『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

2話 第1チート『ニー』

 2話 




「……あの神様、ムチャクチャや……」


 気付いた時には、薄汚れた路地裏に立っていたシグレ。
 遠くに大きな時計塔は見えるが、現段階だと、それぐらいの情報しかない。




「まいったな……ここ、どこやろ……」


 どうしたものかと思い悩んでいると、




「ここはセファイル王国だよ、シグレ」




「え、誰?」


 キョロキョロとあたりをうかがってみるが、誰も見当たらない。


 シグレは、いつでもダッシュで逃げだせるよう、腰をおとして膝を柔らかくする。
 バリバリの警戒態勢をとって、


「えと、あのぉ……さっき声かけてきた人ぉ、どこおるん?」






「頭の上にいるよ」






「へ?」


 そこで、シグレは、頭に手を伸ばしてみた。


 プルプルしたのがそこにいた。


「うわ、なんか乗っとる」


 両手で、そのプルプルしているモノを掴み、目の前まで持っていく。


「おぉ……なんや、これ……メッチャかわいい」


「ありがとー」


 ホッペを赤くして、プルプルとふるえるスライム。
 薄い黄色で、ハンドボールより少し小さいくらいの手乗りサイズ。


 シグレは、そのスライムを左手だけで支え、頭と思しき個所を右手でなでる。


「あんた、もしかして、20ミリオンスライム?」


「そうだよ。種族名、ゴッドエンシェントスライム。登録名20ミリオンスライム。識別ナンバー00000001。これから、よろしくね、シグレ」


「見た目はかわいらしいのに、種族名は、えらい風格があるんやな」


「正式な登録名は、一応、20ミリオンスライムだけど、御主人センはニーの事をニーって呼ぶんだよ。だから、ニーも、自分の事をニーって呼ぶの」


「めっちゃ『雑に呼んどるだけ』っぽいけど、なんか、それええなぁ。語感が、かわいい。あたしもニーって呼んでええ?」


「いいよー」


「さっそくやけど、なぁ、ニー。さっき、ここが、なんとかいう名前の国って教えてくれたけど、ニーは、この世界について詳しいん?」


「御主人がデータをコピペしてくれたから、ちょっとだけ詳しいよ。具体的に言うと、知らない事はほとんどないよ」


「ものごっつ膨大な『ちょっとだけ』やなぁ。ハンパなく頼もしいパートナーやわぁ」


「色々と手助けできると思うけど、力はないから、戦闘方面では期待しないでね」


「神様も、似たような事を言うとったなぁ。盾にはなるけど、火力は低いみたいな。ちなみに、具体的には、ニーってどのくらいの強さなん?」


「ニーは弱いよ。存在値89億しかないから」


「……ものごっつい『インフレった数字』が聞こえたんやけど……え、それって弱いん?」


「弱いよ。現世だと存在値50くらいの力しか出せないからね」


「その『存在値』ってなんなん? レベルとは違うん?」


「レベルを知っているなら、それと同じだと考えてもらって全然問題ないよ」


「ふぅん……そういえば、あたしってレベルいくつ? てか、ステータスオープンは使えんのかな? 異世界モノいうたら、やっぱり、ステータスオープンやろ」


「自己鑑定の魔法は、まあまあ高位の魔法だから、今のシグレじゃ使えないよ。便利魔法が使える指輪の中にも登録されていないしね」


「ぇえ……そうなん? ステータスオープンくらい、普通に使えたらええのに、不親切な異世界モノやなぁ……」


「でも、知りたいなら、いつでも教えてあげるよ。ニーも、一応、プロパティアイが使えるから」


「ほんまに? プロパティアイっていうんはよう分からんけど、助かるわぁ」


「ちなみに、シグレのレベルは5だよ。第一アルファ人の平均より2低いね」


「第一アルファって、たしか、地球の事やんなぁ? ふぅん、地球人って平均レベル7なんや。それって、この世界の人と比べて高いん? それとも低いん?」


「クソ低いよ。この世界の平均レベルは15だから」


「地球人、弱っ。ダブルスコアつけられてるやん……あれ? 確か、神様、地球人は高性能とか言うてなかったっけ?」


「……えと……あぁ……うん、そうだね。世界のことわりについて、ニーが一からキチンと教えてあげるよ。幸い、時間はたっぷりとあることだしね」








スライム、説明中……





「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く