『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

57話 終焉

 57話




 桜をいいなと思い始めたのは、実年齢が80を超えてからだった。


 ガキの頃は、桜なんて気にした事もなかった。


 何に惹かれたのか、実は、今でもよくわかっていない。


 もしかしたら、単なる懐郷病かもしれない。


 もしかしたら、純粋に、その儚さに憧れたのかもしれない。


 もしかしたら……


 うん。理由は分からない。


 ただ――










 ★












 1000人のセンに、サイケルは囲まれていた。
 ※ (神の数え方は、『人』でも『柱』でもいいって事にしていただきたく)




 サイケルを囲んでいる1000人のセンは、全員、サイケルに冷たい視線を送っている。






(影分身? オーラドール? ……違う……これは、なんだ?)






 サイケルは、目線を何度も往復させて、1000人のセン、その一人一人を睨みつける。






 困惑しているサイケルに、センは言う。






「……裏閃流、秘奥義『閃舞千本桜』。80秒しか同調できない、俺の異次元同一体。ようするに、ぜんぶ俺だ。人形でも分身でもない。まぎれもない俺自身」






「ま、まさか……」


 虚偽だとは言えなかった。
 感じてしまったから。


 一人一人が、確かな威圧感を放っている。


 彼らは、一人一人が、まぎれもなく、舞い散る閃光。






「……く、狂っている……」






「そうでもないさ。同調するだけなら、さほど難しくない。お前も使えると思うぜ。つぅか、究極超神で、この程度の技が使えないヤツは一人もいない」


 時空系と次元系の魔法を組み合わせる応用技。
 簡単ではないが、神であれば出来ない技ではない。


「ただ、混線する無意識を統一するのに、俺は250年かかった。知り合いの一人は、万年単位で修行していながら、いまだに700体の制御しか出来ていない。……さて、お前は『お前』を何体制御できるかな」




「……」




「やらないのか? もしかして、やり方がわからないか? はっ、だろうな。なんだってそうさ。『可能性がある』と『出来る』は概念レベルで全く違う。……もちろん、やり方を教えてやったりはしねぇぞ? 当たり前だろ? 俺は神の号を名乗った。つまり、『ここから先の俺』は明確な『お前の敵』だ。塩の一粒たりとも、おくりはしない」




「……てき……きさまが……私の……てき?」




 改めて認識すると、脳味噌に穴が開いたような気分になった。
 スゥウっと背筋が凍る。




 センは、サイケルの覚悟が固まるのを待ったりしない。
 問答無用で、




「さあ、行くぞ。全力で……心をこめて……」




 全てのセンが、一斉に、両手で印を組む。






「「「「「「「「――【センの創世日記】――」」」」」」」」」






 ――次の瞬間、サイケルは、違う世界にいた――






 荒野と草原と海が混ざっている砂漠。
 上を見れば、青空とオーロラ。
 そのさらに上には、敷き詰められた満点の星。


 朝で、昼で、夜だった。


 乱反射している鏡の虹と、クルクル踊っている流星。


「ぁ??!!!」


 狂った世界だった。


 ただ広大で、何もないのに、全てが詰め込まれていると、暴力的に理解させてくる、イカれた時空。


(世界を創ったのか……神ならばおかしくはない。おそらく、私だって、その気になれば可能……それはいい、それはいいのだ……が……これはどういう世界だ?)


 いくつもの世界が無秩序にばらまかれているようで、しかし、どこか不思議に調和している。
 存在しているだけで、脳がバグりそうな世界。










「ここは、牢獄。無数の世界で出来た檻」










「……センエース! 私の前に立つ神よ! どこだ? どこにいる?!」










「86000のアルファ。――大きさと密度だけならば、現存する『世界全て』をも上回る多元領域」


 センが創造した『虚無界』の広大さは異常。
 規模だけならば、『現実世界』を超えている。
 あくまでも、規模だけに限定した話ではあるが、しかし、間違いなく、この『サイケルを閉じ込めるためだけに創られた世界』の方が、実在する全宇宙よりも大きいのだ。










「その全てを超速圧縮させて、お前を潰す」










 その発言を聞いて、サイケルは、クラっとした。
 センが口にした内容の『途方も無さ』に、ただただ言葉を失った。


 センは、続けて言う。


「終わらない恐怖を教えてやるよ。俺が散々味わってきた絶望を知るがいい」


 声が終わると、
 1000人のセンが合唱。




「「「「「「「――【弧虚炉こころ 天螺あまら 終焉加速】――」」」」」」」




 次元震が起きた。
 強制的なビッグクランチ(超大収縮)。
 その連鎖。






「ぁ――」






 サイケルを包んでいた86000の断層世界が、一瞬で、一対の素粒子にまで圧縮された。
 最初の0と1。


 そこからさらに小さくなっていく。
 破れて、重なって、崩れて、もっと、もっと奥へ。
 終わりなく無に近づいていく。


 生じたのは、サイケルが望んでいた、全てが一になる瞬間を包む、極小の泡。


 悲鳴をあげるまでもなく崩壊してしまったサイケルの肉体。


 圧縮されたコスモスの深部で、数え切れないほどの再生を繰り返すサイケルの魂魄。


 オメガ無矛盾を殺す、有機的なカオス。
 何も書かれていないラクガキという秩序。
 注視すれば前衛芸術、俯瞰図ではただの二次関数グラフ。


 ――やがて、肉体の再生が追いつかなくなり、










 // ……あれは……コスモゾーンか…… //










 サイケルの『一次的に得た、本物の多角性を有する無意識』が、終着点を垣間見た。


 神の視点。
 形而上の観測。


 死が収束する無次元の特異点。
 タイプ8の価値観。


 『ここではないどこか』しかない世界で、永遠に踊り続ける。


 無限の死を感じた。
 とてつもない恐怖が込みあがってくる。


 輪郭が円よりも丸くなっていく。


 直線が実現する。


 一秒が膨張していく。




























 億倍速で見る興奮時の脳波みたいに、死と再生が超短期の間で幾度となく繰り返される、そんな無間地獄の途中で、








 サイケルは、『神域に至った無意識』を狩られたのを感じた。




 //まだ――殺す気か――もう――やめて――//




 センは、止まらない。


 まだ、神の一手は終わっていない。


 サイケルの精神体を抽象化させて、
 また、全員で合唱。






「「「「「「――『余威よいからすと虚数殺し』――」」」」」」






 グリムアーツを放った。


 一見、ただの、くうを握るアイアンクロー。


 千人のセンが、それぞれ、何もない場所を掴んだだけ。


 だが、




 //……今、どれだけの私が死んだ……というより……私の何が死んだ……//




 果てない暗闇。
 宵の銃牙がうたう弾奏。
 『凍える朝焼け』だけが繰り返されては霧散する。




 ゼロの奥底に閉じ込められて、終わらない死をつきつけられる。




 限りなく永遠に近い一瞬が、


 幾度となく、何度となく、ただただ、延々に、


 ――繰り返される。






 //オオオオオオオオオオオオ//






 続く、続く、つづく、地獄。


 廻って、廻って、廻って、


 だけれど、まだ、それなのに、どうして、続く、






  無限を彷彿させる地獄の中で、




 // ……アイサレ…… //


 // ……タカッタノ…… //




 深部の底で、ほんのわずかに、すくいあげられた心。
 全部とっぱらった奥に残った、一番純粋な気持ち。


 すべてを一つにすれば、もしかして……なんて、そんなクダラナ――






 ――ふいに、










 サァアアアアア……










 っと、暗闇が晴れた。


 風景を取り戻す。
 滅んだ無人都市。




 ――風が吹いていたんだ。










「ぁ……ぁあ……」










 気付いた時には、ほとんどが灰と化した真っ白なサイケルが、無人都市の道路で横たわっていた。










 蘇生が追いつかず、末端から崩れていく。


 再生と破壊が、サイケルの中を何度も何度もループする。










「――ころし……て……」










 全ては、たった8秒の出来ごとだった。
 が、センによって、強制的に心的時間を引き延ばされていたため、サイケルが体感した地獄の尺度は20億年を超えていた(カウントされた数字ではないため、正式に断言する事はできないが、サイケルに聞いた時、『このくらいだった』と答える数字の範囲が20億年オーバー)。




「……私に……死を……どうか……」




 潰れた声で、そう懇願するサイケルの耳元で、
 サイケルの事などガン無視して、センは、






「アダム」






 その奥にいるアダムに声をかける。


「お前は今まで頑張ってきた。今も頑張っているのは知っている。全て理解した上で、これから俺は、お前に命じる」




 どこまでも厳しい命令。


 センは言う。


「もともと買ってはいたが、今回の件で、俺はお前を完全に認めた。俺はお前が、お前で在り続ける事を望む。だから、俺のために」












 ――まだ、頑張れ――












 ビシィ……


 と、何かがヒビ割れる音がした。


 サイケルの外殻が割れた音。


 ヒビはビシビシと広がっていって、ついには、そのカラを砕く。




 奥から――










「……おおせの……ままに」










 全身ズクズクで、原形をとどめていない、デカいアメーバが這い出してきた。


 センは、その不定形の塊を、










「よく頑張った。偉いぞ」










 やさしく抱きしめて、そう言った。



「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く