『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

最終回 ~~理想のエンドロールを眺めながら~~





 ――センは、嬉しさを抱きしめて泣きじゃくるサイを抱えたまま、アダムに視線を向けて、


「アダム、今日からサイはお前の部下だ。以降は、上司としてサイと接しろ。もし、サイが、俺との約束をやぶって、愚かしく暴れるような事があれば、その時はお前の手でキチンと始末をつけろ。言うまでもないことだが、一応、言っておく。裁量は与えるが、何をしてもいいわけではない。いいな」




「かしこまりました」




 返事をするアダムに頷いてみせてから、センは天を仰いだ。




「……ふぅ」




 と、一度、溜息をついて、




(さて、それじゃあ、本題だ。終わり方を考えようか)


 腕の中ですすり泣いているサイの頭をなでながら、


(この世界の謎とか伏線とか、色々と残っている気がするが、『そんなことはなかったぜ』って事で、オールスルーだドンっ)


 うーんと、大きく伸びをしながら、


(……アダムには、『守ってやれなかった詫び』兼『形見』として、究極超神器をいくつかやろう。ユンドラは……放置だな。情報とか、もういらん。ここからは、好きにしてくれや。世界でもなんでも見に行けばいい。サイの解析能力は、俺のフィナーレに使えそうだったら使う。俺が積み上げてきた力を全てパーンと分解させてハデに散る……アイディアとしては、なかなか悪くない。もし、望むなら、そのまま、『俺の全部』をくれてやってもいい。サイは、俺の目を見て約束してくれたんだ。きっと、もう、愚かな事はしないだろ……それに、この先、俺の力が、どこかで必要になることもあるかもしれないしな)


 センは、自分に関わった者たちの後処理を考える。
 ここまできて、いまだ残っている日本人気質。
 変なところで律儀。


(ラムドは普通に解放しないとな。あとは、神連中にも別れの挨拶をした方がいいかな……いや、別にいいか。『死ねるようになったよ』と伝えたところで、あいつら、『ああ、そう』しか言わないだろうし)


 関わりの強い神は何柱かいるが、仲が良かったかと言われれば微妙なところ(というか、神々からは、若干、嫌われている)。




(……魂の系譜に連なっている連中も……放っておいていいだろう。何人か泣くだろうが、知らん、知らん)


 全員、立場のあるいい大人。
 師匠の死なんて、乗り越えてナンボ。
 しめっぽいのも嫌いだし――とセンは、弟子たちの事をサラっと流す事にした。










 ――他に果たすべき責任はなかったかと、色々考えてから、


(うん、そんなもんだろう。もう、何も問題はない。あとは終わるだけだ)


 ニッコリと微笑んで、


(盛大に、綺麗に、あとくされなく、幕を閉じよう)




 心の中でそうつぶやいた。


 とても晴れやかな顔。
 美しく最終回を飾れる事に対する喜びをかみしめる。




 気まぐれにふいた風が、ボコボコになった交差点をかけていった。
 気の利いた雲が、柔らかく重なって、日差しを薄く伸ばす。


 まだ全然明るいけれど、いくつか空に星が見えた。
 そこには、澄んだ輝きが、ボヤけながら、けれど確かにあったんだ。










 長い、長い、長い、闘いだった。










 ふいに、たくさんの思い出がこみあげてきた。


 はじめてスライムを倒した日の事。
 はじめて魔王を倒した日の事。
 はじめて神になった日の事。


 今となっては、すべてが悪くない思い出だと思えた。






「もう飽きてしまったけれど……異世界転生……うん、いろいろ、楽しかった! 俺は間違いなく幸せだったよ!!」






 腹の底から出した大きな声で、
 全ての世界に別れの挨拶を。




 心の底から溢れた想いで締めくくる。


 幸せだったよ。
 楽しかったよ。




 ――最後だから、ほんのちょっぴり本音を――


 命には、意味があったよ。
 正しく使えたかどうかは分からないけれど、
 救えた命はたくさんあったんだ。


 この手からこぼれた命も多いけれど、
 この手は、たくさんの『やさしい想い』をすくってきた。
 それだけは、事実なんだ。








 だから、センは、




「――バイバイ」




 世界を見渡しながら、満面の笑顔で、そう言う事ができた。










 ――こうして、センの無限転生は終わった。
 ――永い旅の終わりは、唐突で、呆気なくて、けれど、それなりに綺麗だった。




 少しだけ雑に、けれど、やっぱり美しく、






 ――鮮やかに舞い散った――






 これは、そんな優しい閃光の物語。








 めでたく、かんけつ。
 これにて、ジエンド。
 めでたし、めでたし。










 ありがとう、セン。




 ――さようなら、何よりも最強で、誰よりも最高だった、究極の神様――













「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く