『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

32話 カッコいいプレゼント

 32話






「ちなみに言っておくと、『数真』には『自己鑑定やプロパティアイ』が内臓されている。その二つの機能がどれだけ便利か、すでにわかっているな? 有効に使え」


「ぉお、異世界転生あるあるきたぁ。いやぁ、まさか、自分にもステータスオープンが使える日がくるなんて……ああ、夢のようだ」


「ただし、どちらも低ランクだ。ちゃんとした目や魔法は、自力で会得しろ」


「うっす」


「さて、次に名前をやろう」




「名前? ありますけど?」




「俺から名前を与えられるってことは、俺の加護をえられるってことだ。神の加護をもつアルファ人は、サイバーアルファ人という一つ上位の存在になれる」


「神様の加護をえることで、なんでサイバー化よばわりされるのかナゾですが……まあ、くれるってものはもらっておきますよ。で、どんな名前をくれるんすか?」


「ゼン。それがお前の真名だ。これからはゼンと名乗れ」




「ゼンっすか……はぁ、まあ、別に……自分の名前にこだわりとかないんで、いいっすけど。ゼン……ゼン……はい、了解っす」




「さて、それでは、最後に、カッコいいやつをプレゼントしてやる」




 そこで、指をパチンと鳴らす神。




「……ん? うわっ、なんじゃこりゃ」




「どうだ、ファンタスティックだろ」




 ニっとイタズラに微笑んだ神の視線の先には、


 学ランの上から、丈の長いコートを合わせて冒険しているゼンがいた。


 漆黒で、タイトで、トレンチで、クロムハっている銀の装飾が、これ見よがしにジャラついている、シックでスタイリッシュでおしゃれでナウいヤングなコーディネートと相成っていた。




「おいおいおい、マジか、これ……うわっ、なんだこれ、うわっ、コートだけじゃねぇ……顔になにか……ひぃぃいいい……右目に、右目にぃい!」




 右目には眼帯。
 それも色は漆黒で、何やら意味深な多角形の星型が刻まれていた。
 マジックミラーのような特殊な素材で出来ていて、裏側からは全てが見通せる。
 かつ、数真と連動していて、簡易プロパティアイが発動しているので、見えなかったものまで見えるようになっていた。


 その眼帯の効果で、神のオーラが少しだけ見えた――が、今のゼン的には、そんなことはどうでもよかった。




「簡易版とはいえ、プロパティアイが常時発動していると、しんどいだろうから、集中しないと使えないように調整しておいてやるよ。……さて、それはそうと、鏡を用意してやったぞ。さあ、自分のカッコよさを堪能してくれ」




 目の前に現れた姿見に映る己の全体像を確認したゼンは、


「ぅわわわわわわ!」


 全身で、『この世の終わり』を表現しながら、その場にへたりこんだ。


「そのコートの名前は、『ファントムレクイエム』。眼帯の名前は『エレウテリアサーガ』。どちらも俺自作の究極超神器だぞ。そんないいものをタダでもらいやがって、羨ましいヤツだ。世界中の幸福を独り占めじゃねぇか……んっ……おいおい、どうやら、お前の幸運は、こんなところで立ち止まっちゃくれないらしい。やったな、ゼン。どうやら、そいつらはお前の事を心底から気にいったらしい。お前の事が好きすぎて、もう二度と離れてやらないとまで言っているぞ。このラッキーボーイめ」


「見た目だけじゃなくて、中身もゴリゴリに呪われてんのか、この服! え、うそ、マジで脱げねぇ!!」


「その二つはすごいぞ。なんと、着ているだけで、GL経験値が1・1倍に増えるんだ」


「呪いの重さにメリットがつりあってねぇ! ちょっ、神様、これ、マジでやめてください。むりむり、これで外は歩けねぇ!」


「そこに、この『黒炎が刻まれた革手袋』と『太ももの高さまである、チェーンつきのエンジニアブーツ』だ。これを合わせる事で、お前の全てが完成する」




「……ぅぅわぁ……っっっ!」




 抵抗も出来ないまま、手袋とブーツを装着させられ、全てが完成したゼン。
 完成した己の姿を目の当たりにして、心底から絶句するゼン。




「感謝しろよ、『革手袋の指だし』は流石に耐えきれないだろうと慮ってやった。そのせいでブーストを最大値まで持っていく事は出来なかったが、まあ、これでもセット装備ボーナスはSS+で、GL経験値は25倍。充分だろう。お前も、これだけの倍率ならば文句はあるまい」


「25倍……ぅ……それは、確かに……魅力的だけど……いや、でも、やっぱこのカッコは無理だって。こんな『世界中の中学二年生よ、オラに元気を分けてくれ』みたいな恰好は、流石に――」


「さて、それでは、準備も整った事だし、そろそろ旅立つ時間だ」


「あの、マジで、この恰好で異世界に送られる訳じゃないですよね? もちろん、ただの、この場で処理される、ちょっとした一発ギャグですよね? そんな訳ないですよね?」




「ゼン。これからお前は、過酷な――」




「まてまて、まとめようとすんな!」




「だが、安心しろ。必ず、努力は実を結ぶ。俺は信じている。たとえ、どんな苦痛、どんな苦難、どんな絶望であろうと、お前は、必ず、すべてを乗り越えて――」


「あんたから押し付けられた『この絶望』だけは乗り越えられねぇ! 俺は、呪われし暗黒の超勇者にはなれない! お願い、神様! これだけは――」


「掟に従い見送らぬ。すこやかにあれ、ゼン」






「俺を解き放て、俺は常人だぞ! ちょ、マジで、待っ――」












 ――こうして、ゼンは『原初の世界』に旅だった。










 ゼンを見送った直後、神――究極超神センエースは、


「さぁて、自分相手の神様ごっこ、終ぉわりぃ、っと。……それじゃあ、そろそろ本格的な修行を開始しようか。まずは、究極超神化6を強化する。今のままじゃあ、使い物にならないからな」




 言いながら、ストレッチをしつつ、




「そして、目指す。究極超神化7」




 センは、ニっと笑って、無限の空を見上げる。










「これから、複数のフルバグチートブーストを背負った『可能性の塊』が、必死になって追いかけてくるんだ。止まっているヒマはねぇ……俺も、とことんまで行ってやるさ」


 ボソっとそういうと、センは、完全集中モードに入る。
 この世の全てを遮断する、完全なる無の境地。


 そして、五分後、






「――究極超神化6――」






 真の姿になった神が、そこにいた。




「1分で動けなくなるんじゃあ、同格相手には使えねぇ……せめて15分くらいは変身できるようにしねぇと。……気が遠くなる道のり……だが、やる。やってやる。必ず越えてみせる」




 最強神の挑戦がはじまる。

「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く