『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

7話 不自由な勇者

 7話




(やべぇ……そういえば、金いるんだよなぁ、こういう店って……)


 ハルスは焦っていた。


(……どうする……いつもは、俺ってだけでOKだったし、俺の顔を知らんヤツの店でも、冒険の書を出せばどうとでもなったから忘れていた……くぅ)


 極めて愚かだが、しかし、ハルスは第一王子の冒険者。
 五歳の頃から、ずっと、重鎮として生きてきた。


 ゆえに、当然、これまで、酒場で金を払う事などなかったのだ。


(くそ、くそぉ……魔王城を攻めるって時に、金なんか持ってかねぇから、当然、手持ちなんか無し……くぅ……)


 ハルスのアイテムボックスは容量が少ない(この世界においては最大クラスだが)ため、『決戦』に挑む際は、厳選しないといけなくなる。


 失ったとしてもさほど痛くはない『売れば金貨数十枚~数百枚になるクオリティ3~5のレアアイテム』を、ハルスは、全部合わせると三ケタ以上保有しているが、そのほとんどは王城の宝物庫に置いてある。


 金は、無駄に重いため、『本気の戦場』に向かう時は当然持っていかない。


 つまり、現状のハルスは詰んでいる。


 ――ちなみに、大概の店は、冒険者だとタダになる。
 冒険者が利用した。
 というだけで充分なハクがついて、一食分の元など余裕で取り戻せるからだ。


 常連になれば、それこそ最高。
 冒険者御用達の店には、誰もイチャモンはつけられない。


 やからは遠のき、結果、上客が増え、場合によっては税金も減る(持つ者は、もっと持つようになるシステム。弱者は『資源の一つ』でしかない)。










(慣れってのは、恐いぜぇ……つぅか、自分が魔人になったのを忘れて、普通に店に入るとか、バカすぎるだろ、俺……。ほんと、どうする……今の俺の所持品は、全部、金には代えられねぇ超貴重品ばかり……『三匹のカースソルジャー殺し』という命題を抱えている現状では、絶対に失う訳にはいかない至高の切り札達。少なくとも、一食分の代金を払うために売り払うなんざありえねぇ……くそぉ……どうする……)


 頭の中で必死に考えながらも、テンパっているせいか、口では、


「訂正しやがれ! 俺は、あまりにも高貴が過ぎて、庶民のルールを、うっかり忘れていただけだ! うっかりなんざ、誰にでもあるだろう! そうだろう?! つまり、俺がスゴすぎるのがアダになった! それだけの話だ! ご理解、OK?」


「いいから、さっさと金を払え。さもなくば、衛兵にさしだす」


「このガキャァ……人の話を聞きやがれぇ」


「魔人は人間と変わらないと聞いていたが……やはり、ただのモンスターか。慈悲などかけるべきじゃなかったな。客を選ばない俺のポリシーは、こういう時に痛い目をみるが、まあ、仕方ない。それが俺のルールだ」


 ごちゃごちゃ言っている店主の言葉は完全にシカトして、


(くそが……抵抗できねぇ以上、衛兵につき出されるのは、かなりやべぇ。仮に、アホが絡んできたとしても、屯所内に、まともなヤツが一人でもいたら、その時点でアウトだ。そいつには何もできずに取り押さえられちまう……セイラに目をつけてくれれば……いや、それだって、同じことだな)


 言いながら、頭の中では、


(あらためて思うが、不自由すぎるだろ、今の俺ぇ………………さ、最悪、頭を下げて皿洗いでもするしかなくなるか? ……いや、雇わねぇだろ、魔人なんざ……おお、やべぇ、色々考えてみたが、マジで詰んでやがる……こうなったら、マジで、どれか売るしか……現状の所持品の中で、最も低ランクなのは炎流……でも、これは、いろんな意味で売れねぇし……)


 ちなみに、何度か炎流をチラ見せしてみたが、反応はなかった。


 まだ『達し』がきていないだけという可能性もあるが、
 そもそも『そういう繋がり』はない可能性も高い。


(やべぇ……やべぇ……)







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く