『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……

祝百万部

87話 存在値17兆の主人公が、神を殺す話

 87話 




 視線を戻したセンは、自分の奥底へとダイブする。


 思考を加速させ、




(時間は前にしか進まない。それはコスモゾーンの法則。絶対に歪まない秩序)


 時間の流れに差はあれど、『前に進み続ける』というルールに違いはない。


 センは、『神の世界』で『時間の運営』に関わった事もある。


 『運営』とはいっても、『手』をだした訳ではなく、
 一定期間、管理の役割を押しつけられただけ。


 その時に実感した。
 感動すらした。


 時間というシステムは、驚くほど精巧に出来ていて、Dアイデンティティよりも、さらに高い次元の『不可侵』を実現していた。






 神々ですら障れない法則。
 何モノも侵せないルール。






(……だが……その絶対的なルールにすら縛られない世界が……一つだけある……『そこ』の『何か』ならば、時間やDアイデンティティに障る事も、あるいは不可能じゃない)


 噂でしか聞いた事はない。


 『んなもんあるか』と小バカにしていた、神々の噂。


 究極超神の領域に至った者でも、『噂を聞く事』しか許されない世界。




 『全ての始まり。世界そのものが、【コスモゾーンの法則(イメージ的には、神の憲法)】よりも上位に位置するとまで言われている超次の聖域』




 そんなものが、本当に実在するのかと、誰もが疑問に思いながらも、
 しかし、その噂だけなら不自然なくらい誰でも知っている、神々の伝説。




「まさか……『ココ』は……」




 センは、ワナワナと震えながら、
 しかし、一度、首を振る。




「いや、そんな訳……だが……しかし、それ以外……」


 否定しきれない。


「ただのエックスじゃない……のか……? まさか、本当に……ぁ、ありえるのか? そんなことが……」


 材料がそろいすぎている。


「ぃや、やはり……それ以外に考えられない。というか……ああ、そうだよ。ダメなんだ。そうでなければ、ダメなんだよ……ここまできてしまえば……むしろ、それ以外の解答に辿り着いてはいけない」


 この『例外』だけは、複数あっちゃいけない。
 そこまで世界は歪んでいない。


 無数の世界を渡ってきたことで、センは、世界の精緻さを知った。
 混沌としているくせに、時折、深い調和を見せる、妙なツンデレ。


 世界は綺麗だった。






「正直、まだ信じられない……が……しかし……『ココ』は……おそらく……」






 まだ、確信はしていない。
 だが、それは、『可能性がある』というだけで狂っているエマージェンシー。
 もし、本当にそうならばと思うだけで、心が八方に跳ねる。
 それが、歓喜によるものか、単なる動揺か、今のセンには分からない。


 あまりにも、想定外すぎて、軽くパニックになっている。


 ドクンと脈打つ。
 魂が鳴動する。


 かすかに……しかし確かな畏れを抱きながら、センはソレを、口に出す。




「……原初の世界……」






















  ――  イベントスイッチ001 ON  ――


 『禁域』が解放されました。












 If (神殺しのマトリクス)universal computer {
   ――Quantum Simulator  ≒  ultimate laptop――
 Time and space []=System .territory 《運命論的仮想世界√人工的量子ダイナミクス》();
   Fancy record〔(神を殺し、その先へ)(monkey shake)〕Closed=000 () inflation []




    // 異世界転生はもう飽きた。はじまり、はじまり //







「『経験値12000倍』のチートを持つ俺が、200億年修行した結果……」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー177581

    おおおおおおおお

    1
コメントを書く