になりうる器なのやもしれん」


 言いながら、その男は、




「自己紹介がまだだったな。私はホルスド・ガオン」




 大柄で筋肉質だが、ハッキリとした気品を感じさせる顔立ち。
 真っ白な肌、刈り上げた茶髪。


 派手すぎない金の装飾物を全身にほどよく散りばめて、半楕円形の真っ白な布を体に巻いている(古代ローマ人っぽい恰好)。




「五神の一柱。大いなる主に仕える者。そして、今は、イレギュラーに試練を与える役を仰せつかっている……つまりは、まあ、神の試験官と言ったところか」


「……なに言うてるか、さっぱりわからへん。マジで、あんた、なんで、あたしに攻撃してくるん? あたし、あんたに何もしてないよな?」


「我々の接近に『気がついたから』かどうかは知らないが、イレギュラーの反応が、魔王国から消えてしまったのでね。眷属である貴様をエサにして、イレギュラーをおびき寄せることにしたのだよ」




 ホスルドは、淡々と、




「というわけで、これから、貴様には、全力で鳴いてもらう。きちんと教えてやったのだから、私の意図は完璧かつ十全に理解できたな? けっして声を抑えず、感情を隠さず、全力で、みじめに、ぶざまに、滑稽に……イレギュラーへ助けを求めろ。わかったな」




 言いながら、右手の人差指を、親指で押さえつけるようにして、ボキっと鳴らした。











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く