『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

35話 圧倒的な速度

 35話 圧倒的な速度




(冒険者試験は、チームで挑む方が何かと有利になるそうだから、まずはシグレと合流して冒険者試験の突破を目指す。この世界じゃあ、冒険者じゃないと必要な情報は集まらないし、重要そうな国に足を踏み入れる事もままならない。俺は、『この世界の闇を支配している裏組織』を潰さないといけないんだから、冒険者になるのは必須)


 他人とつるむのは趣味じゃないが、目的のために我慢するくらいの事はできる。


 ゼンは思う。


 ――だてに、地獄(日本の義務教育)は見てねぇぜ――
 ――こちとら、修学旅行にも逃げずに立ち向かったんだ、ナメんなよ――


(ふむ。森から出た後のルートは決まった。……あとは、ここから出る方法。そのためにも、まず、自分に何が出来るのかを考え……ぁ、そうだよ。まずは、何においても、自分自身のステータスの確認をしなきゃダメだろ。動転しすぎだぜ、俺)


 両手で、パンパンと自分の頬を叩くゼン。


(何かの間違いで、魔法の一つでも覚えていれば、色々と視野も広がるんだが……最高なのは、水の魔法。飲める水が出せる魔法さえあれば、どうにか……)


 そこで、ゼンは、スマホを取り出して、数真を起動させる。


 すると、


『通知機能をONにしますか?』


 というメッセージが表示された。




(……通知機能ねぇ……まあ、ONにしていて問題がある機能って感じじゃないし)




 そう思い、ゼンが、ONにすると、




     テレレレッテッテッテー!


     はじめて異世界転移をした。
     まあまあの経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。










「……は?」










     テレレレッテッテッテー!


     むせかえるような森の香りに戸惑った。
     ちょっと経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。






 脳内に響く謎の声。
 その声はとどまる事を知らず、




     テレレレッテッテッテー!


     たくさんの見た事がない虫を見た。
     少しだけ経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。




     テレレレッテッテッテー!


     呼吸をした。
     ちょっと経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。




     テレレレッテッテッテー!


     二酸化炭素と酸素を交換した。
     ちょっと経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。




     テレレレッテッテッテー!


     水素イオンを体外に排出して、体内の酸塩基平衡を保った。
     ちょっと経験値を得た。
     ゼンの『GODレベル』が上がった。






(うるせぇ、うるせぇ! つぅか、後半、ぜんぶ、呼吸じゃねぇか! 呼吸だけで、どんだけGL上がってんだ)






 延々と鳴り響く声にイラついたゼンは、通知機能をOFFにした。
 同時に静かになる頭の中。


(何をしても上がるとは聞いていたけど、まさか、マジで、息をするだけでも上がるとは……まあ、もちろん、レベルアップに必要な経験値が少ない最初だけだろうけど……)


 心の中でつぶやきながら、ゼンは、自分のステータス画面を開いてみた。


 すると、


「おいおい……マジか……」










 000000000000000000000000000000000000000




 名前『ゼン』
 種族『サイバーアルファ人』
 職業『社畜の子』
 ・称号『漆黒の歴史を纏う者』
    『醜く穢れた逃走者』


 《レベル》     【2】
 《GODレベル》  【83】


 [生命力バリア]  【1592/1592】
 [MP]      【678/678】
 [スタミナ]    【29/32】


 「攻撃力」       【2】
 「魔法攻撃力」     【1】
 「防御力」       【2】
 「魔法防御力」     【1】
 「敏捷性」       【1】
 「耐性値」       【2】
 「バリア再生力」    【1(+2000)】
 「魔力回復力」     【1(+2000)】
 「スタミナ回復速度」  【2】
 「反応速度」      【1】


 「隠しパラメータ合計値」【127】


 「獲得経験値」     【0】
 「ネクストEXP」   【1】




 クラス魔法 「なし」
 グリムアーツ「なし」
 その他技能 「なし」


 スペシャル「成長速い」「成長超速い」「成長超々速い」
      「全世界一の成長速度」「神をも置き去りにする究極の成長速度」
      「強敵を倒した際の経験値7倍」
      「超強敵を倒した際の経験値30倍」
      「超々強敵を倒した際の経験値1500倍」






 111111111111111111111111111111111111111







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く