『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

8話 一国一城の主

 8話
 



「さっきから、これみよがしに魔剣をちらつかせているが……無駄だぞ。俺はどんな脅しにも屈しない」
 



 覚悟がうかがえる。
 

 強い態度で言葉を並べる店主。
 



「俺もかつては冒険者を目指した身。最も調子が良かった時でさえ三次までしか行けず、結局、冒険者になるという第一段階の目的は達成できなかったが、最も大事な夢はまだ続いている。もともと、俺は、確実に自分の店を成功させるために冒険者を目指した。冒険者にはなれなかったが、どうにか、理想的な店をもつことができた」
 





 店主は、ズイっと身を寄せて、圧力をかけてくる。
 



「俺の店に一歩でも足を踏み入れた以上、俺の決めたルールを守ってもらう。絶対に食い逃げはゆるさねぇし、一銅貨たりともまけてやらねぇ。冒険者は、尊敬しているという理由でタダにする。下心がゼロとは言わないが、自分が試験を受けてみて痛感した。冒険者になれるヤツってのはすげぇ。敬服する。だから、タダで召し上がっていただく。しかし、例外は冒険者だけ。俺の店で酒を飲みメシを食ったヤツで『金を払わなくていい』のは冒険者だけだ」
 





 どんな時でも、誰の前であろうと、冒険者は特例。
 

 当たり前の話。
 







「そして、食い逃げ野郎は、問答無用で衛兵につきだす。皿洗いもさせねぇ。ウチの皿を洗えるのは、俺のメガネにかなったヤツだけだ。ウチの店で働いているヤツは、全員、誇りを持って働いている。食い逃げ野郎の出る幕はねぇ」
 





 生きていれば、誰だって、自分のルールを持っているもの。
 









「言うまでもないが、男を掘る趣味も、幼女趣味もねぇ。その妙に容姿が整っている奴隷っぽいガキに奉仕させようとしても無駄だ。仮に、豊満な美女だったとしても答えは同じ。……さあ、どうする? 金を払うか、縛られるか。二つに一つだ。ちなみに、これも言うまでもないが、俺は忙しい。急いで決断しろ」
 





(くぅ……セイラに絡んでくれりゃあ、どうとでも出来たってのに……)
 







 そこで、ハルスは、壁にかけられている怪鳥の彫刻をチラ見する。
 







(この店、ガーゴイル・サービスと契約してやがるから、たかが酒場の分際で、次元ロックがかかっていやがるし……扉も、出る時限定で、店主の了承がなければ開かないようになっていやがるから、力づくで逃げる事もできやしねぇ)
 







 ガーゴイル・サービスは、簡単に言えば、この世界のセ○ムで、次元魔法を基本とした警備システムを提供している警備会社。
 

 超大手しか手が出ない『法外な契約金』を取る会社として有名だが、その値段に見合う働きはしてくれる。
 



 本来、大衆酒場が契約できるような会社ではないのだが――
 





(……結局受からなかったとはいえ、冒険者試験で三次までいけたって事は、それなりの実力者ってこと……金はいくらでも稼げたって訳だ……)
 



 冒険者試験で三次まで残れる者は、毎年、20人いるかいないか。
 



 『冒険者試験の二次試験突破経験者』という記録は、(もちろん、『冒険の書』を所有している者の後光よりも遥かに鈍い光だが)、胸を張って誇れる確かな実績として、その者の経歴を眩しく輝かせる。
 

 金貨5枚という、決して安くはない受験料が必要だというのに、毎年、冒険者試験を受ける者の数が数百万人にも及ぶ理由はそこにある。
 



 『明らかに受からないだろう』という者も、こぞって受験する理由は、
 

 ――『運でも何でもいいから『一次』を、出来れば『二次』を――
 

 とにかく、『通過した』という結果さえ得られれば、『何もない者』よりも遥かに有利になるから。
 



 たとえば、この世界には、いくつか、『冒険者試験で二次を通過した事がある者ならば無条件で雇用する』と明言している大手企業がある。
 

 ガーゴイル・サービスもその一つ。
 









(ちょうど金を持ってねぇ時に、魔人になった事を忘れて、たまたまガーゴイル・サービスと契約している店に入っちまうだと? ……なんだ、この激烈な不運は! ふ、ふざけやがってぇ……)
 



 ハルスは頭を抱えて、
 



(どうやら、カースソルジャーと闘って以降、俺の運は、地の底の底まで落ちたらしい。まさか、このまま永遠に転がり落ち続けるんじゃぁ…………なんて悲観している場合じゃねぇ。どうする……どうする、俺ぇ……)
 



 ガシガシと頭をかきむしって悩んでいると、そこで、
 













「あのー」
 









 後ろから声をかけられた。
 

 反射的に視線を向けてみると、そこに、黒髪の若い女がいて、
 













「そこの人。もし、よかったら、あたしに雇われてみぃひん?」
 








「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く