『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

6話 1億の負債

 6話




「来週は急すぎるなぁ……せめて、一カ月くらいは準備期間が欲しかったんやけど……んー、今回は見逃す? ……でもなぁ……」


 シグレは、天を仰ぎ、数秒考えてから、


「まあ、ええわ。一応、受けてみて、落ちたら、一年後にまた受けたらええ。最悪、冒険者の資格が取れんでも、チートは、いっぱいあるから、生きていくだけやったら、そんなに難しくないやろし」


 そこで、シグレは、ニーを見て、


「あ、ちなみに、試験までの一週間、必死にレベリングしたら、あたしのレベル、どんくらいあがるかな? 20は無理?」


「シグレは、レベルが上がり難いレッドスペシャルを持っているから、一週間だと、どれだけ効率的に経験値を稼いでも、20は無理かなぁ」


「そっかぁ……神様にもらった『オマケ』が自己強化系とかやったらワンチャンあるかなぁとか思ったんやけど……」




 と、そこで、シグレのお腹かキュゥっと鳴った。




「そういえば、あたし、かれこれ15時間くらい、ごはん食べてなかったわ……どっかで腹ごしらえ……ぁ、ちなみに、ニー、お勧めのお店とかある? って、流石に、そんな事までは知らんか」


「この周辺にある、食べ物を提供する店は全部で二件。評価が高いのは西に五百メートルほど行った所にある『ソウカ』っていう大衆酒場だよ」


「なんや、この子。スマホより便利なんやけど。なんか、このままやと、この子がおらんと生きていけん体になってまいそうな予感」


「もしそうなっても問題はないと思うよ。ニーは、最後の瞬間まで、シグレの側にいて、シグレを守り続けるから」


「うわ、イケメン! このスライム、イケメン!」


 シグレは、西に向かいながら、ニーをギュっと抱きしめる。


「サイコロ勝負で勝って良かったわぁ……50以下を出した時の条件ってキツいもんばっかりやったけど、今となっては、『ニー禁止』が一番のペナルティやなって思うわ」


「もし、最低値を出していたとしても、ニーはシグレについてきていたと思うよ? 召喚獣っていう役割ではなかったと思うけど」


「え? それって、どういう――」


「最低値を出した場合、レッドスペシャルをつけられるだけじゃなく、一億の借金を抱えるっていう条件だったよね?」


「うん。それが?」


「チートを持っていない。欠点しかない。世界の事も何もしらない。住所不定無職で、教会に登録したナンバーすらないシグレがどうやって一億も稼ぐの?」


「……」


「何もできないし、誰も雇ってくれない。娼婦になったところで、誰もまともにお金なんか払ってくれないよ? 生かしておくためにパンを与えられるくらいかな。この世界は弱者にとても厳しいんだ」


「……」


「ニーは御主人が大好き。その、大好きな御主人から『シグレを守ってあげて』って、ニーは言われたの。だから、シグレの事は絶対に守るよ」


「……そっか」


 シグレは、嬉しそうに微笑んで、


「あたしも、あの神様のこと、大好きかも」


「ニーと同じだね」


「そうやね」


 お喋りしていると、ニーに教えてもらった店についた。


 かなり立派な酒場で、安っぽさはなく、どこか、気品さを感じさせた。


 扉を開けて、中に入ると、










「誰が食い逃げだ、このクソがぁ! てめぇ、言うにことかいて、この俺様を、軽犯罪者扱いしやがったな! 愉快にもほどがあんぞ! 悪意、確定!! 死んでろ、聖殺、ランク5!! ――……なんで、出ねぇんだよ、くそがぁああ! この俺を、あろうことか、食い逃げ扱いしやがったんだぞ! それが悪意以外のなんだってんだぁ!!」






 ものすごいDQNが喚いていた。





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く