『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

50話 幻覚だ! ゲーンカク! ゲーンカク! ゲーンカク! 

 50話




「幻覚だ! ありえない!! 絶対に幻覚だ!! 幻覚だ、幻覚だ、幻覚だ、幻覚に決まっている!!」


「もし幻覚だったら、それはそれでヤベェだろ。超神の目をごまかせてんだから」


「果てない領域に至った幻術使い!! おそらく、貴様の存在値は500億近い! それだけの力があって、偽りの道に走るとは愚かなり!! 所詮は幻覚!! 私を超える力ではない!」




(その目で現実を見たというのに、受け入れるための努力をするどころか、自分を慰めるだけで必死……こいつ、本当にアダムを吸収してんのか? それにしては、色々と酷過ぎるんだが……)




「醜い! 貴様は醜い! 貴様の存在そのものが、神に対する冒涜だ! 虚飾で体を大きく見せようとする事しかできない虫ケラ! 貴様など――」


「虚勢はまだ続くのか? アホ相手に『潔くなれ』なんて言うつもりはないが、流石に見苦しい。構えろ、クソガキ」


 そこで、センは、キノをアイテムボックスに戻して、


「神化までなら、素の状態でも、神器を使えばどうにかなったが、流石に、超神化したヤツが相手だと素じゃどうにもできない。と言う訳で、これからは、神として闘ってやる」


 そこで、センは、フゥっと息を吐く。
 パンッっと雑に両手を合わせて、奥歯に少しだけ力を込めた。










「――超神化――」










 センの体が光に包まれる。


 淡く静かな輝き。


 あえて強く押さえつけた薄い後光。


 どこか鈍さすら感じる光だというのに、感じる力強さと圧力は異常。






「ひっ……た、た、闘うというのか! この私と! どこまで愚かなのだ! やめておけ! 私は強すぎる!! 誰も届かない真なる頂点!! 最強の神!! 決して――」








「裏閃流、秘奥義」




「や、やめろと言っている!!」










「――カース・ストライクフリーダム」










 宣言すると、周囲の地面に、山ほどジオメトリが出現する。


 そして、そんな無数の禍々しいジオメトリから、『奴ら』が這い上がってくる。
 呪われた紫色の鎧を纏う魔人。




 ――総勢、150体。




 その存在値は、一律『500億』。




「ど、どういうことだぁああ、その数はぁああああ! というか! はぁあああ?! 一体、一体が……な、なんだ、この強さぁああああああ?!!」




 集団となって襲いかかってくるカースソルジャーを、どうにか迎撃しながら叫ぶサイケル。


 対処できないほどの強さではない。
 というか、『なぜか攻撃してこない』ので、ノーダメージで倒せている。


「なぜ、攻撃してこない! ワタシの周囲を走り回るだけで、いったい、何がしたいんだ、おまえら! ずっと、ずっと、なんなんだ、なんなんだよぉおおお!! ――――んっ……なっ……」


 戦闘中、ふいに、足下がグラついた。


 気分が悪い。
 吐き気がする。


 苦しい。
 全身が重ダルい。


「なんだ……」


 ついには、膝をつき、吐血する。


 そんなサイケルの周囲を取り囲み、特に攻撃してくる訳でもなくウロウロしている鬱陶しいカースソルジャー達。






「なに……が……」






「毒とバラモウイルスだけか。やるじゃないか。お前、ほんと、キャラスペックだけは異常なほど高いな」




「……はぁ……はぁ……まさか、状態異常……? ふざけるな……私は神だぞ……毒など、利くワケが……」




「ゲームじゃねぇんだから、状態異常が利かないヤツなんかいねぇよ。色々と頑張れば、限界まで利きにくくする事はできるが、そこまでが限界だ」


 シグレに貸し与えたニーも、魔法と状態異常無効という性質はついているが、当然、『ある一定までは無効に出来る』というだけで、『絶対完全無効』という訳ではない。






「く……ぃ……」






 そこで、サイケルが、


「ひ、卑怯……だ……こんなもの……」


「卑怯? おいおい、お前、それ、本気で言ってんのか? それとも、ボケで言ったのか? 後者だったら笑えないだけだが、もし前者だったら、心の病気を疑うぞ」


「卑怯だろうがぁ! げほっ、ごほっ……もどせぇ……ちゃんと闘え……そうすれば、私の方が……強いに……決まっている……私の存在値は……3500億だぞ……勝てる者なんか……いる訳ないだろ……」




 サイケルの、その発言を受けて、センは、小指で耳をほじりながら、




「お前を殺せるくらいのヤツだったら、知り合いに30柱ほどいるけどな」




 ボソっとそう言った。









「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く