『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

36話 GPの使い方と、初エンカウント。

 36話








(随分と、狂った状況になってんな。いろいろと言いたい事はあるが……まず、上がり過ぎだろ、GL……そして、低すぎだろ、俺のレベル……第一アルファ人の平均って7のはずなんだけど……)


 そこで、ゼンは、レベル2というのが、この世界だと、どのくらいなのかを、頭の中を探って調べてみた。


(この世界の人間だと、レベル2の身体能力は、おおよそ…………は? 『五歳児の女の子』くらい? ……ひ、酷過ぎる……)


 かなり落ち込んだものの、


(ま、まあ、でも、GLのおかげで、生命力が高いから、モンスターに遭遇しても、なかなか死なないだろうし、MPが多いから、魔法とか覚えられれば、色々と、どうにかなるような気がする……うん、前向きに行こう。……そういえば、このバリア再生力と回復力のプラス2000ってなんだ? なんの分の上昇値?)


 そこで、ゼンは、自己再生力の項目をタップしてみた。
 すると、ウインドウが表示されて、


『セット装備コンプリートボーナス【逆説的な身を焦がす衝動】により、
 バリア再生力・魔法回復力、上昇(極小)。
 ※ 戦闘中は効果なし』


(なるほど、このイカれたファッションの効果か……しかし、2000も上がって、(極小)か……さすが、腐っても究極超神器……その大層な肩書きは伊達じゃねぇってことか……それとも、戦闘中は使えないからこその数値か? もしくは、ある程度の領域までいくと2000は大した事がない? うーん……その辺は、よくわからないな……頭の中に入っている情報、色々、抜けすぎなんだよ……)


 そこで、ゼンは、


(そういえば、GPの方はどうなっているんだ? GLが1上がったら、GPも1獲得なのかな?)


 そこで、ゼンは、GPの項目を探そうとするが、


(ん? ……えっと……あれ? ……ん? ど……どうすれば……あれ?)


 色々と弄ってみたが、


(おいおい、GPの使い方がわからねぇぞ……頭の中の情報にもないし……どうなってんだよ、神様よぉ……)




 そこで、ゼンは、一度、深く、溜息をついてから、




「頼むぜ、まったく……」




 つぶやきつつ、天を見あげ、両手でメガホンをつくって、




「ちょっ、神様ぁ!! タイム! 『数真』の使い方だけ、教えてー」




 呼びかけてみるが、


 ――返事がない。
 ただの青い空のようだ。


「ちょっ……これだけはマジで教えてもらわないと、チートもらった意味がないんだけど……いや、まあ、HPとMPが、すげぇ高くなってありがたいんだけどさぁ……こんなカスみたいな攻撃力や防御力じゃ流石に……」




 と、その時、


 ゼンの大声を聞きつけたのか、森の奥から、










「ゲギャギャ」












(――どわぁぁ……なんの目途もたってない、この危機的状況下で、モンスターとエンカウトしちゃったよぉ……くわぁあ)




 現れたのはゴブリンだった。
 身長一メートルくらいで、棍棒を持った、スタンダードなタイプ。
 ただ、目とか爪とか歯とか、若干生えている髪とかが妙に赤い。


(まあ、あれだけ大声出したら、敵も寄ってくるわな……いやぁ、だって、まさか、シカトされるとは思わなかったんだもん……説明不足は神様側の不備なんだから、普通に対応してくれると思うじゃん……だって、俺、現代っこだもん)


 などと、心の中で、誰にでもなく、己の愚かさについての言い訳をしながら、


(さて……バカを言っているヒマはねぇぞ。とにもかくにも、あのキモいバケモノを殺さねぇと)


 フゥウっと深く息を吐いて、ゴブリンを睨みつけるゼン。


(……どんな世界においても、ゴブリンは、群れていてもザコってのが基本。そのザコが運よく一匹でご登場。その上、俺は、普通よりはるかにHPが高い……いけると思うんだけど……いけるよな? 流石に負けねぇだろ。まあ、でも、一応、確認、確認)


 と、心の中でつぶやきながら、ゼンは、左目を閉じた。
 そして、少し集中する。
 眼帯を通したプロパティアイの発動。




 000000000000000000000000000000000000000


 『名前はまだない』
 『火ゴブリン』


 《レベル》    【5】


 [HP]     【109/128】
 [MP]     【39/52】


 「攻撃力」    【7】
 「魔法攻撃力」  【12】
 「防御力」    【7】
 「魔法防御力」  【9】
 「敏捷性」    【2】
 「耐性値」    【6】




 111111111111111111111111111111111111111














(えー、なんか、まあまあ強くない? ……てか、俺が弱いのか?)











「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く