『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 初めてのレベルアップ、はじめての魔法。そして、

 50話




 『数真』の項目にある『レベルを上げる』をタップしたゼン。


 すると、




『経験値をいくつ使いますか?』
     【0】




 そこそこゲーム慣れしているゼンは、困惑することなく、そのメッセージを受け入れた。
 そして、ゼンは、とりあえず、1と打ち込んで決定ボタンをタップする。


 すると、


『おめでとうございます。レベルが3にあがりました。【雷術、ランク1】の魔法を覚えました』


 そのメッセージが表示された瞬間、ゼンは、全身に力がみなぎってくるのを感じた。
 体が軽くなり、視界がクリアになる。


「へぇ……」


 感嘆の声をもらしながら、ゼンは、全身をチェックする。


「なんか、強くなったって分かるな……」


 体の軽さに、つい、顔がほころぶ。


「それに、魔法も使えるようになったのか……魔法、はは……ついに俺も魔法を覚えちゃったよ……いいね、いいね、いいねぇ。これこれ、こういうのがしたかったんだ」


 満面の笑みで、そうつぶやきながら、ステータス画面を確認してみると、




 000000000000000000000000000000000000000




 《レベル》     【3】
 《GODレベル》  【279】


 [生命力バリア]  【6789/6789】
 [MP]      【1956/1956】
 [スタミナ]    【15/35】


 「攻撃力」       【3】
 「魔法攻撃力」     【3】
 「防御力」       【5】
 「魔法防御力」     【2】
 「敏捷性」       【2】
 「耐性値」       【3】
 「バリア再生力」    【2(+2000)】
 「魔力回復力」     【3(+2000)】
 「スタミナ回復速度」  【3】
 「反応速度」      【2】


 「隠しパラメータ合計値」【189】


 「獲得経験値」     【2】
 「ネクストEXP」   【1】




 111111111111111111111111111111111111111






「そ……そんなに上がっていないな……けど、強くなったって、しっかりと実感できている……不思議なもんだ」


 そこで、ゼンはピョンピョンと飛び跳ねてみた。


(前よりも『倍』くらいジャンプできるようになったとか『そういう訳じゃない』けど、あきらかに体が軽くなっている。けど、筋肉は重くなった……へんな感じだ)




 腹の底に力を入れると、身体の輪郭が明確にイメージできた気がした。


 『産まれた時からつけていた重り』をわずかだが外せた――みたいな、妙な気分。


 なぜか分からないけれど確信できる、ほんの少しだけ『自由』に近づけた感覚。


(握力、完全にあがっているな……)


 グーパーグーパーしてみると、力の入り方が違った。


(これなら、きっと、こんぼうで殴った時のダメージとかも、かなり違っているはず……ためしてみたいな……)


 体がウズっとした。


(また、ゴブリンが出てきてくれるとありがたいんだけど……)


 先ほどと全く同じタイプのヤツが相手なら、もはや、負ける事はありえない。


(こうなったら、いっそ、ウジャウジャと出てきてほしいところなんだけど……)




 しかし、残念ながら、その気配はない。




(水場的なアレを探すついでに、ゴブリンも探してみるか。ウルフ的なのや、スライム的なのも、いるなら闘ってみたいんだが……おっと、その前に魔法の確認をしておくか)


 そこで、ゼンは、


(うまれてはじめての魔法……ふふっ、ワクワクするねぇ)


 ドキドキしながら、掌を上に向けて、








「雷術、ランク1」








 詠唱した直後、
 パチッっと、掌の上で、


 『シャー芯くらいの大きさの水銀みたいなの』がわずかに光って弾けて消えた。










 ……それでおしまいだった。










「……? な、なんだ、今の……静電気か?」


 あまりのショボさに呆然としてしまった。


「ぁ……あんなんで、何をどうしろってんだ」


 ゼンは、そのあとも、何度か雷術を試してみたが、


「ダメだ……一瞬だけパチって光って終わりだ……クソの役にもたたねぇ。なにが魔法だ。これだったら、バラエティでよく見る電流ボールペンの方がまだマシな気がする」


 そこで、ゼンは、GLに関する情報を思い出す。


「そういえば、魔法もGPで強化できるんだよな……強化すれば、少しはマシになるのかね……試してみたいけど……結局、いまだに、GPの使い方がわからねぇんだよなぁ……」




 などと、ぶつぶつつぶやいていた、


 その時、














 ――ガツゥゥンッッ!! っと、後頭部に激しい衝撃が走った。














「ぐぁっ! なっ――」




 一瞬だけグラっとしたが、おそらく『ある一定』をこえたのだろう。
 間違いなく、気絶級のダメージを受けたのに、そこまで痛みは感じなかった。
 もちろん、かなり痛かったのだが、『小指をタンスの角にぶつけた』くらいの痛みにおさまって、その痛みも時間とともに、スゥウっと消えていった。




 ゼンは、慌てて振りかえると、




「……どたまに、思いっきり入ったってのに、気絶はおろか、なんでよろめきすらしない……どうなってやがる……」




 鉄のハンマーを手にもつ、身長170センチを超えている屈強な体格のゴブリンがそこにいた。


 肌は緑色で、耳が尖っていて、しっかりとした豚っ鼻。
 だが、モンスターという感じはしなかった。
 『人間だ』とは思えないが、『それに近い存在である』と頭の奥が認識した。


 妙な感覚だったが、ゼンは、これも、素直に受け入れることにした。


 ――このゴブリン、
 間違いなくブサイクだが、知性を感じさせる目をしている。
 身にまとっているのは、しっかりとした麻の服に、革の靴。
 右手に鉄の籠手をつけて、腰には2本の剣を差している。




 ゼンが3秒ほど観察に徹していると、
 ――そのゴブリンが口を開いた。




「……まったく、今日のおれは、運がいいのか悪いのか……」






 そのゴブリン――『亜人(ゴブリンの進化種)』は、
 苦虫をかみつぶしたような顔で、
 ピリピリとした警戒心を隠さずに、ゼンを睨みつけていた。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く