『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

18話 神の傑作

 18話






「オートバイに乗っているように見えるか? 歩いて入ってきたに決まってんだろ」


「そういう意味ではないのだけれど」


(自動二輪って概念をスルーしたのは、当然のものとして認知しているからか、それとも、ただ流しただけか。ここの生き残りなのか、それとも、俺と同じ侵入者か……または、それ以外の特異な何かか……)




「外界の者は、ここには入れないはず……どうやって……いえ、いいわ。答えなくて」




 その女は、淡々と、無表情に、


「不思議ではあるけれど、『どうしても答えを聞かなければ気がすまない』という訳ではないから」


「そうかい。助かったよ。俺にも、理由は分からないんでね」


「とりあえず……それ以上、近づかないで。そして、すぐに帰りなさい」


「恥ずかしがり屋さんなのかな、それとも孤独主義かな? もし後者だったら、気持ちは分かるぜ。ボッチってのはいいよな。誰にも邪魔されず、自由で、静かで、豊かで、なんというか、救われているって実感できる」




「絶望したくないなら、帰りなさい。死にたいなら、勝手にしなさい」




「選択肢をくれんのかい。優しいねぇ。しかし、穏やかじゃないねぇ」


「ワタシに近づくと、アレが動く。アレが動けば、ワタシ以外、全員死ぬ」


「だよなぁ。アレは恐いもんなぁ。美味しいんだけどなぁ。恐いのは頂けねぇよなぁ」


「……」


 そこで、その美女は、はじめて、センの方に顔を向けた。


 無表情のまま、しかし、確かな不快感を張りつけた表情。


 その顔を見て、センはニっと笑い、


「ようやくこっちを向いてくれたな。こんにちは」


「………………こんにちは」


「センだ。こっちはアダム。そっちは」






「ユンドラ・エルドラド」






「フルネームの自己紹介、いたみいるぜ。それじゃあ、そろそろ建設的な話をしていこうか。――アレってのは?」


「……」


「答えたくないか? なら、別の質問を――」


「アレは――」


「答えてくれんのか。なら、さっさと言え、なんて無骨な事は言わないさ。各々のタイミングってのがあらぁな。――で、アレってのはなんなのかな?」










「――神の傑作」










「いいねぇ」


 言いながら、センは、心の中で、


(まあ、今までの神生で、8回くらい、その称号を持つヤツを相手にした事があるわけだが……そんな空気が読めていない事は言わないさ)


「アレには誰も敵わない」


「誰も……ねぇ。神の手によって生まれた創作物なのに、神でも勝てないのか?」


「神は死んだ」




「ぶふっ」




「……何?」


「いや、悪いな、笑うつもりはなかったんだ。全面的に謝罪する。申し訳なかった。失礼だったと反省はしている。どうか、気にせず、続けてくれよ、ニーチェ先生」


「ワタシはユンドラなのだけれど?」


「ああ、もちろん、そうだとも。それで? 神が死んだって話だが、なぜそれが分かる? 神の葬式に参加した経験でもおありなのかな?」


「そうでなければおかしいというだけ。神は、きっと、もういない」


「その結論に至った根拠がほしいねぇ」


「いくら呼びかけても、返事をしてくれた事がない」


「それが不在証明になるかっつぅと、微妙なところだが……まあ、どうとらえるかは個々の自由さ。好きにすればいい」


 そこで、センは、コホンと息をついて、


「ところで、お前に近づくと、噂のアレが動くって話だが、どの程度近づけば、その『アレ』とやらが動き出すのかな?」


「ワタシを拘束しているエリアに入った瞬間。具体的に言えば、そこから後、10歩ほど、ワタシに近づいたら、アレは動き出す」


「10歩か。と言う事は、後9歩か?」


 一歩、前に進んでそう言うと、


「死にたいの?」


「せいかーい」




 センは、おざなりの拍手をして、




「正式には死にたいではなく『終わりたい』なんだが……まあ、俺以外のヤツからすれば、些細な違いさ。気にしなくていい。――あと8歩」




「忠告はした。もう止めない」




「ありがたい判断だ。わずらわしいのは嫌いでね。ところ、一つ、聞いていいかな?」




 残り、7歩。




「あんたは、なぜ、拘束されている?」


「分からない」


「おやおや、そいつはもしかして、約束された勝利の『記憶喪失』ってヤツかな? これ以上、テンプレ増し増しになると、こちらとしては、色々と辛くなってくるのだが」


「記憶を失った訳ではない。ワタシは、いくつかの情報をインプットされた上で、『ここ』に発現した現象。『外界の者は、ここに入る事はできない』という事や、『部外者が、そのエリア内に足を踏み入れたらアレが動く』という事は知っている。しかし、ワタシが、なぜ、ここに存在しているのかは分からない。なぜ、ワタシが外にでようとすると、アレが邪魔をしてくるのか……ワタシは、何も知らない」


「ふむふむ、そっちのパターンね。――あと、六歩」


 言いながら、心の中で、


(……『この空っぽの都市には、そもそも誰も入ってくる事はできない』……のに、『その中にある、このエリア内に、誰かが入ってきた場合は、アレが動く』ときたか……くく……笑わせるじゃねぇか)




 残り、5歩。




「一つ聞かせてくれ」




 残り3歩。




「そこから出たいか?」




「逆に聞きたいのだけれど、ここに居続けたいと思う?」


「俺はごめんだ。しかし、俺の事はどうだっていい。生き物ってのは不思議なもんで、種族は同じでも、個体ごとに全く趣味嗜好が異なる。『何もない道路の上で永遠に漂っていたい』と思うヤツがいても不思議ではない。という訳で、そろそろ俺の質問に答えようか。そこから出たいか?」


「出たいわね。外の世界を見てみたい。ここで、ただ朽ち果てるだけだなんて嫌。けれど、無理。あたしはここから出られない」


「アレが邪魔をするからか?」


「そう。アレがいる限り、ワタシはここから出られない。つまり、永遠に出られない」


「くく……じゃあ」


 残り一歩。






「まずは、その幻想をブチ殺そうか」






「は?」












「気にすんな、ただのテンプレだよ」


 残り、0歩。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く