『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

25話 超魔王軍ゼノリカの脅威

 25話




 気付いた時、センは、『輝く場所』にいた。


 淡い光で包まれた、幻想的な、煌めく雲の上。




 上を見れば、インディゴブルーの空が広がっている。


 ジオメトリを描く楕円の虹と、謳うように踊る無数の流星群。


 オーロラも見えた。
 右には弧状で、左には帯状。


 そんな空のもっと上は、濡れたタオルで拭ったような、キラキラとした惑星の祭典。


 朝で、昼で、夜だったんだ。










(イカれた場所だな…………もしかして、ここが…………神界……的な?)






 呆けていると、背後から、


「セン」


 声をかけられた。




 視線を向けてみると、先ほどまで何もなかった場所に、力強く瞬く『火の玉』が出現していた。
 そして、そこには、




「お前の願いは叶えてやった」




 まばゆい後光に包まれた神が座していた。
 とても人の手では創りだせないであろう『とても静かで小さな太陽』に、『何気なく』腰かけている。
 その姿はまさしく神。






 極まって厳かな空気の中、神は続ける。






「よって、対価を支払ってもらう」






 まだ、理解が追いついた訳ではないが、


「……はい」


 しかし、センは、ハッキリと頷いて、


「分かっています。確か、異世界で魔王を倒すんでしたっけ?」


「正式には『超魔王軍ゼノリカ』を倒してもらう」


「超魔王……っすか」


「お前が、これから挑む世界には、『リーン』という『魔王を名乗る幼女』がいるが、そいつは、ただの人間だ。『魔人と呼ばれている亜人の王』というだけで、正式な意味での『魔王』ではない。いわば、『自ら名乗った蔑称』と言ったところか。端的に言えば、魔王リーンは、悪でも闇でもない。つまり、お前が倒すべき敵ではない。お前の敵は、表ではなく裏にいる」


(裏……ねぇ。俺が倒すのはバラモスではなくゾーマ……的な? ふむ……まだ、詳細が分からないから何ともいえないが……こいつは、かなり色々と深く広そうだな)


「超魔王軍ゼノリカは、17軍からなる、とてつもなく大きな軍事組織だ。全世界を見渡しても間違いなく最大最強。まさしく究極の暴力装置」


「えぐいっすね」


「その通り。超魔王軍ゼノリカは凶悪最悪の脅威。超魔王軍ゼノ……ぁあ、鬱陶しい。これからは、超軍か、ゼノリカだけで行くぞ」


「ぁ、はい。お好きにどうぞ」


「ゼノリカは、全世界の『闇』を支配する地獄の軍団……それだけ強大な組織でありながら、表に、超軍の存在を知る者は、ほとんどいない」


「表には出ず、裏から全てを支配する……まさにラスボスって感じで痺れるじゃないっすか。倒し甲斐がありそうだ」


「最初に言っておくが、頭だけを殺しても、ヤツらは動く。全てを潰さなければ意味がない」


「へぇ、どっかの節足動物くもみたいな組織ですね」










「頭の名は、ゾメガ・オルゴレアム。絶悪で獰猛な、悪意を貪る超魔王」










「ぉお、名前からして、一筋縄じゃいかない感じがバリバリ出てますね」


「ゼノリカは、一応、ゾメガを頭としているが、実際には、三体のディザスター(存在するだけで大惨事なバケモノ)が同列の権限を持つ、ケルベロス体制だ」


「……それってうまく行くんですか? 頭が複数あると、混乱するって聞くんですが」


「ゆえに、ゾメガを正式な頭と設定して動く。どんな時でも、ゾメガの命令が最優先となる――が、しかし、ゾメガの命が最優先で守られる訳ではない。ゾメガが死ねば、残り二体のディザスターから、呼吸するように新たに王が産まれて再編される。やつらは死を恐れない。死を享受しているからだ」


「人気が出そうな組織っすね」


「超魔王軍には、『取られれば負ける王』というボーナス的な勝利条件はいない。イメージ的に、『飛車が三枚ある布陣』だと考えておけば間違いはない」


「なるほど。それで、他2枚の飛車はどういうヤツなんですか?」


「一枚は、世界喰いの異名を持つ、破滅と絶望を司る邪神『ミシャンド/ラ』。産まれおちただけで、世界一つを滅ぼした邪悪の化身」


「おお……産まれただけで世界を終わらせるとか……ハンパねぇ」


「最後の一枚は、最強の悪。ただひたすらに武を究めようと、もがきあがき続け、ついにはダークサイドに堕ちてしまった呪われし地獄の暗黒超勇者」


「勇者も魔王サイドっすか……なるほど、テンプレだけど、燃える展開じゃないっすか。で、そいつの名は?」










「やつの名は……『平熱マン』!」










「まさかの三段オチ?!」



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く